今なお続く悲劇と惨劇――〈アメリカ先住民政策〉の歴史

1492年、コロンブスによるアメリカ大陸発見。ヨーロッパ人にとっては「発見」でしたが、そこに代々住み生活していた人びとにとっては「侵略」のはじまりでした。〈インディアン〉(この記事では北米ネイティヴ・アメリカンを示すために〈インディアン〉の呼称を用います)たちは白人たちによる虐殺と疫病、戦争や強制移住におびやかされ、その余韻は今なお残っています。この大地のもとの主であるアメリカ先住民たちに、白人は一体どのような政策でもって臨んできたのでしょうか?今回は〈アメリカ先住民の歴史〉をあつかいます。


コロンブス以前のアメリカ大陸と「上陸」

コロンブス以前のアメリカ大陸と「上陸」

image by iStockphoto

「アメリカ大陸発見」以前、アメリカ先住民(インディアン)の人びとはどのような生活と文化を営んできたのでしょうか?そこでは平和で、人間だけでなく自然も尊び、「すべてはみんなのもの」というある種の楽園境が広がっていました。
トウモロコシ、カボチャなど今私たちに馴染み深い食べ物も、はじめはインディアンたちが耕作していたもの。
白人たちは「黄金」を求めてこの大陸へ上陸しましたが、そこで見つけたものとは。
そしてコロンブスはどのような言葉を残しているのでしょう。

大地は、誰のものでもない

インディアンたちは、トウモロコシやカボチャを栽培して食していました。
ディズニーのアニメ『ポカホンタス』で、黄金を求めてやってきた白人の航海士にインディアンの娘・ポカホンタスがトウモロコシを「金よ」と差し出すシーンは印象的ですね。
またタバコは聖なるもので、どんな儀式のときもタバコの煙で清めを行っていました。

今私たちに馴染みあるタバコ、トウガラシ、いんげん豆などはインディアンたちがもとは栽培していたものです。
さらに狩猟や採集で生活を営んでいました。

インディアンたちは「大地は誰のものでもない」と思っていました。
所有するという概念がなかった、もしくは薄かったといいます。
すべては「みんなのもの」であり、分かち合うべきものであると。
そのため、のちに白人たちと対峙したときに「土地の所有」という意味がわからずに混乱したのです。

白人たちの上陸と、認識の相違

「彼らは理想的な奴隷となるだろう」クリストファー・コロンブスはそう日記に記しています。
1492年10月、白人たちはついに「新大陸を発見」します。
はじまったのは、虐殺と弾圧の歴史でした。

コロンブスが最初の上陸でアメリカ大陸に滞在していたのは、1492年10月から翌年5月までのわずか7ヶ月。
そのあいだに繰り広げられたのは、虐殺と伝染病によるおびただしい死でした。

このとき白人たちは重大な認識のあやまちをします。
アメリカ先住民たちは、アフリカ部族社会のように「酋長」がいてその下にヒエラルキーが存在するものだ――と、白人たちは考えていました。
が、しかしインディアン社会は完璧な民主主義。
この認識の相違もその後のいさかいのもとの1つとなります。

虐殺、病気、奴隷化……悲惨な歴史のはじまり

虐殺、病気、奴隷化……悲惨な歴史のはじまり

image by iStockphoto

武器というものを知らず、平和を愛し、西洋よりもずっと先進的な民主主義のもと平穏な日々をすごしていたインディアンたち。
しかし「文明人」「キリスト教徒」のヨーロッパ人たちは、同じ人間であるインディアンたちを動物同然に虐殺し、駆り立て、奴隷化して酷使しました。
白人たちに踏みにじられるインディアンの歴史がはじまります。
しかしこれはまだほんの序章にすぎなかったのです。

虐殺、そしてヨーロッパ風土病

虐殺――それはのちに多くの非ヨーロッパ地域において繰り返された悲劇です。
しかしヨーロッパ人たちはどのような根拠をもってこんなことをしたのでしょうか?

鍵は〈キリスト教〉。
キリスト教の教え自体は隣人愛や博愛を説く穏健なものですが、歴史の中で権力者に利用され、解釈が変わってきました。
この時代には「キリスト教徒じゃないものは、異端であり、駆逐されるべきもの」という考えだったのです。

武器と同時にアメリカ先住民をおびやかしたもの、それは〈病気〉でした。
ヨーロッパの風土病(スペイン風邪=インフルエンザなど)への抗体を持たないインディアンたちは続々と倒れていきます。
先進的な武器を持った白人たちはインディアンへの虐殺を繰り返します。
結果、人口は激減し、生き残ったインディアンたちも奴隷として売り買いされるようになりました。

「インディアン戦争」の正体

〈インディアン戦争〉とは、17世紀から18世紀末まで、インディアンたちがヨーロッパ人に対して抵抗した長い戦争のこと。
その過程で大量虐殺、民族浄化が行われました。
結果的に白人たちの戦争に巻きこまれたインディアンは力を弱めていき、その後の悲劇につながるのです。

〈フレンチ・インディアン戦争〉という単語を世界史で習いませんでしたか?実際にはフランスとイギリスの植民地争いだったわけですが、なぜこんなところで「インディアン」の単語が出てくるのでしょう?

万年戦国時代のヨーロッパは、この新大陸を誰のものにするかでモメはじめます。
はじまったのは大国・イギリスとフランスのアメリカを巡ってのガチンコバトル。
その中にインディアンも巻きこまれました。
イギリス、フランスともにインディアンの諸部族と同盟を結び、彼らを戦力として使用します。
イギリス側から「インディアンとフランスが同盟を結んでいて、それに対抗して戦った」から〈フレンチ・インディアン戦争〉と呼び習わされるようになったのです。

〈インディアン絶滅政策〉と抵抗

〈インディアン絶滅政策〉と抵抗

image by iStockphoto

19世紀に入り、白人世界の横暴は極まっていきます。
インディアンのために「保留」した土地にインディアンを押しこめ、その〈インディアン居留地〉に入らないインディアンは絶滅させるという国家方針を打ち出しました。
〈インディアン絶滅政策〉です。
多くのインディアンがこの強制移住の途上で命を落としました。
しかし、ここで抵抗する英雄も登場します。
その戦いと最期とはいかなるものだったのでしょう?そして逆らうインディアンたちに、白人はどのような態度でもって臨んだのでしょうか。

Writer:

文学少女が世界文学の時代背景に興味を持ち、調べていたら大学では文学部じゃなくて歴史学部に入ることになっちゃった。生粋の文学好き美術好きの27歳です。現在はライターとして活動中。夢はロシアのサンクトペテルブルクでドストエフスキー「罪と罰」ごっこをすること。楽しくおもしろい歴史と本の世界を少しでも伝えられれば幸いです。

この記事のカテゴリ

アメリカ
北米
歴史

関連記事を見る

アメリカの記事を見る

サンフランシスコの観光で行きたい!「歴史的」観光スポット11選
地上最大級の火山の上にある『イエローストーン国立公園』の歴史を探ってみよう
アフリカ系アメリカ人選手が活躍した野球リーグ「ニグロリーグ」の歴史とは?
黒人メジャーリーガーの歴史を変えた男「ジャッキー・ロビンソン」とはどのような人物?
野球の世界最高峰・MLBが歩んできた歴史とは? 大きな出来事から現在まで
白熱のバトルが展開される「自動車レース」が歩んできた歴史とは?
【パナマの歴史】運河に翻弄されながら繁栄を遂げた熱き国の物語
ニューヨーク留学短期で、語学学習とニューヨクの街をもっと知る体験
アメリカ語学留学のお勧め都とアメリカンのライフスタイル
社会人のアメリカ留学。お勧め都市とお勧め英語上達法
【治安、犯罪、持ち物…】ニューヨーク旅行の前に知っておきたい注意事項ガイド
ニューヨークで体験しておくべきこと30選