大英帝国になるまでのイギリスの歴史を知ろう!中世イングランドをひも解くスポット6選

先日ウィリアム王子とキャサリン妃に第3子が生まれる事が発表されたイギリス。ロイヤルファミリーの心温かい話題はうれしいですね。

ところで、イギリスの正式名称はご存知ですか?

「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」がその正式名称。イングランド・スコットランド・ウェールズがグレートブリテンを指し、北アイルランドを含め4つの連合国となります。これは歴史の中で王位を兼任するやり方でブリテン島を統治してきた歴史を感じさせる名称です。

イギリスと言えば、選挙によって決まったブレグジットやスコットランドの独立投票などさまざまな話題が近年聞こえてきます。

ヨーロッパの大陸からの影響を受けながらも、常に自分たちは違う立場をイギリスは選んできたように思います。

今回はそんなイギリスが大英帝国として大西洋の外に出るまでにどのような歴史を歩いてきたのかを見ていきます。


紀元前3000年前に古代ケルトよりも前に作られたストーン・ヘンジ

紀元前3000年前に古代ケルトよりも前に作られたストーン・ヘンジ

image by iStockphoto

では、早速ですが、一気に古代は紀元前3000年前からみてみます。

イギリスではまだアングロサクソン人はもちろん、ケルト系の人々の文化ですらはっきりと見受けられていない頃です。

そのころに作られ始めたと考えられているのが、イギリスの世界遺産でも有名なストーンヘンジ。

ストーンヘンジは一体誰が何のために作ったのかは、はっきりとはわからない謎の多い遺跡のひとつです。

ストーンヘンジの中心部には動物の骨などが多数発見されおり、周囲に堀などもあったことなどをあわせると、当時の権力者が埋葬された場所だったのかもしれませんし、神聖視したものを祀った祭壇だったかもしれません。

このストーンヘンジの謎は何に利用したのかだけでなく、巨大な石たちの採石地は遠く離れたアイルランドなどであることはわかっていますが、どのようにしてこの場所へ運んだのかは未だ不明なのです。

また、20世紀初頭に大幅に手を加えた修復作業を行なっており、それは現在でいう修復作業の領域から大きく逸脱しているため、さらに元々の姿を知ることを複雑なものにしています。

ストーンヘンジは古代の祭壇か?天文台なのか?

ストーンヘンジはロンドンから西にあるイギリス南部ソールズベリーの近郊にあります。

直径100メートルの円形に組まれた石柱が立ち並ぶ遺跡で、現在の姿は一部修復されています。

遺構を元に復元すると、円内は三重になっており、4~5メートルの石柱が二重の馬蹄型に並んでおり、その間に7メートルの門型の組石5基が同様に馬蹄型に並んでいたと考えられています。

外側には石柱とその上に横倒しに乗せられた天板石が柱廊のように輪を描いていました。

馬蹄型の縁の中心にはヒール・ストーンと呼ばれる石があり、夏至の朝の太陽がこの石を照らすとその影が縁の中心部を指し、その影の方角は馬蹄型の輪が切れている箇所をまっすぐに貫きます。

このことからストーンヘンジを作った人達には天文の知識があり、高度な文明を持った民がこの地域にいたと言われています。

古代からあるこの遺跡は中世の時代から人々の中では不思議なものとして捉えられていたようです。

中世の時代には伝説のアーサー王の仲間である魔術師マーリンが魔法で運んだと言う伝承や、石柱の中には青みを帯びたブルーストーンと呼ばれるものもあり、その石には魔力があり病を治す力があるとも言い伝えられてます。

海を越えて古代ローマ人たちがやってきた

海を越えて古代ローマ人たちがやってきた

image by iStockphoto / 19014911

ストーンヘンジの時代を経て、イギリスに大きな変化がやってくるのはローマ帝国軍のブリタニア侵攻です。

紀元前48年ごろ、ブリテン本島には大陸から古代ケルト系の民族が移り住んでおり、部族単位の集落と独自の文化を育んでいました。

そこにガリア戦線を延長し海を越えてきたのがローマ軍です。
最初に軍を進めたのはユリウス・カエサル。
結果としては部族の結束も硬く、ローマに利益がないと判断し撤退しています。

しかし、帝政に入り、ローマ軍はブリタニアへ侵攻していき、これによってケルト文化にローマ文化が加わっていきます。

英語の風呂を表す言葉になったバース

その象徴とも言えるのが、テルマエ・ロマエでも有名になったローマ人のお風呂文化です。

ブリテン本島の南側、大陸に近いバースにはイギリスでは唯一の天然温泉が湧き出ており、そのお湯を利用してローマ人が公共浴場を作りました。

このバースという土地の名が英語の「風呂」を表す単語になったほど、その浴場は広く知れ渡りました。
ローマ軍の疲れを癒したのです。

現在では街全体が世界遺産となっており、ローマ時代の温泉施設はローマン・バス博物館の中で見ることができます。

残念ながら温浴やサウナの部分は中世時代に埋没してしまっていますが、当時でも珍しいプールが保存状態も良く残っています。

二階建ての回廊が長方形のプールをぐるりと囲っており、見上げるとこちらを見下ろす白い女神像が。

ローマ人が来る前から病を治す温泉には神の力が宿っていると考えられていたそうで、施設の中にも神様を飾ったのでしょう。
温泉は神からの恵みのひとつだったのですね。

5世紀にローマ帝国は大陸側起こった民族の侵入などで領地を縮小することになり、ブリタニアを撤退します。
ブリタニアに新しい時代が訪れることになります。

七王国時代と古都ウィンチェスターのグレートホール

七王国時代と古都ウィンチェスターのグレートホール

image by iStockphoto

ローマ軍が撤退する410年より前から ブリタニアの国境線以外にもブリテン島への侵入者がいました。

ノルウェーなど北欧のユトランド半島から来たアングル人やサクソン人たちです。
古来からいるケルト系の人々はブリテン人と呼ばれていました。

ローマ軍が撤退した後は彼らがブリテン島で覇を競い合い、アングロ=サクソン人たちは後のイングランドの元となる7つの王国を築きます。
イングランドの戦国時代とも言えるこの時代は七王国時代(ヘプターキー)と呼ばれ、500年近く続きました。

人気のテレビドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」の元のお話はこの七王国時代。

また、ブリテン人を率いて戦ったされるアーサー王の伝説も、この時代の混乱と伝承とが入り混じった物語です。

七王国時代はイングランド南西部を支配していたウェセックス王国のエグバートがイングランドを統一したことで終わりを迎えます。

このウェセックス王国の首都として栄えたのがウィンチェスター。

元はローマ軍の要塞都市から発展した町で、イングランド初の首都でもあり、当時のロンドンと並ぶ大都市でした。

ブリテン島南部にあるこの街は現在でもイギリス最古のパブリックスクールや11世紀の大聖堂、城跡など中世の残り香が色濃く残っています。

中世の王たちが心を寄せたアーサー王の円卓

この街の中で是非とも観ておきたいのが、グレート・ホール。

今はその姿は焼失したウィンチェスター城の一部で、13世紀の王・ヘンリー3世が晩さん会や会議などによく使ったお気に入りの大きなホールが残されています。

外観は堅牢な装飾のない建物ですが、中に入ると左右に開けられた大きな尖塔窓から入り込む光が無骨でシンプルな石造りの壁や床を明るく照らし、高い天井に開放感を与えています。

細身の柱が尖塔アーチを描きながら並ぶその奥に、アーサー王ゆかりの円卓が飾られています。

この6メートルの円卓は13世紀に作られており、16世紀に彩色されました。

色を塗るように指示をしたのはテューダー朝のヘンリー8世。

放射線状の緑と白の縞の中央にはテューダー朝の紋章でもある赤と白の薔薇が描かれています。

彼はこのホールでスペイン王と会食をする際に自分がアーサー王の末裔であると主張し、イングランドの王として大きく見せたかったといわれています。

実在したかは今なお不明のアーサー王ですが、イングランドゴシックのシンプルな石造のホール奥から見下ろす大きな円卓を観ていると実在したと思いたくなるかもしれません。

イングランドを覆う海を越えてやってきたものたち

七王国時代にブリテン島南東部を支配していたケント王国の首都として栄えたカンタベリー。

フランスに近いこともあり、この地域には早くからローマ・カトリックの布教が行われており、6世紀には聖アウグスティヌスがカンタベリーを中心に布教活動を行いました。

その後、イギリスのキリスト教の中心地として大司教座がおかれ、信仰の中心地となります。

まず海からやってきてイングランドを覆ったものはキリスト教でした。

そしてふたつ目は、アングロサクソンの国が成立した後の1066年に海を越えてきたフランスのノルマンディー公爵ギョームです。

彼はイギリス名ではウィリアムと呼ばれますが、このノルマン人がケント王国を含むアングロサクソンの国を倒し、イングランド王ウィリアム1世になります。

これはノルマン・コンクエスト(ノルマン人の征服)と呼ばれ、イギリスの歴史上の大きな節目となりました。

彼から続く血統は途中に様々なことがありつつも、現在のイギリス王室ウィンザー朝につながっています。

そのウィリアム1世の曾孫にあたるヘンリー2世。

彼の時代に大法官として王の右腕にまでなったトーマス・ベケットがカンタベリー大司教となったことで、教会の利益や自由について王と教会が対立します。

ヘンリー2世がお酒の席で戯れにつぶやいた「邪魔者を消せ」という言葉を聞いた4人の騎士がそれを真に受け、カンタベリー大聖堂でトーマス・ベケットを殺害してしまいました。

Writer:

旨いものとヨーロッパが大好きなアラフォー女子。背中に羽の生えたペガサスのようにジャンルを問わず様々なことに興味を持ってはアレコレと調べるクセがあります。 1人でも多くの方が、今まで見たことのない景色や面白さを感じていただけるような記事を書けるよう、精進の日々です。

この記事のカテゴリ

アイルランド
イギリス
スコットランド
ヨーロッパ
歴史

関連記事を見る

アイルランドの記事を見る

【スコットランドに興味あるなら】世界遺産「エディンバラ」の観光前に知って起きたい昔と今
アイルランド観光なら次はここ!「ゴールウェイ」で見たい絶景10選
切り立った孤島は修道僧の修行の場『スケリッグ・マイケル』
伝説の巨人が歩いた六角形の柱が連なる奇岩『ジャイアンツ・コーズウェイ』
風光明媚なアイルランド屈指の景勝地「コーク」と周辺で見ておきたいスポット10選
アイルランドで唯一城壁が残る城郭都市「北アイルランド・ロンドンデリー」で見る観光スポット4選
アイルランド西部の中心都市であり大学都市「ゴールウェイ」の観光スポット5選
【旅行体験記】ギネスビール片手にアイリッシュミュージックと美味しいケーキを楽しむ街inアイルランド、ダブリン
イギリス観光なら次はここ!「ベルファスト」で見た絶景10選
アイルランドの美しい風景13選。息を呑むような風景ばかりです。
大自然の神秘…アイルランドで見れる海、滝、湖、川、渓谷、沼…水にまつわる絶景
断崖、古城、石柱…意外と絶景の宝庫だったアイルランド島