悲しみの淵で描かれた枕草子の物語

清少納言が自身の体験に基づいて描かれた宮中での出来事をノンフィクションで綴った作品が枕草子です。不思議な世界観と流れるような美しい言葉で綴られた枕草子という物語は、実は悲しみの淵に立たされた清少納言が、昔を懐かしみ執筆した物語だったのです。
1200年前にさかのぼり、清少納言が枕草子に残した出来事とともに秘められた清少納言の悲しみを探ってみましょう。


ビッグな父を持った清少納言 枕草子・四十二段

ビッグな父を持った清少納言    枕草子・四十二段

image by PIXTA / 26843031

清少納言は平安時代の中流貴族の家系に生まれました。
とても賢く和歌を愛し、女性でありながら漢詩文を読むことができたパーフェクトな能力の持ち主です。
清少納言の父は、あの三十六歌仙に選ばれた清原元輔(きよはら もとすけ)。
曽祖父は清原深養父(きよはら ふかやぶ)という文学界で名を馳せた超一流の人物たちです。

三十六歌仙とは日本の中で三十六人しか選ばれない和歌の天才!当時のスーパースター。
父も曽祖父も小倉百人一首を始め、様々な和歌の本に詠まれた歌が選ばれています。
さらに当時、天皇に命ぜられ編纂された和歌の歌集では編纂にも携わった歌人。

ところが清少納言はそんな偉大すぎる父の存在が重荷だったようです。
清少納言が和歌を披露する時には決まって父の元輔の名前が取り上げられました。

清少納言が和歌を詠むのが下手だと言われたのは、いつも父と比較され続けたからです。

宮中で歌を詠むよう言われた時も、「父の名を汚したくない」と断固として詠まなかったというエピソードもあります。

偉大な父の名の元では自由に和歌を詠むことすら出来なかったのです。

貴族としての清少納言の価値観

枕草子には宮中で起こった出来事が綴られているため、登場人物は天皇、殿上人、中級貴族です。
その貴族の暮らしや価値観には驚かされるものがあります。
たとえば、誰しも平等に見ることが出来る月や雪さえも平安貴族は貴族だけの特別なものと考えていました。

「身分が低いものの家に雪が降り積もったり、月の光が明るく差し込んでいるなんて、分不相応で似合わない。
幻想的な月の光が下々の家に差し込むなんてせっかくの月の光がもったいない。」

このように綴った清少納言も中級貴族です。
平安貴族にとって月や雪は歌の情緒を豊かにしてくれる存在。
それゆえ高貴なものの象徴だったということがわかります。

清少納言の特別な男性 枕草子 第四十六段・百三十一段

清少納言の特別な男性    枕草子 第四十六段・百三十一段

image by PIXTA / 30952791

枕草子・第四十六段に、藤原行成(ふじわらゆきなり)という人物が登場します。
藤原行成は一条天皇時代の才芸に秀でた、書道の名手で三蹟(さんせき)の一人にも選ばれた人物です。

官職は権大納言(ごんだいなごん)。
大納言とは「言を納める」という意味で国政において発言することが許された官職。
輝かしい経歴の持ち主で、さぞ女性にモテモテだったのではないかと思われますが、意外にも人付き合いが下手であまり女性には人気がなかったようです。

ところが清少納言は行成をとても高く評価しており、男女間の友情が芽生えるほど仲が良かったといいます。
清少納言は行成よりも七歳ほど年下だったせいか、行成との関係を「友情」と語っていますが、贈り合った二人の和歌を詠むと、友情を超えた感情がお互いに芽生えていたようにも感じられます。

清少納言は行成からもらった和歌の返事として、百人一首にもある「逢坂の関(おおさかのせき)」の歌を贈っているのですが、逢坂とは男女の逢瀬の時によく使われた言葉です。
一見、行成を拒んでいるような和歌なのですが、実際には行成のことを非常に気に入っていました。
それが無意識のうちに清少納言に、「逢坂の関」という意味深な歌を詠ませることになったのかもしれません。

清少納言も結婚していた‼︎ 枕草子八十段

清少納言も結婚していた‼︎    枕草子八十段

image by PIXTA / 5897384

清少納言も人並みに恋をして結婚もしていました。
相手は実直な男性で、橘則光(たちばな のりみつ)と言います。
官位は従四位上(じゅしいのじょう)、当時の中級貴族です。
才能ある清少納言は宮中でもとても輝いていたと則光は語っています。

橘則光もまた、顔立ちがよく男気に溢れとても優しいタイプの男性だったようです。
子供も生まれています。
ところが幸せだったはずの結婚生活はそう長くは続かず離婚。
清少納言は筋金入りの文化人、それに対し則光は筋金入りの体育会系。
清少納言が贈る和歌の意味が夫には理解出来なかった事もたびたびあった上に、ことあるごとに清少納言から贈られてくる和歌に次第に嫌気すら感じてしまったようです。

和歌嫌いだった夫が最後に贈った切ない和歌

則光という人は、和歌なんてものは男女の別れの時にだけ詠めばいいと考えていた男性。
和歌を愛した清少納言と歌を嫌った則光は完全に趣味が合わなかったのです。
別れてしまった原因を清少納言は枕草子でなんとなく明らかにしています。

現代でも女性がメールをしてもなかなかメールの返信が来ず、次第に相手の気持ちが分からなくなり、心が離れていくというのはよくあるパターン。
恋愛の形は昔も今も変わらないということです。

当時、則光が言っていた「別れの時には和歌を詠む」という言葉どおり、清少納言に別れの和歌を贈っています。
少し未練のありそうな和歌を贈ったのですが、清少納言が返した和歌は切ないほどに潔いものでした。
それを見て則光は何を感じたのでしょう。
これ以降、則光が清少納言に和歌を贈ることはありませんでした。

美しすぎる定子との対面 枕草子・百七十九段

美しすぎる定子との対面   枕草子・百七十九段

image by PIXTA / 14261906

宮中で能力を発揮し、良い人間関係を築き、恋愛も楽しんでいた清少納言も、もちろん宮中デビューの日がありました。
とても初々しく現代に見る清少納言像とは全く違います。

清少納言が宮中に仕えるきっかけとなったのは、時の関白・藤原道隆(ふじわら みちたか)の娘・定子(ていし)の家庭教師を探していたところ、賢い清少納言に白羽の矢が立ったというわけです。

関白の娘・藤原定子は時の帝・一条天皇の妃。
はじめて後宮で清少納言は定子に会い、定子の美しさ、聡明さにこんなにも美しい女性が世の中にいたのかと一瞬で心を奪われています。

一生、顔を晒すことがなかった平安女性

清少納言はこの時、まだ他人に顔を見られることを嫌がっており、定子や道隆の前でも終始、顔を隠すような仕草をしています。
その様子を枕草子ではこのように綴っています。

「昼間よりも明るい灯明(とうみょう)の灯りに照らされ、髪の毛もはっきり見えて落ち着かない、我慢をしてその場にいるけれども涙がこぼれそうなほど恥ずかしく、早く部屋に戻りたいほどだ」

今では想像も出来ませんが、平安時代は、女性の大半が他人に顔を見られることは「はしたないこと」だと思っていた時代。
この時代の女性は人に顔を見られないように生活を送らなければなりませんでした。
それゆえ結婚するまでお互いの顔は知らず、結婚しても女性は夫以外の人に顔を見られることなく日常生活を送っていったのです。

多くの人に顔を晒す宮仕えは慣れるまでは、耐え難いほどの恥ずかしさがあった上に、様々な人に顔を見られてしまうせいか、周りの男性からは軽く見られてしまいます。
この頃の男性のほとんどは女性には仕事をせず家にいてほしいと願っていたようです。

Writer:

はじめまして! 歴史と名の付くものには目がありません。特に日本の歴史が大好きで、歴史が繰り広げられた場所に行くことが何よりの楽しみです。 先人たちの残したものに触れたり、時には先人たちになりきって日本文化探訪旅行を楽しんでいます。歴史に興味がない人にも、 歴史って面白いんだなと思える感覚を味わってもらいたいです。

この記事のカテゴリ

歴史

関連記事を見る

歴史の記事を見る

敬虔なるキリシタン武将・明石全登、ドラマチックに登場した大坂の陣と謎の行方
苦節55年!?日本を代表する近代建築・国会議事堂は誰が建てた?
落ちぶれた本願寺を再興した救世主・蓮如が歩んだ道のりを徹底解説!
偉大すぎる父とできすぎた弟たちを持った毛利のプリンス・毛利隆元の苦悩
絶対敵にしたくない男No.1!「敵はとりあえず暗殺」の宇喜多直家、でも家臣は大事にした?
奈良時代から現存する「東大寺法華堂」ってどんなところ?
秀吉は本当に一夜で城を完成させたの?岐阜・墨俣城を訪ねてみた
出奔されてもコイツが必要!と伊達政宗に思わせたデキる親戚・伊達成実ってどんな人?
冬の立山連峰を越えた男・佐々成政、時代に翻弄された悲劇の最期
負け戦に敢えて挑む男のプライド。秀吉に刃向った武将・九戸政実の生き様
秀吉vs勝家!決戦の地・賤ヶ岳古戦場の歴史を辿る旅
小牧山城で近世城郭の始祖・織田信長の築城技術を学ぶ