日本三大悪女の一人、稀代の悪妻「日野富子」とは?

長い世界の歴史で恐ろしいエピソードを残した女性の呼び名として使われる用語「悪女」。その中では残虐なふるまいで恐れられた「中国三大悪女」、美貌と知略で知られた「韓国三大悪女」が有名となっていますが、日本にも歴史に名を残した「三大悪女」が存在しています。今回はその「日本三大悪女」の中から、室町時代に活躍した「日野富子」を見ていきましょう。

若いころから見える悪女ぶり

若いころから見える悪女ぶり

image by PIXTA / 9320482

日野富子(ひのとみこ)は1440年(永享12年)に山城国(現在の京都府南部)に誕生。
富子の生まれた日野家は室町幕府の将軍家・足利家と縁戚関係を持っており、日野栄子(第4代将軍・足利義持の正室)や日野宗子(第6代将軍・足利義教の正室)などが足利家に嫁いでいきました。
そのような名門の家系に生まれた富子は1455年(康正元年)8月27日に16歳で第8代将軍・足利義政の正室に。
1459年(長禄3年)1月9日には第一子が誕生しますが、その第一子はその日のうちに亡くなってしまいます。

普通は子どもが亡くなって悲しみに暮れるところですが、富子は少し違いました。
子どもの早すぎる死を経験した富子は義政の乳母・今参局(いままいりのつぼね)を恨み、今参局が「呪いを掛けたせいで死んだ」だとして今参局を琵琶湖沖島に流罪(その後本人は配流途中に自害)。
そのほか義政の側室4人も追放してしまうことに。
自分の中にため込まず外に恨みをあらわにするとは、16歳の時点で「悪女」の香りは十分に感じられますね。

足利義政との結婚・跡継ぎ争い

足利義政との結婚・跡継ぎ争い

image by PIXTA / 20696732

第1子を不幸にも失った富子はその後1462年(寛正3年)、1463年(寛正4年)に相次いで子どもを産みますが、子どもはいずれも女子。
跡継ぎにする男子は生まれません。
そうした状況が続いた1464年(寛正5年)、夫・義政はすでに出家していた弟・義尋を跡継ぎにすることと決め、名を「足利義視」と改めさせ室町幕府管領(室町幕府において将軍に次ぐ最高職。
将軍を補佐して幕府政治を統轄していた)・細川勝元(ほそかわかつもと)を後見に任命。
義政は「もう跡継ぎになる子どもは生まれない」と考えたのでしょう。

しかしそんな翌年の1465年(寛正6年)に状況は大きく変わります。
富子はこの年に再び子供を産みますが、この子どもが念願であった男の子(義尚(よしひさ)である)。
富子はようやく生まれた男子・義尚を後継者に擁立しようと考えるようになり、義尚の後見に山名宗全(やまなそうぜん)を擁立。
するとこれを機に富子の実家である日野家が絡んで義視と対立。
義視も一度跡継ぎに指名されたからには引きたくないでしょうからね

そうした跡継ぎ争いが勃発すると、そこに勝元と宗全の対立や斯波氏(しばし。
足利家の有力一門)、畠山氏(はたけやまし)の家督問題まで絡んでしまい、これが11年にわたって続く「応仁の乱」に発展することに。
跡継ぎ問題は別の問題まで複雑に絡んで、大きな戦乱を巻き起こす形になってしまったのです。
義政にとっては「厄介なことが起こったなあ」と考えていたのかもしれませんが、富子の「子どもに跡を継いでほしい」という親心はわからなくもないですね。

大乱の途中で始めた「資金貸し」で大儲け

大乱の途中で始めた「資金貸し」で大儲け

image by PIXTA / 17764685

跡継ぎ問題を発端に巻き起こった「応仁の乱」が繰り広げられる中、富子は驚くべき行動に出ます。
富子は戦いの全時期を通じて細川勝元を総大将とする東軍側についていましたが、ここで行ったのは「戦費の貸し付け」でした。
富子は東西両軍大名に多額の金銭を貸し付け、米の投機も行うなどして資金を稼ぎ、増えた資産は現在の価値にして「60億円」になるとも。
大きな戦いの途中という情勢をうまく利用したところに状況判断のうまさを感じられますが、この「ピリピリムード」が極まった所で敵味方両方を「お金の種」にするとは強心臓すぎます。

大きな戦いの途中で資金集めに奔走する富子は1471年(文明3年)頃になると「室町亭(京都市上京区)」に避難していた後土御門天皇(ごつちみかどてんのう)との密通の噂が広まるように。
これは後土御門天皇が富子の侍女(じじょ。
身分の高い人間に仕え、身の回りの世話をする女性)・花山院妙子と関係を持っていたために噂されたと言われていますが、この頃になると義政と富子の関係は冷え切ったものに。
富子としては夫が頼りない、義政としては「勝手に色々やるからもう嫌だ」ということでしょうか。

権力を握るとき・応仁の乱終戦

権力を握るとき・応仁の乱終戦

image by PIXTA / 14261906

富子と義政の関係が悪化する一方で、戦いには大きな動きがありました。
1473年(文明5年)に入ると争っていた山名宗全と細川勝元が他界してしまうのです。
こうした情勢変化の中、義政が隠居して義尚が元服(げんぷく。
男性が成人になったことを示す儀式)すると9代将軍に就任、兄の日野勝光が新将軍代に就くことに。
その後義政は1475年(文明7年)に小河御所(上京区堀川)を建設して1人で移り住むことになり、1476年(文明8年)に兄・勝光が亡くなると実質的な権力は富子のもとに。
富子が大きな権力を握る瞬間がついにやってきたのです。

こうしているうちに戦いの方は最終盤を迎えており、1477年(文明9年)に西軍が引き上げると11月20日、幕府によって「天下静謐(てんかせいひつ)」の祝宴が開催。
11年に及ぶ大乱はようやく終わりのときを迎えることになります。







関所でも大儲け・民衆による一揆

関所でも大儲け・民衆による一揆

image by PIXTA / 17292114

11年に渡って繰り広げられた「応仁の乱」が終わった後も、富子の行動力は衰えることがありません。
1459年(長禄3年)以降になると富子は京都七口に「関所」を設置。
関所とは「交通の要所に設置された、通行人や荷物検査・防備を行うための施設」で、ここでは内裏の修復費、諸祭礼の費用を賄うために関銭を徴集していく予定でした。
しかし富子は集めた資金をそのような目的に利用することなく、資金のほとんど自分の懐に入れてしまったのです。
ここまで来たら完全な「銭ゲバ」と言って良いかもしれません。

こうしたうわさを聞いて面白くないのは金を払った民衆たち。
富子の愚行に激怒した民衆が1480年(文明12年)、徳政一揆を起こして関所を破壊。
愚行を止めさせるには破壊行為しかないと考えたのでしょう。
しかし富子はこうした一揆にもひるむことなく、財産を守るために一揆の弾圧を開始。
そして一揆が収まると直ちに関所の再設置に取りかかるのです。
ただでは倒れないところは「将軍の妻」を経験して身に付いた図太さが役に立っていたのでしょうか。
しかしこうした富子の行いは民衆のみならず公家からも恨みを買うことに。
公家もあまりの「銭ゲバ」ぶりに嫌気がさしたのですかね。

息子をはじめとした人物との対立

息子をはじめとした人物との対立

image by PIXTA / 1202107

強力な存在感を見せつける富子は次第に家族とも対立するようになります。
富子が将軍に押し上げた息子・義尚は成長すると富子の存在を疎ましく思うようになり、1483年(文明15年)に伊勢貞宗邸に移転したあとは酒浸りの日々を送ることに。
そして義尚は1489年(延徳元年)に六角高頼討伐(長享・延徳の乱)で遠征した途中に25歳の若さで帰らぬ人になってしまったのです。

こうした中で一時権力を失い、息子の急死に意気消沈した富子でしたが立ち上がりは早く、義視と自分の妹の間に生まれた足利義材(よしたね。
後に義稙と改名)を将軍に擁立するよう義政と協議して4月には合意。
かつて後継者争いで対立した相手の息子を将軍にするとは考えられないことですが、動くのが遅れて「権力を失うのは考えられない」という感情の方が強かったのでしょうかね。

そして義政が亡くなった1490年(延徳2年)、義材が10代将軍に就任すると後見人には義政の弟・義視が付くことに。
しかし後見人となった義視は権力を持ち続ける富子と対立するようになり、翌年に義視が亡くなると将軍にした義材とも対立。
かつて対立した関係ですから、良好な関係を築くのは難しかったですね。

晩年のクーデター・驚きの遺産額

晩年のクーデター・驚きの遺産額

image by PIXTA / 16980192

家族とも対立した富子でしたが、ここでも行動を止めることはありません。
1493年(明応2年)になると管領・細川政元と共にクーデターを起こし、河内国(現在の大阪府東部)に出征していた義材を追放。
これは幕政の主導権争いが原因で発生したものとされていますが、これによって義政の甥で堀越公方・足利政知の子であった足利義澄が11代将軍に(明応の政変)。
富子の力は晩年に差し掛かっても衰えませんね。

そのように力を見せつける富子でしたが、それから3年後の1496年(明応5年)に57歳で他界。
生涯を通して稼いだ遺産は7万貫(現在の価値で約70億円)とも言われ自分の資産はきっちり増やしていましたが、これ以降の室町幕府は衰退への道を行くのでした。

次のページでは『史上最悪の将軍とされた夫・足利義政』を掲載!
次のページを読む >>