パプスブルク家の悲しみの皇妃!「バイエルンのバラ」と称された、最後の皇妃エリザベートの物語

宮廷生活に馴染めず、旅に生きた悲劇のヒロイン“エリザベート”!絶世の美姫と称賛されるほどの美貌を持ちながらも、悲しみの皇妃とされる彼女の人生は、宝塚やミュージカルなどの題材にもなっています。今回は、美神伝説に彩られたエリザベート皇妃の歴史に少しだけ触れてみたいと思います。

エリザベートとは?


孤高の皇帝又は事実上のラスト・エンペラーと称される、従妹のフランツ・ヨーゼフ1世に見初められ、650年の歴史を誇る名門のハプスブルク家に、15歳という若さで突然嫁ぐことになったエリザベスこと「シシィ」。
オーストリアの皇帝に嫁ぎながら、ほとんどオーストリアに留まることはなく、現実から逃げるようにハンガリーやギリシャ、フランスやイギリスなどを巡り、旅に生きた生涯でした。

彼女の結婚生活は決して幸せなものではなかったようです。
結婚後2週間で「目覚めれば、そこは暗い牢の中」と、詩に自分の心情を綴っています。
特に目が美しく「絶世の美女」と称賛され、気品と優雅さを兼ね備えていたようです。

自由奔放に育てられた少女時代


生まれた時に既に「幸運の歯」と伝わる1本の歯が生えていたというエリザベートは、ドイツミュンヘンのマクシミリアン公爵夫婦の3男5女の、3番目の子として、1837年12月24日のクリスマスイブに誕生しました。
彼女が生まれた時、この子はきっと幸福な人生を送れると喜び合ったとか。

バイエルン地方の由緒正しいヴィッテルスバッハ家の中でも、父マクシミリアン公爵はお高く留まらず陽気でさばけた人物として人々から尊敬されていました。
自由人だった父に可愛がられたシシィは、狩りや乗馬、水泳やボートに興じながらのびのびと育てられています。
笑顔が可愛らしい幼少時代のシシィは、無邪気で活発な女の子でした。

皇帝に見初められたお転婆シシィ!


このように自由奔放なシシィの将来を心配した母ルドビィカは、礼儀や作法を身に付けさせようと考え始めていました。
実は、ルルドビィカはバイエルン王家の出身で、姉妹は王室に嫁いだのに自分だけが公爵家にしか嫁げなかったことに、コンプレックスを抱いていたのです。
娘たちには“輝かしい結婚を”と願っていた母は、シシィの3歳年上の姉ヘレーネとオーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世との縁談に必死になっていました。

1853年8月15日にザルツブルク郊外の高級リゾート地で、2人のお見合いが行われました。
その時、シシィにも花嫁修業の始めに、社交や儀礼を学んでほしいと同行させました。
しかし皇帝がお気に召したのは、長女としての落ち着きある姉のヘレーネではなく、子供っぽさが残る天使のように屈託のないシシィだったのです。
シシィにとっては、リヒャルト伯爵との恋仲を引き裂かれたばかりの傷心旅行でもありました。

幸せの絶頂期


実は、5年前に革命でウィーンからインスブルックに避難した、母ルドビィカの姉ゾフィー一家を見舞った時、皇帝とシシィは出会っています。
当時の皇帝は自身のことに必死でシシィには目がいかず、弟のカール・ルートヴィヒが、シシィに恋心を抱きました。
幼い2人の遠距離恋愛は自然消滅しています。

23歳の若き皇帝の恋心は誰にも止められません。
その夜の舞踏会で、ピンクのドレスを着たシシィに、ダンスを申し込み、花束を捧げ、求婚の意志まで伝えました。
母ゾフィーの意向に背くことのなかったフランツ・ヨーゼフ1世は、「彼女と結婚できなければ一生独身を通します」と生まれて初めて自分の意志を貫きました。
母ゾフィーも、我が妹ルドビィカの娘で、姉と妹が変わっただけのことと問題視しませんでした。
フランツ・ヨーゼフ1世が、母の意に背いたのは、後にも先にもこの時だけだったとか。

妃教育にヒステリックになるシシィ


シシィも皇帝との結婚に胸をときめかし、求婚の際には感涙しました。
でも、この事態に周囲はてんてこ舞い。
姉の婚礼道具は調えていましたが、シシィの準備は全くしていません。

しかも、花嫁修業がこれからという、シシィの妃教育は大変。
だって、オーストリア帝国のファーストレディに仕上げなければならなかったのです。
妃教育が間に合わないと結婚を伸ばしたくても、皇帝の方は一日も早い結婚を望んでおり叶いませんでした。

息の詰まる宮廷生活

息の詰まる宮廷生活

image by iStockphoto / 75194711

1854年4月23日に、アウグスティーナ教会で2人の結婚式が行われました。
荘厳な教会には1万5000ものローソクが灯り、若い皇帝と清純なシシィの姿は、誰もが息を飲みました。
この頃のオーストリアは貧困や失業者が増えており、保守的な政治の好転を望む人々の期待があったようです。

結婚式後も、祝典や晩餐会、舞踏会と、スケジュールがいっぱいで神経をすり減らす日々が続きました。
自由奔放に育ったシシィには、宮廷の決まり事やしきたりについていくことができず、プライベートがない宮廷生活に涙にする日々だったようです。
一番我慢できなかったのは、宮廷にお風呂がなかったこと。
ただ体をふくだけの毎日には耐えられませんでした。

しかも、新婚旅行の後に待ち構えていたのは、味方のいない宮廷での叔母で姑のゾフィーとの確執でした。
姑のゾフィーは、名家ハプスブルク家のしきたりや伝統を教え込もうとしましたが、16歳のシシィにはまだその姑の優しさに気づくことは難しかったのです。

ピーターラビット

Writer:

世界遺産ブームをきっかけに歴史に目覚めてから、国や城、庭園などの成り立ちに魅了された主婦です。何だろう?と思ったことを調べて、皆さんにお伝えすることで気持ちを共有できたら幸せだな~と感じながら仕事をしています。ちょっとマニアックな歴史記事ですが、軽い気持ちで触れてみてくださいね!

この記事のカテゴリ

オーストリア
ヨーロッパ
歴史

関連記事を見る

オーストリアの記事を見る

ウィーン観光ならここ!ウィーン近郊にある自然と歴史が溶け合った観光スポット
【イタリア観光】古代も中世もルネサンスも見れるイタリアへ
西洋音楽史上で最も偉大な音楽家「ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト」の生涯・エピソード
初めてのウィーンを旅行するなら必見!ハプスブルク家の足跡を巡るスポット7選
しきたりも人も大嫌い!だけど絶世の美女・皇妃エリザベート
オーストリア「インスブルック」観光で是非とも見たい歴史的スポットあれこれ
ウィーンの観光で是非とも見たい歴史スポットあれこれ
「国母」として16人の子どもを生んだマリア・テレジアの歩んだ歴史
全世界に戦火が飛んだ第二次世界大戦の歴史
オーストリア観光なら次はここ!「クラーゲンフルト」で見たい絶景10選
イギリス・フランス・ロシア間の友好協力体制が出来上がった結果起こったのは、第一次世界大戦だった
ヨーロッパ旅行に行きたい!女子旅におすすめの美しい都市30選