神様のパワーにあやかりたい!歴史と神秘に包まれた世界の聖地10選

人生において、誰でも一度は神頼みをしたことは、ありますよね。聖地の成り立ちって、人々の些細な祈りから始まったものだと思いませんか?今回は、一生に一度は行ってみたい聖地を、独断と偏見で選んでみました。素敵だな~!行ってみたい~を、共感できれば幸いです。少しだけお付き合いくださいね。

#1 3つの宗教が共存する!エルサレム【イスラエル】

3つの宗教が共存する!エルサレム【イスラエル】

image by iStockphoto

岩のドームが印象的な、聖地の代表格といえるエルサレム。
ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の3つ宗教が共存する、3つの信徒の誰にとっても大切な地です。
ユダヤ人は「嘆きの壁」、キリスト教徒は「聖墳墓教会」、イスラム教徒は「岩のドーム」が、シンボルとなっています。

image by iStockphoto

観光の中心は、城壁に囲まれた旧市街地です。
破壊と再生を繰り返した城壁は、現在16世紀にオスマン帝国の時代に建てられたもの。
イエスの足跡が点在するオリーブ山からの景色は絶景で、特に町が茜色に染まる頃は必見です。
ダビデのお墓があるシオンの丘周辺には、イエス関連の観光スポットも豊富に揃ってます。
ダビデの塔で歴史を学ぶと共に、夜のプロジェクションマッピングのショーも開催されています。

#2 国全体が聖地で世界遺産のバチカン市国【バチカン】

国全体が聖地で世界遺産のバチカン市国【バチカン】

image by iStockphoto

バチカン市国は、イタリアローマに囲まれた世界で最も小さな国として有名です。
ローマ教皇庁によって統治されるカトリックの総本山となっており、カトリック教徒10億人の聖地とされています。
キリスト教以前から聖なる地として崇められ、キリストの死後ローマで宣教を行った使途ペテロの遺志は、ローマ教皇に引き継がれました。

ローマ帝国の国教となるまでキリスト教が、迫害を受けても布教し続けたペテロの墓は、ヴァティカヌスの丘に教会を建て安置されました。
ここは現在、バチカン市国人気No.1の観光地で、世界最大規模を誇る「サン・ピエトロ大聖堂」となっています。
サン・ピエトロ大聖堂はもちろん、バチカン宮殿、バチカン美術館、システィーナ礼拝堂が主な見どころです。

#3 小島に聳える修道院!モンサンミッシェル【フランス】

小島に聳える修道院!モンサンミッシェル【フランス】

image by iStockphoto / 67516173

世界各国から聖地に魅せられた人々の毎年250万人が訪れる、フランスでも人気の高い観光スポットです。
8世紀に大天使ミカエルのお告げにより建てられました。
島と一体化した修道院で、百年戦争の時にイギリス軍から修道院を守るために城壁が作られ、現在は遊歩道として利用されています。
塔の上にはミカエルの金の像が、光り輝いています。

満潮時には急激に水かさが増し島全体が水に囲まれ、かつて巡礼者たちの多くが命を落としたり、百年戦争やフランス革命などで破壊と奪略を繰り返したり、その後は牢獄として使われたりと悲しい歴史も持っています。
島内にはホテルもあり、時間によって刻々と変化するモンサンミッシェルの情景を体感することができます。
1泊して幻想的な島を満喫するのも醍醐味です。

#4 火山の神ペレが棲む火山の島!ハワイ島【アメリカ・ハワイ州】

火山の神ペレが棲む火山の島!ハワイ島【アメリカ・ハワイ州】

image by iStockphoto

ハワイ州で最も大きなハワイ島には、ダイナミックな自然と文化と共に、女神ペレの伝説が残されています。
5つの火山が爆発した時に流れ出した玄武岩質マグマで作られたハワイ島は、真っ青な海に真っ黒な溶岩が広がっています。
キラウエア火山のハレマウマウ火口には、女神ペレが棲んでいるといわれており、祈禱師が肉や花、果物や古酒を投げ入れる儀式が、今も尚、続いています。

image by iStockphoto

豊かな水と断崖絶壁のワイピオ渓谷は、「古代ハワイアンの楽園」と呼ばれる渓谷で、ハワイ文明発祥の地です。
カメハメハ大王が幼少期を過ごした地であることから、神聖な土地とされています。
また、黄泉への入り口に繋がっており、神聖なマナが宿っているとハワイアンたちは信じています。
他にも、ハワイ島には様々な伝説や史実が残っており、古代ハワイアンの信仰心を伝える場所が点在しています。

#5 人が絶え間なく訪れる巡礼路の終点!サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂【スペイン】

人が絶え間なく訪れる巡礼路の終点!サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂【スペイン】

image by iStockphoto

星の導きにより9世紀に確立された「聖ヤコブの道」を始め、主なもので11の巡礼道が有名なサンティアゴ・デ・コンポステーラ。
その巡礼路の最終地となっているのが、ガリシア地方にあるサンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂です。
ロマネスク建築の最高峰のひとつとされる大聖堂で、バロックとゴシックの装飾が施されており、豪華絢爛な大聖堂が巡礼者たちを迎え入れています。

関連記事を見る

アジアの記事を見る

【プーケット観光で行きたい!】タイの楽園リゾートで見られる歴史的スポット10選
インド旅行で行きたい、定番&歴史的観光スポット13選
「黄巾の乱」をざっくり把握!三国志のきっかけとなる話です
【三国志】今さら聞けない「赤壁の戦い」をざっくり把握
一生に一度は行ってみたい!昔に栄えた古の街並みがそのまま残る「旧市街」16選
【韓国釜山2泊3日の旅】本当は教えたくない!?韓国リピーターがおすすめする定番から穴場、最新スポットまで
【バリ島観光】「癒やしの楽園」バリ島の悠久の歴史がわかる観光スポット15選
美術館からオリンピックの跡まで。韓国・ソウル観光で見られる近代建築・歴史スポット
【諸葛亮孔明】赤壁の戦い、天下三分の計、数々の発明…天才軍師の歴史ざっくり復習
静岡の温泉地やおすすめの温泉旅館はここ!これで決まる完璧ガイド
中国の世界遺産を全部解説!52件の世界遺産、あなたはどれが好み?
猛攻、謀略、虐殺、そして敗退へ「日中戦争」とは?