【大洲城観光の前に知りたい】肱川の名前の由来は悲しい話?「大洲城」の歴史

皆さんは大洲城と聞くとどこの都道府県にある城かお分かりになりますか?愛媛県にある城だと知っている人は少ないかもしれませんね。でもこの城、なかなか面白いのです。
この記事では、大洲城の天守はどのように復元された?大洲城にはどんな建物が残っている?肱川(ひじかわ)の名前の由来となる悲しい話とは?歴代の大洲城の城主は何をした?
などのテーマに迫っていきます。


大洲城にはどんな建物がある?

大洲城はどこにある?

大洲城は愛媛県の南西部にあり、愛媛県の県庁所在地の松山からは特急宇和海で35分、松山までは新幹線の止まる岡山から特急しおかぜ、もしくは高速バスでしまなみ海道を渡った新尾道駅や福山駅から来ることもできます。

私は地元岡山から松山まで特急しおかぜ、大洲まで(内子経由)特急宇和海で行ったのですが、この宇和海はディーゼル特急で単線で山際を駆け抜ける疾走感というか、そういう所が好きですね。

そして、伊予大洲駅から大洲城へは徒歩で20分、もしくは車・タクシーで5分。
少し距離があるのですが、私は肱川(ひじかわ)を見て歩くのが楽しかったです。
タクシーの方は帰りはタクシーがつかまりにくいので、ご注意を。

そして、平成14年(2002年)には天守の復元工事が起工され、平成16年(2004年)9月には古式の技法によって再築された木造天守が竣工。

大洲城は明治21年(1888年)、惜しくも天守が取り壊されてしまいましたが、4棟の櫓は解体をまぬがれ、いずれも国の重要文化財に指定されています。

大洲城の天守復元は完璧?

大洲城の天守復元は完璧?

写真/筆者

4層4階の天守は明治期の取り壊し以前の天守の姿を撮影した古写真や、また城主の末裔加藤家に多くの図があり、さらに藩の作事方棟梁の中野家には天守の木組みが残る「天守雛形(ひながた)」と呼ばれる江戸期の木組模型などの資料を元に、その上で発掘調査を実施し、天守の土台、雨落(あまおち、軒(のき)の出方がわかる)、柱位置などを確認して平成16年に木造で復元したもの。

したがって、この天守復元は「完璧に近い」ということができます。

使用した木材は全て国産材で、城郭建築特有の迫力ある木組みが見られます。
特に1、2階は他の城にない吹き抜けの構築が施されています。

国産の木材だからでしょうか、私が行った時は温かみを感じました。
基本的に城は古い方が面白いのですが、新しい木で作られた城も「城を新しく作ったらこんな感じだろうか?」と思えて面白かったです。

とにかく、私としては松山から南の、山ばかりの田舎(地元の方、すいません)に入ったつもりだったので、こんな大きな城があることに驚きました。
現存天守で伊達の城で有名な、宇和島城より大きかったですからね。

高欄櫓・台所櫓・苧綿櫓とは?

高欄櫓・台所櫓・苧綿櫓とは?

写真/筆者

また、高欄櫓と台所櫓を多聞櫓で結んだ復元連結天守で、現存する高欄櫓と台所櫓は小天守にあたります。

松本城・広島城と同じく小天守2基を多聞櫓でカギの手状に結んでいるわけですが、高欄櫓は廻縁(めぐりえん)を伴い唐破風(からはふ)が飾られる本格的な天守づくり。

台所櫓は、籠城時に本丸と天守に立て籠もる城主とその一族、将兵たちの兵糧を賄う、その名の通り調理場となる建物です。

城は清流として知られる肱川(ひじかわ)のほとりにあり、肱川を臨む石垣上の均整のとれた二重櫓が川面に映えています。

下見板張りの白亜眩いこの櫓は苧綿櫓といい、櫓の背後にある緑濃い丘は大洲城本丸がある地蔵岳。

また大洲といえば、少し年配の方には、NHK朝の連続ドラマ「おはなはん」の舞台となった所として知られ、城の近くには「おはなはん通り」などがあります。
私も通ってみたのですが、石畳が風情があって良い雰囲気でした。
また大洲城からおはなはん通りを通って肱川に東のほとりまで行った所にある、臥竜山荘(がりょうさんそう)にもぜひ行ってみてください。
苔の多い緑の庭園と、肱川の崖から張り出した建物がとても素敵です。

大洲城には他にどんな建物がある?

また、市役所の西側に二の丸大手口の石垣が残っていて、また虎口(こぐち)跡を入ると巨大な純白の切妻(きりづま)の建物が現れ、これは全国的に見ても珍しい御殿付属の台所建築で、下台所と呼ばれています。

この下台所から坂を登れば、地蔵岳の本丸。
本丸には高欄櫓の下方から、上方が櫓門を兼ねた多聞櫓がおおう、暗門(くらがりもん)と呼ばれるトンネル状の門をくぐります。
姫路城ニの門のような佇まいですが、残念ながらこの暗門周辺は大きく改変されて旧状をしぶことができません。

本丸はこの暗門の多聞櫓と台所櫓を結ぶラインで東西に二分され、東側が本丸御殿、西側が天守櫓でした。
天守へは本丸御殿に一旦入ってからUターンして入ることが古地図から確認できるそうです。

なお、天守の二層目に開かれる窓に注目してみてください。
角格子窓が連なる天守ですが、二層目のみが華灯窓(かとうまど)で統一され、また置唐破風(おきとうはふ)が三層目屋根の4面にあるのも大変珍しいそうです。

大洲城の歴代城主は?

肱川の名前の由来となる悲しい話

肱川の名前の由来となる悲しい話

写真/筆者

次は大洲城の歴史を見ていきましょう。

南北朝時代の元弘元年(1331年)、宇都宮豊房(とよふさ)が地蔵ヶ岳に城を築いたのが大洲城のはじまり。

豊房は鎌倉幕府の北条氏から元徳2年(1330年)に伊予国の守護職に任ぜられ、翌年大洲に入り、地蔵ヶ岳城を築城して初代城主となり、伊予国の本城としました。
正直に言うと、大洲は他の地方からの出入りの便はよくないと思うのですが、ここを伊予の本城としたのは何か理由があったのでしょうか?

さらに、興味深い話があるのですが、豊房が地蔵ヶ岳城を築城した際、城の下手の高石垣が何度積み直しても崩れました。

不思議に思った人々は「これはたたりに違いない」と思い、人柱を立てることに。
人柱を立てるほどだということは、石垣が崩れて死人が出るほどだったのでしょうか?

しかし、自分から人柱になりたいと言う者はもちろんおらず、くじ引きで決めることになり、運悪くそのくじを引いてしまったのは「おひじ」という若い娘。

家族の悲しみは深く、哀れに思った豊房は「何か言い残すことはないか?」と聞き、

「特に望みはないが、せめてこの城下を流れる川に私の名を付けて欲しい」と娘は言ったそうです。

そして、出来上がった高石垣は崩れることはなく、城も立派に建ち、その後おひじの遺言通り、城下に流れる川に「肱川(ひじかわ)」と名付け、おひじの魂をなぐさめました。
またおひじの住んでいた所は比地町(ひじまち)と呼ばれるようになったそうです。

面白い話ではありますが、やはり悲しくもありますね。

Writer:

子供の頃から坂本龍馬に憧れ、歴史小説を読み込んでいて司馬遼太郎が特に好きで、城を巡って旅行をするのも好きでいろいろと回っています。地元岡山の歴史についても本を読んで調べていて、過去の時代の岡山がそんな風景だったか想像するのが好きです。バンド「レキシ」も好き。
よろしければブログも読んでみてください。http://tatsuyakawakami.hatenablog.com

この記事のカテゴリ

四国
国内
愛媛県
歴史

関連記事を見る

四国の記事を見る

香川観光で見られる歴史的スポット13選 日本一小さいけれど魅力が満載!
【臥竜山荘の歴史】崖からせり出した不老庵と、苔むした緑豊かな庭園が見どころ
人生で最も印象的だった「中山虫送り」。小豆島・中山千枚田の年中行事は一見の価値あり
小豆島に来たら絶対行きたい! 2大スポット「オリーブ公園」「エンジェルロード」
山奥に咲く芝桜が絶景! 隠れた名所「高開の石積み」へ
「来島海峡大橋」を渡って 橋と瀬戸内の多島美が魅せる絶景の旅
一度は降りてみたい絶景の無人駅「下灘駅」で 美しさとおもてなしに触れるデトックス旅
自然と人の営みが育んだ愛媛県宇和島地区のシンボル 「遊子水荷浦の段畑」で味わう豊かな旅
3000年の歴史のある湯の街・道後温泉とお城めぐり
【高知県】家族連れにも楽しい「のいち動物公園」を楽しもう【18歳未満・高校生以下は入園料無料】
【高知県】世界に2つしかない、モネの庭。北川村の「モネの庭」で、芸術鑑賞と庭園探索を楽しもう!
徳島県に観光に行ったら見たい・食べたい10のこと【阿波踊りだけとは言わせない】