「織田信雄」の歴史。無断で戦って大失敗、跡継ぎにも推薦されなかった信長の息子

日本を代表する歴史上の人物に取り上げられ、「三英傑」の1人にも数えられる人物・織田信長。日本の室町時代から戦国時代、安土桃山時代にかけて活躍した信長はその生涯の中で少なくとも20人以上の子どもを残し、多くが武将として時代を生きることになります。今回はその20人以上いるとされる信長の子どもから、次男・織田信雄(おだのぶかつ)を見ていきましょう。


幼くして北畠具房の養嗣子に

幼くして北畠具房の養嗣子に

image by PIXTA / 33431300

織田信雄は1558年(永禄元年)に尾張国丹羽郡小折(現在の愛知県江南市)の生駒屋敷で織田信長の次男として誕生。
茶筅(ちゃせん)が結えそうな髪型をしていたことから幼名はそのまま「茶筅」。
1569年(永禄12年)に父・信長の「北畠家攻略戦」の和睦条件として北畠具房の養嗣子になり、具房の妹の雪姫(北畠具教(きたばたけとものり)の娘)を妻として迎えることに。

その後1572年(元亀3年)に元服すると名前を北畠具豊に改名して、1574年(天正2年)7月には北畠軍を率いて「第三次長島侵攻」に参戦。
1575年(天正3年)に信長の圧力によって北畠具教・具房父子が隠居させられたのち北畠家の家督を相続、北畠家10代目当主を継承して名を信意に改名。
当主継承後は同年に「越前一向一揆討伐」にも参戦して塙直政・滝川一益らと共に転戦。
この頃から津田一安(織田 忠寛)の補佐を受けて家中の実権を掌握することに。
ここまでは順調に物事が運んでいるように見えますね。

家督相続・北畠家の滅亡へ

家督相続・北畠家の滅亡へ

image by PIXTA / 32534217

こうして北畠家の家督を相続した信意でしたが、信長の圧力によって隠居させられた北畠具教・具房父子はこれでは面白くありません。
隠居させられたことで信長と関係が悪化すると、信長は北畠家への一斉攻撃を指示。
1576年(天正4年)11月25日、信雄は滝川雄利(たきざわかつとし)・長野左京亮・軽野左京進に命じて多気郡の三瀬御所を攻撃させ、北畠具教と具教の息子2人、北畠の家臣14人を殺害。
同日には信意も攻撃に加わり、田丸城に北畠一族を饗応(きょうおう。
酒や食事を出しておもてなしすること)と偽って呼び出し謀殺(三瀬の変)。

そして12月15日には滝川雄利と柘植保重の讒言(ざんげん。
他人をおとしいれるため、事実を曲げてその人を悪く言うこと)により、補佐を務めた津田一安を粛清。
こうしてその後の北畠家南伊勢の5郡勢力は信雄の権力基盤へ継承。
これで勢いづいた信雄は1577年(天正5年)、兄・織田信忠の下で紀州征伐に従軍。
1578年(天正6年)4月には信忠の下で石山本願寺、5月には播磨国に従軍して信忠らと共に神吉城を攻撃。
ここでは少しずつ実績を上げ、順調に来ているように見えますね。

勝手に戦って大敗する「しくじり」をやってしまう

勝手に戦って大敗する「しくじり」をやってしまう

image by PIXTA / 30138579

順調に実績を積んでいるかのように思えた信雄でしたが、ここで痛恨の「しくじり」を犯してしまいます。
1579年(天正7年)9月、前年織田軍が伊賀領内に丸山城を築くも伊賀衆に焼き討ちされ、その報復として9月16日、信意は信長に無断で自ら8,000、柘植保重に1,500人の兵を率いさせ「伊賀惣国一揆」を攻めましたが「伊賀十二人衆」と言われる自治集団に大敗。

京にいた信長は知らせを受けると「親子の縁を切る」と突きつけるほど激怒。
この頃は1歳年上の兄・信忠画織田家の家督を譲られ、合戦で総大将を務めるなど活躍。
官位も「従三位左近衛権中将」となっており、兄に差をつけられて「早く実績を作りたい」と焦ったのでしょうか。
しかし無断で戦って結果が出たならまだしも、散々に打ち負かされて帰ってきては「自分のやったことがわかっているのか」と思われるのは仕方ないでしょうね。

しかし1581年(天正9年)には信長が司令した大和・近江・伊勢の軍勢に信意も加わり再度伊賀へ侵攻、このときは見事に同国を平定することに成功(第二次天正伊賀の乱)。
大きな「しくじり」の後にしっかり「リベンジ」は果たしました。

本能寺の変・織田家当主の座を逃す

本能寺の変・織田家当主の座を逃す

image by PIXTA / 16865433

そんな信雄に大きな転機が訪れるのは1582年(天正10年)6月2日。
この日京都・本能寺に滞在していた父・信長が家臣の明智光秀によって討たれ、信長と兄・信忠の2人が亡くなってしまいます。
事件後の6月13日には織田家臣・羽柴秀吉が光秀を「山崎の戦い」で撃ちますが、信意は近江国・甲賀郡土山まで進軍しながら戦わず撤退。
戦国時代の伊勢国の出来事をまとめた『勢州軍記』によれば「信孝の四国征伐軍に信意軍の大部分が援軍に出ており、兵数が足りなかった」ことが理由とされていますが、ここまで来て父の敵討ちができないのは厳しいですね。

大きな失策を犯した信雄は信長の後継を目指して6月に安土城に入りますが、ここでも失火で安土城を焼くという大きな失敗。
この行動の理由・真偽は不明とされていますが、宣教師ルイス・フロイスは「信雄は普通より知恵が劣り、理由もなく城を焼き払った」と辛らつに批判。
一流に行くために何か足りないですね。

その後、戦後に開かれた「清洲会議」で兄・信忠亡き後の織田家後継者になろうとした信雄ですが、秀吉は信忠の遺児である三法師(織田秀信)、柴田勝家は弟・織田信孝を推薦、信意は当主候補に名前すら上がりません。
数々の失敗が積み重なり、良いイメージを植えつけられなかった失策がここで命取りになりましたね。
家族としても「こんな頼りない奴に伝統の家系を継がせたくない」という考えが頭をよぎったのでしょう。
最終的に織田家当主は秀吉推薦の三法師、信雄は信孝と共に後見役に回ることに。
信長の遺領配分で信意は尾張・伊賀・南伊勢約100万石を相続して名前を信勝、次いで信雄と称します。

秀吉との関係悪化・家康と同盟関係

秀吉との関係悪化・家康と同盟関係

image by PIXTA / 15050856

信雄が織田家当主の座を逃した一方で、羽柴秀吉と信孝・柴田勝家らの間では「賤ヶ岳の戦い」が勃発していました。
1583年(天正11年)4月に勃発したこの戦いで信雄は秀吉方に付き、5月には信孝を岐阜城に攻めて降伏させることに(信孝は尾張に送られる途中で切腹させられる)。
さらにこの後勝家方に付いた滝川一益も秀吉に降服、信雄は北伊勢・伊賀を加増され前田玄以(まえだげんい)を京都所司代(きょうとしょしだい。
京都の市政を行うために置かれた役職)に任命。

これで勢いづいた信雄は三法師の後見として安土城へ入城しますが、秀吉に退去させられ秀吉の関係は悪化。
ここでも良い機会を逃す信雄は残念ですね。
こうして秀吉との関係が悪化した信雄は1684年(天正12年)正月に近江国・坂本の三井寺で秀吉と会見しますがこれも良い方向には転がらず。
こうして危機に陥った信雄は徳川家康に接近、同盟関係を結ぶことに。
このときの信雄は「家康さん、どうにかしてくださいよ」という心境でしょうかね。

家康と組んで「小牧・長久手の戦い」に

家康と組んで「小牧・長久手の戦い」に

image by PIXTA / 27211377

家康と同盟関係を結んだ信雄は次なる一手に出ます。
1584年(天正12年)3月6日、家康と相談した信雄は反乱を企んでいると思い込み重臣の津川雄光(義冬)・岡田重孝・浅井長時を殺害、秀吉に宣戦布告。
ここから「小牧・長久手の戦い」に発展していくことに。
戦闘に突入した信雄は長宗我部元親・佐々成政・雑賀衆とも連合して羽柴家に立ち向かい、織田・徳川連合軍4月9日の「長久手の戦い」で羽柴方の池田恒興らを討ち取ります。

しかしこれで簡単に事が進むわけではありません。
伊勢に入った際には殺された重臣の一族が謀反を起こし、これに秀吉の計略で謀反に及んだ九鬼嘉隆・秋山直国らも加わり、最終的に11月15日、信雄は家康に無断で単独講和を結ぶことに。
河和では伊賀と南伊勢、北伊勢一部を秀吉へ割譲することなどを条件に合意しますが、これによって家康は秀吉と戦う目的を失って撤兵する羽目に。
これでは「何のために家康を頼ったのか」全く分からなくなってしまいますね。

秀吉への服従・まさかの出家

秀吉への服従・まさかの出家

image by PIXTA / 2957473

こうして家康に無断で秀吉と単独講和を結んだ信雄は、秀吉に臣従することになります。
秀吉に臣従した信雄は1585年(天正13年)8月の「富山の役」に従軍、11月には家康の元へ織田長益・滝川雄利・土方雄久を送り上洛(じょうらく。
京都に行くこと)を促し、1587年(天正15年)の「九州征伐」では出陣する秀吉を見送りして征伐後は内大臣に任官。

その後も戦闘への参戦は続き1590年(天正18年)の「小田原征伐」にも従軍、伊豆韮山城攻めから小田原城包囲軍に所属を変えて成功。
しかし秀吉から家康が関東へ国替えになった跡地の三河・遠江へ移動を命じられると尾張からの移動を拒否。
これが秀吉の怒りを買ってしまい領地没収、下野烏山に流罪の処分を受けると「常真」と名乗り出家。
成功をつかみかけながら逃してしまうとは、ここ一番でやらかしてしまいますね。

その後も出羽国秋田、伊予国へと流された信雄は1592年(文禄元年)に発生した「文禄の役」の際に家康の仲介で罪を許され、御伽衆(おとぎしゅう。
主君の下で側近として仕え、政治や軍事の相談役、世間話の相手を務める役職)に就くことに。
一度落ちたところから復活してくる面では精神力の強さが見えますね。

Junya Higashi

Writer:

これまで旅行に行った土地は鹿児島・霧島や韓国・ソウルなど。世界の土地や風習のことなど、自分の知らない世界を調べて見るのが好きです。旅行経験やライター活動で得た知識が、これから旅行を楽しむ人の役に立てば大変嬉しく思います。どうぞよろしくお願いいたします!

この記事のカテゴリ

歴史

関連記事を見る

歴史の記事を見る

京都観光前に知りたい「天龍寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
石田三成に過ぎたるものといわれた「佐和山城」ってどんなところ?
京都観光前に知りたい「高台寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
豪華すぎる!麗しの宮殿・赤坂迎賓館の歴史と成り立ちについて
ド派手な軍装で汚名返上の大活躍!「鈴鳴り武者」仙石秀久の波乱万丈ストーリー
信長よりも先に「天下人」となった男がいた!?その名は、三好長慶
伏見城の今と昔を辿る。豊臣が築き家康が再興した幻の城
静岡県は名所・旧跡の宝庫!オススメの歴史的スポットは?
京都観光前に知りたい「銀閣寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
横浜観光で行きたい!歴史的スポット9選
【沖縄・今帰仁村(なきじんそん)の旅レポ】「今帰仁城跡」と「古宇利島」で絶景&歴史を満喫する旅
「温泉」=「うんぜん」?!歴史ある良泉リゾート・雲仙温泉の魅力とは