フランス旅行でいきたい!フランスで絶対見ておくべき歴史的スポットは?

旧石器時代から人の暮らしがあり、フェニキア人の移住、ローマ帝国の支配、ゲルマン民族の大移動、フランク王国、百年戦争、ブルボン王朝、共和制の開始、ナポレオン皇帝、再び共和制へと、ざっと挙げただけでも様々な政治的変動の中で揺れ動いてきた国、フランス。当然、歴史的スポットも国中に数多く、あまりにもあり過ぎて困る!という旅行者も多いはず。フランスの歴史的スポットを見るなら、年代別に分けて絞るのがオススメ。好きな時代に絞って巡るのもよし、全時代制覇するもよし。さあ、ご一緒にフランス歴史的スポットめぐりの旅へ出かけましょう!






(1)フランスの先史~古代時代の遺跡を訪ねる

2000年前の水道橋が美しすぎる!「ポン・デュ・ガール」

2000年前の水道橋が美しすぎる!「ポン・デュ・ガール」

image by iStockphoto

重機もコンピュータも無い時代にどうやって造ったのか?古代の人々の英知と技術に感服させられること間違いなしなのが、フランス南部の川ガルドン川に架かる水道橋「ポン・デュ・ガール」です。
全長275m、高さ49m。
石を積み上げたアーチ橋で、均等に築かれた3段の美しいアーチは近代建築のそれと見まがうほどの精巧さ。
静かな山間に突如として現れるこの巨大建造物は世界遺産にも指定されています。

この水道橋は、古代ローマ時代、紀元前19年頃にローマ人によって築かれたもの。
水源地ユゼスから、50㎞も離れたニーム(当時はネマウススと呼ばれていたローマ帝国の主要都市)まで水を引く水路を川の対岸まで渡すためのもので、以後600年ほど、実際に使われていました。
水路全体の長さは約50㎞、橋の両端の高低差は17mほどですが、流水量は1日2万立方メートル(2,000リットル)だったとか。
わずかな勾配にも関わらず水がスムーズに流れるよう設計されています。

水道橋は間近で見学することができ、歩いて対岸に渡ることも可能。
夜にはライトアップされ、アーチが一層美しく映えます。

誰が何のために並べた?「カルナック列石群」

誰が何のために並べた?「カルナック列石群」

image by iStockphoto

先史時代の遺構や古代遺跡がお好きな人なら、巨石にも興味があるのではないでしょうか。

細長い巨石を地面に立てたものを「メンヒル」といいます。
フランス西部ブルターニュ地方カルナックには、巨大なメンヒルがおよそ4㎞にわたって連なっているという奇妙な遺構があります。
穏やかな緑の大地に、大小3000個もの白っぽい花崗岩が転々と、数メートル~数十メートルおきに並んでいるのです。
紀元前6500年から紀元前2000年頃に造られたと考えられていますが、誰が、何の目的で、どのような方法で並べたのか不明な点が多く、巨人や精霊説などオカルト的な発想から、墓や儀式の一環で立てられた可能性など諸説あり、起源や目的についてはよくわかっていません。

列石群はメネク、ケルマリオ、ケルレスカンの3群に分かれていて、それぞれメンヒルが東西方向に列を作っており、どれも長さは1㎞近く、石の高さは1m程度のものから6mもの巨大なものまで、サイズも形も様々。
長い歴史の中で、倒されたり壊されたりしてしまった石もかなりあるようで、かつては20m近い巨石も立っていたとか。
何の目的もなくこんなに石を並べるわけもないので、何かしら大きな理由があるはず。
それが何なのか、明らかになる日は来るのでしょうか。

メンヒルというとイギリスのストーンヘンジが有名ですが、実はフランスにもたくさん、巨石遺跡が残されているんです。
広い大地にただただひたすら石が並ぶだけの光景ですが、太古のロマンを感じる場所。
いったい何のために?そんなことを考えながらのんびり散策するのも一興です。

鮮やかな壁画にため息「ラスコー洞窟の壁画」

鮮やかな壁画にため息「ラスコー洞窟の壁画」

image by iStockphoto / 70415493

フランスで先史時代の歴史遺構を見るなら、やはりここは外せないでしょう。
世界遺産「ヴェゼール渓谷の先史的景観と装飾洞窟群」に含まれる遺構として有名な「ラスコー洞窟の壁画」。
社会科の教科書で習った、と記憶している人も多いことでしょう。

1940年、フランスの西南部ドルドーニュ県にある洞窟の中で発見された、迫力ある美しい壁画。
20000年~15000年前の旧石器時代後期のクロマニョン人が描いたとされる、数百点にも及ぶ馬やヤギなどの野生動物の生き生きとした姿は、考古学的な価値はもちろんのこと、芸術的観点からも大変価値があるとされています。

発見後、一般に公開され洞窟内を見学することもできていたのですが、劣化が心配されるようになり、残念ながら洞窟は閉鎖中。
人が吐く二酸化炭素が劣化を招くという、大変デリケートな洞窟の壁画。
現在では、一部の研究者らを除いて非公開となっていて、見学することはできないのです。

代わりに、近くの洞窟にレプリカとして「ラスコー2」が作られ、寸分たがわず見事に再現された壁画を鑑賞できます。
壁画については本物を鑑賞することはできませんが、詳しいガイドを受けながら洞窟の様子を知ることは可能。
洞窟はかなりの規模で、先史時代の遺構に興味がない人でも十分、満足することができるはずです。







(2)中世フランスの雰囲気漂う建造物を訪ねる

巨大な塔と美しい庭園が魅力「アンジェ城」

巨大な塔と美しい庭園が魅力「アンジェ城」

image by iStockphoto / 21944831

フランス全土には数多くの美しい城があり、古城めぐりも人気のツアー。
その中でも最も古い城といったら?現存する城の中で最も古いといわれている城のひとつが、フランス西部のロワール渓谷にあるアンジェ城。
フランスの城の代表・ベルサイユ宮殿のような華やかさはなく、防衛を目的として造られた重厚な城です。

ところで、フランスの城はいつごろから作られるようになったのでしょうか?

476年、西ローマ帝国(ローマ帝国の西半分を領有した国家)がゲルマン人によって滅ぼされると、古代ローマの建築様式からの脱却も始まります。
農業技術が向上し人口が増えはじめ、富を持つ者=支配者・権力者たちが、領地を守るための強固な建造物に住むようになったのが、城の原型なのだそうです。

アンジェ城はもともと古代ローマ人が住んでいた防衛のための城塞であったと考えられていて、それが9世紀頃、アンジュー伯爵の居城となりました。
その後13世紀初頭この場所に、フランス国王ルイ9世(1214年~1270年)によって巨大な城が建設され、それが現在のアンジェ城の姿となっています。

外周600m、城壁内の面積が25,000平方メートル、17の巨大な塔で守られた巨大な城。
城の中には多くの貴重な所蔵品が展示されていて、鑑賞するガイドツアーが用意されています。
100mを超える長大な「黙示録のタペストリー」と、城のまわりの庭園の美しさは圧巻です。

『眠れる森の美女』の城「ユッセ城」

『眠れる森の美女』の城「ユッセ城」

image by iStockphoto

「フランスに数あるお城の中で、最も美しい城は?」

そんな質問に、すぐ答えられる人はそうそういないでしょう。
どの城も比較できないほど美しいです。
でも強いてひとつ挙げるなら?

シュノンソー城やシャンボール城、アンボワーズ城など、特にロワール渓谷沿いには有名な城が多いのですが、今回は「ユッセ城」をご紹介したいと思います。

この城は『眠れる森の美女』の舞台としても有名。
向かい側には川が流れ、背後は深い森。
他の城のように遠くから見ても目立つような造りではなく、近づかなければ全容がわからない、まさに”森の中に佇む城”。
おとぎ話に出てくる愛らしい城そのままの姿が、多くの観光客を呼び寄せています。

城はもともと11世紀に築かれた城塞を基礎にしていますが、大部分が15世紀に入ってから造られたもの。
敷地の中に入ると季節の花が色鮮やかに咲き乱れ、城の美しさがより一層際立ちます。
内部には家具や調度品などが飾られていて優雅です。

城の敷地内ある塔は、眠れる森の美女が100年間眠っていたとされる場所。
物語の中の名シーンが人形たちによって再現されていています。
塔からの眺めもよく、緑豊かな庭園の様子を上から眺めることができます。

それほど大きな城ではありませんが、気品と美しさに溢れた城。
観光地としては、まだそれほど知られていないのか、それほど混雑することもないので、ゆったりとおとぎ話の世界に浸ることができそうです。

次のページでは『数々の映画のロケ地にもなった「ピエールフォン城」』を掲載!
次のページを読む >>

Writer:

歴史と歴史小説と遺跡を愛してやまない東京都在住の主婦。子供のころからの大の時代劇ファン。国内外問わず歴史小説を読むようになり、NHK人形劇「三国志」を見て中国史にはまって大学では東洋史学を専攻。愛猫とじゃれながら歴史小説を読み漁る毎日を送っている。趣味は古地図を眺めることとカメラ片手の街散策。

この記事のカテゴリ

フランス
ヨーロッパ
歴史

関連記事を見る

フランスの記事を見る

そうだったんだ、フランス!ちょっと意外なフランスの歴史エピソードをめぐるスポット
フランス観光で行きたい!マニアックな歴史的観光地区10選
【フランス世界遺産一覧】絶景も歴史もすべてここに!フランスの世界遺産を全部解説
パリ観光で行きたい!歴史的観光名所をぐるりと一巡り
18時間以上続く「世界一長いピアノ音楽」を生んだエリック・サティとは?
【イタリア観光】古代も中世もルネサンスも見れるイタリアへ
神様のパワーにあやかりたい!歴史と神秘に包まれた世界の聖地10選
【フランスの世界遺産】42個の世界遺産を全部一挙ご紹介!(2017年時点)
【映画「レ・ミゼラブル」の時代背景】ジャンバルジャンはなぜパンを盗んだ?実はフランス革命の後の出来事って本当?
【元住民が解説】エッフェル塔の観光完璧ガイド
【時代背景】ディズニー/劇団四季「ノートルダムの鐘」を観る前に知っておきたいパリの歴史
意外!低コストなフランス留学でグローバル人材になろう