真田信繁ら牢人たちが奮闘!徳川家の天下が決定した「大坂夏の陣」とは?

大坂夏の陣といえば、去年の大河ドラマ「真田丸」で豪華な俳優さんたちで演じられたことも記憶に新しいですね。

皆さんはどういうイメージをお持ちでしょうか?

もしかしたら、「関ヶ原で戦ったのに、何でもう一度やるの?」という人もおられたりしますでしょうか。

ここでは、どんな経緯で開戦に至り、実際に細かくどんな戦いが行われた?

真田信繁ら牢人武将たちはどう奮闘した?

信繁は家康をどう追い詰めた?

などの他に、現在でも楽しめる大坂城近辺の史跡を、少しだけ紹介しようと思います。


関ヶ原の戦いから大坂冬の陣までの経緯は?

関ヶ原の戦いから大坂の陣開戦までの行方は?

関ヶ原の戦いから大坂の陣開戦までの行方は?

image by PIXTA / 22922399

豊臣秀吉が亡くなった後の慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いで徳川家康の東軍が石田三成の西軍に勝利し、天下は徳川のものとなりました。

大坂には秀吉の子・秀頼がまだ残っており、慶長19年(1614年)、家康は豊臣家に寄進した方広寺(ほうこうじ)の鐘の文言に対して言いがかりをつけ、豊臣家を挑発。
「国家安康」「君臣豊楽」という文言で、「家康の」字を2つに切って呪ったという言いがかりですが、私が前に読んだ本では言いがかりではなく、「豊臣家は実際にそういう思いをかけてそういう文言を作った」という説も書いてありました。

そして、秀頼の母で豊臣家の実権を握る淀殿は家康の挑発に乗ってしまい、家康との戦いを決意。

秀頼は全国の大名に味方になることを要請しますが、もう徳川の天下は決まっているので秀頼の要請に応じる大名は1人もいませんでした。

一方、大坂城には真田信繁(幸村)や長宗我部盛親(元親の子)など、「関ヶ原の負け組」というような浪人たちが集まり、その数は10万人にもなったとのことです。

冬の陣ではどんな戦いが行われた?

冬の陣ではどんな戦いが行われた?

image by PIXTA / 27136299

信繁は父・昌幸から授かった大坂城からの出撃策を提案しますが、大野治長がそれを却下。
すると信繁は大坂城外の南側に出城を作り、これがいわゆる「真田丸」です。

開戦直後は木津川口・鴫野(しぎの)など河口周辺で戦いが行われ、いずれも徳川方が勝利。
しかし、大坂城の守りは固く、制圧することは難しかったそう。

しかし、信繁は真田丸にこもり、徳川軍相手に奮戦。
前田や井伊などの武将が一気に真田丸を攻撃しますが、真田隊の猛攻には苦戦。
この戦いで信繁はその名を天下に轟かせました。

家康は力攻めでは大坂城を攻略できないと判断し、大筒を淀殿の寝室辺りに打ち込み、精神的ダメージを与え、和議を申し入れると淀殿は応じました。

幸村の活躍で「冬の陣は実は大坂方の勝ち」とも言われていますので、淀殿がこれでひるまなければ、もしかしたらこのまま大坂方優位の状況が続いたかもしれませんね。
真田丸や堀も壊されなかったでしょうし。

ともかくこれで大坂冬の陣は終幕を迎えましたが、戦の火種はくすぶり続けていました。

夏の陣で真田信繁らはどのように奮闘し、散っていった?

夏の陣開戦の経緯は?

夏の陣開戦の経緯は?

image by PIXTA / 31533392

徳川方は大坂城を突破できず、豊臣方も外から援軍がないまま鉄砲を打ちまくったため、弾薬の備蓄が厳しくなり、双方手詰まりに。
そのため講和交渉が行われ、豊臣徳川の関係をほぼ戦前の状況に戻すことで製紙が取り交わされました。

講和が成立すれば要害としての大坂城は必要ないという論理で、本丸以外はすべて破却することで双方は了承。

二の丸の破却は豊臣方が担当しますが、豊臣方は予想される再戦にむけて軍備の増強を続け、そのため時間稼ぎのために工事を遅らせていました。

しかし、徳川方は諸大名を動員し、外郭の堀だけでなく、二の丸・三の丸の堀も埋め立て、城門や櫓も残らず破却。
二の丸は豊臣方の持ち場だったので、抗議すると徳川方は「工事が進んでおられない様なので、お手伝いしただけ」と言い、徹底的に破壊を続けました。

その上で徳川方は秀頼の大坂城退去と、召し抱えた牢人の解雇を要求。
それが拒否されれば開戦、という覚悟でなんとしても豊臣家を滅ぼすつもりでした。

大坂城が本丸だけになってしまっては、豊臣方は冬の陣のような籠城戦ができず、野戦に持ち込むしかない状況に。

慶長20年(1615年)、秀頼は家臣団の主戦派と牢人衆に支持されて再戦を決意します。

しかし、本当は秀頼は夏の陣で戦いたくなかったのですが、牢人たちが「もう戦うしかない!」という凄まじい戦意で、それに押されて開戦するしかなかった、という話もありますね。

夏の陣はどのような状況で始まった?

夏の陣はどのような状況で始まった?

image by PIXTA / 29903094

慶長20年(1615年)3月、家康は豊臣方に対し、大坂城から本拠地を移すか、臨時採用の牢人たちの追放を要求し、淀殿・秀頼母子はこれを拒絶。

これにより家康は諸大名に対し大坂城攻めを命じました。
家康と秀忠は4月22日に二条城で軍議を行い、5月5日には伏見城を出て、大坂城の南側・岡山に布陣。
4月下旬には大坂城で向けて進撃する態勢が整えられました。

15万の大軍を率いた家康は大坂城へ向かって進撃を続け、対する豊臣軍は冬の陣のときと違って城外に出て戦うことに。
それでも、豊臣軍は徳川軍に勝つため、道明寺(どうみょうじ)を攻撃地点と定め、大坂城から出撃。

豊臣軍の後藤又兵衛は、慶長120(1615年)5月6日未明、道明寺(現在の大阪府藤井寺市)を進撃中の徳川軍の先鋒部隊を攻撃。
大坂夏の陣の火ぶたが切って落とされました。

大野治房の作戦と、塙団右衛門の打ち死に

大野治房の作戦と、塙団右衛門の打ち死に

image by PIXTA / 32249325

去る4月26日、大野治房(はるふさ)隊2000が大和郡山(やまとこおりやま)に乱入し、周囲を焼き討ち。
これは徳川軍が大和郡山を通って大坂に攻めてくると考え、その経路を断つため。
大和郡山城主の筒井定慶(さだよし)に豊臣軍につくように要求するも拒否され、その結果定慶は城を捨てて逃げ出したと言います。

また翌4月28日、大野治房は大和郡山から大坂に戻り、堺に侵攻。
貿易港で知られる堺は徳川軍にとって大切な補給地点であったため、その機能を停止させようと市街地を焼き討ちして回りました。
しかし敵の大事な所とはいえ、家を焼かれる町人はたまったもんじゃないだろうな、と思います。
実際に堺の人々は、商品や財産を安全な場所に移し、早々に避難する人も多かったそう。

豊臣軍は徳川軍の浅野隊に対して攻撃を計画しますが、浅野隊は豊臣軍の動きを察知して接近。
豊臣軍は浅野隊の動きが分からないまま、樫井(かしい)で白兵戦となり、塙団右衛門(ばんだんえもん)・淡輪重政(たんのわしげまさ)が討ち死にし、苦戦を強いられます。

Writer:

子供の頃から坂本龍馬に憧れ、歴史小説を読み込んでいて司馬遼太郎が特に好きで、城を巡って旅行をするのも好きでいろいろと回っています。地元岡山の歴史についても本を読んで調べていて、過去の時代の岡山がそんな風景だったか想像するのが好きです。バンド「レキシ」も好き。 よろしければブログも読んでみてください。http://tatsuyakawakami.hatenablog.com

この記事のカテゴリ

国内
大阪
歴史

関連記事を見る

国内の記事を見る

長崎市の観光スポット21選!実際に行って決めた編集部厳選スポットはここ
飛騨高山の観光スポット18選 ホテル支配人に聞いたおすすめスポットはここ!
草津観光ならここ!温泉だけじゃない草津満喫の観光スポット10選
飛騨高山のお土産ランキングTOP19 地元民に聞いた伝統グルメ&雑貨はこれ!
武勇と外交に長けた「鬼義重」こと佐竹義重、常陸統一から出羽転封までを語り尽くす
偉大すぎる父とできすぎた弟たちを持った毛利のプリンス・毛利隆元の苦悩
四国の雄・長宗我部氏の転落劇の主人公・長宗我部盛親の数奇な人生!
奈良時代から現存する「東大寺法華堂」ってどんなところ?
出奔されてもコイツが必要!と伊達政宗に思わせたデキる親戚・伊達成実ってどんな人?
負け戦に敢えて挑む男のプライド。秀吉に刃向った武将・九戸政実の生き様
秀吉vs勝家!決戦の地・賤ヶ岳古戦場の歴史を辿る旅
実は史跡や文化財の宝庫!日本を代表するホテル「椿山荘」の歴史とは