信念と祈りの女傑、細川ガラシャの歴史―キリシタンとして武将の妻として

日本史には数々の「女傑」が登場しますが、その中でも異彩を放つ女性がいます。〈細川ガラシャ〉――名門細川家の当主・細川忠興の正妻であり、天下をゆるがした謀反人・明智光秀の娘であり、日本を代表するキリシタン女性。また日本史最大の転換点の1つ〈関ヶ原の戦い〉の流れを変えた人物でもあります。鉄のような意志と信仰を持ちあわせた女性は、つねに幽閉の憂き目にあわされてきました。キリシタンにして戦国武将の妻・細川ガラシャとは、一体何者だったのでしょうか、今回はこの女傑の正体に迫ります。

〈キリシタン〉の誕生と伝播

〈キリシタン〉の誕生と伝播

image by PIXTA / 30221457

さてここまでの日本史と、そして世界史をおさらい。
16世紀、日本にこれまでとはまったく毛色の違う神が上陸します。
その神は唯一神を奉じ、愛とゆるしの教えをかかげました。
世界に信仰の種をまくべく、そして植民地や交易をもとめていた西洋社会は日本にたどりつき、日本もまた〈南蛮貿易〉などで西洋文明の叡智を手に入れます。
数十万人のキリシタン(キリスト教徒)を生み出した戦国時代も末のころ。
明智光秀という戦国武将のもとに娘が誕生します。

キリストという神の上陸

宗教革命を経て、ヨーロッパの主要国の多くがプロテスタントに転向します。
それまでの勢力地図が一変し、カトリック一強だった西洋は、勢力争いと教派の不一致から30年間泥沼の宗教戦争をするほどでした。

危機感をいだいたローマ・カトリック教会に、ある修道会があらわれます。
〈イエズス会〉です。
おりしも大航海時代。
イエズス会士は大国・スペインやポルトガルの船に乗って未知の地へおもむき、福音を述べ伝え信徒の新規開拓につとめました。

1549年、宣教師・フランシスコ・ザビエルが上陸。
ついにキリストの神は極東の島国にまで到達します。
日本人はこの神をこころよく受け入れ、宣教師たちの持ちこんだ西洋文明の利器も日本の発展に大きく寄与します。
種子島鉄砲、双眼鏡、眼鏡、時計……。
種子島鉄砲は近世日本の戦のありかたを大きく変革もしました。
宣教師たちは布教活動の後ろ盾を得るべく、諸大名に〈南蛮貿易〉を提唱し、その報奨として領内での宣教を許可されます。
当初はおたがいともに発展しあうウィン・ウィンの関係だったわけです。

「たま」、明智光秀の娘として生まれる

戦国時代も終わりに近づいた1563年、越前国(現在の福井県)。
名門・清和源氏の流れを汲む由緒正しい武将の1人・明智光秀にうつくしい姫君が生まれます。
「玉のように美しい」「掌中の珠」ともいわれる意味をこめてでしょうか、名前を〈たま〉と名付けられました。
のちの細川ガラシャです。
彼女が名前をあらためるまでは〈たま〉と呼びつづけることとしましょう。

彼女は本当に美しくあでやかに育ったといいます。
……といっても、明智たま(細川ガラシャ)の実際の肖像画は残ってはいません。
のちに夫・細川忠興が狂的な愛情を注いだり、秀吉がその美貌を聞きつけて側に召し上げようとしたりしたというエピソードが「美貌の人・たま」というビジョンを作り上げていったのでしょう。

しかしいずれにせよ、たまは魅力的な女性に育っていき、彼女が15歳のときに父の主君・織田信長の勧めで、かの室町幕府将軍・足利氏の支流にあたる名門・細川家へと嫁ぎます。

細川家へ嫁ぎ、「裏切り」へ

細川家へ嫁ぎ、「裏切り」へ

image by PIXTA / 5512241

1582年、日本最強のパワハラ上司に、日本史最大の「裏切り」が勃発します。
天下統一一歩手前まで迫った織田信長の死、そしてそれを討ったたまの父・明智光秀は3日天下で終わり、父母はじめ一族郎党はみな討ち死に・自害。
明智家のなかで、たま1人だけが生き残りました。
織田信長の死後、あたらしく勢力地図が塗り替えられるなか、忠興は最愛の妻のために苦渋の決断をします。
それは、たまにとって生涯続く艱難辛苦のはじまりでした。

〈本能寺の変〉、勃発

名門・細川家の当主に嫁いだたまは、そこで世継ぎとなる男の子を含めて、子供を何人ももうけます。
押しも押されぬ細川家の正妻として寵愛を受けました。
しかしその日常は唐突に崩壊します。

1582年6月21日〈本能寺の変〉です。
明智光秀決起の理由については明確な定説が存在せず、いまも謎につつまれているこのクーデターですが、明智光秀も負けを覚悟でこの決起をしたのではありません、無論勝つつもりでした。
しかしたまの夫・細川忠興は舅・明智光秀の謀反への協力を拒否。
一大勢力をもつ縁戚・細川家の援軍が期待できなくなったとき、この変の失敗は決定的になりました。

主君・織田信長の横死の報を受けた豊臣秀吉は〈中国大返し〉を敢行、200キロの道のりをわずか10日でダッシュして「打倒光秀」をかかげます。
光秀は「逆賊」として討たれ、明智家の一族郎党も滅びます。
細川家に嫁いだたまも、死を覚悟しました。
しかし忠興は意外な方法でたまを守るのです。

人知れぬ山奥へ――幽閉生活のはじまり

戦国武将にとって、家のために命を捨てるのは世の習い、むしろつとめの1つでした。
命が惜しくないわけではなかったでしょうが、たまも自害あるいは処刑を覚悟します。
しかし夫から宣告されたのは意外な言葉でした。
「領内の山奥に隠れてほとぼりがさめるのを待て」――愛妻を殺すにしのびない忠興の苦肉の策でした。

たまは、丹後国(京都府北部)味土野という山中で2年間の年月をすごします。
逆臣の身内として狙われるのを避けるため、外界から隔離されて味土野の屋敷に幽閉されたたま。
これは彼女が死ぬまで続く幽閉生活のほんの序章にすぎませんでした。
忠実な数人の侍女にかこまれての生活。
このまま僻地で朽ち果てていくのか……そう思われていたとき、唐突な迎えがやってきたのです。

織田信長にかわって天下人となった豊臣秀吉は、忠興の妻がこのような状況下にあることを聞きおよんで感銘を受けます。
そして彼のとりなしによって、たまは下山、細川家の大阪屋敷に帰還するのです。

細川〈ガラシャ=「恩寵」〉の誕生

細川〈ガラシャ=「恩寵」〉の誕生

image by PIXTA / 31473297

細川たまは、その後も不遇の中に置かれます。
生まれもった美貌は最後まで彼女に祟るのです。
ほかの男に、そして逆臣の娘として狙われることを極端におそれた夫・忠興による幽閉生活は続きます。
それは彼女が亡くなるまで正味19年も行われるのです。
過剰な監視体制という異常な環境下で精神的に過酷な生活をおくることを余儀なくされるたまですが、運命的な出会いをはたします。

あきこのむ

Writer:

文学少女が世界文学の時代背景に興味を持ち、調べていたら大学では文学部じゃなくて歴史学部に入ることになっちゃった。生粋の文学好き美術好きの27歳です。現在はライターとして活動中。夢はロシアのサンクトペテルブルクでドストエフスキー「罪と罰」ごっこをすること。楽しくおもしろい歴史と本の世界を少しでも伝えられれば幸いです。

この記事のカテゴリ

歴史

関連記事を見る

歴史の記事を見る

大自然に抱かれて!標高700mの温泉地・箱根「強羅温泉」の歴史と魅力
松永久秀は稀代の悪党か?あの信長を2度も裏切った、やりやい放題の伝説まとめ
札幌観光ならここ!見どころをざっくりご紹介
戦国時代の名武将・武田信玄を右腕として支えた弟「武田信繁」とは?
幕府相手に強烈な皮肉を食らわせた「反骨の浮世絵師」歌川国芳とは?
【プーケット観光で行きたい!】タイの楽園リゾートで見られる歴史的スポット10選
”日本三大美肌の湯”嬉野温泉でゆったりほっこり歴史散歩
日本を変えた天皇が愛した離宮・大覚寺
桜に囲まれた格式高い「仁和寺」の天皇をめぐる歴史ロマン
悲しみの淵で描かれた枕草子の物語
江戸時代は醤油で大儲け?2ヶ所に建てられた「龍野城」の歴史
ウィーン観光ならここ!ウィーン近郊にある自然と歴史が溶け合った観光スポット