【陶晴賢の歴史】毛利元就と戦い、厳島に散った武将

かつての日本に見られた主君に裏切りを働く行為「謀反(むほん)」。長い日本の歴史では織田信長が命を落とした「本能寺の変」が有名で、行為を働くにはさまざまな理由はありますが、こうした「謀反」によって変わった歴史も存在しています。今回はそんな「謀反」によって人生が変わった人物から「陶晴賢」を見ていきましょう。






少年時代から容姿端麗で知られる

少年時代から容姿端麗で知られる

image by PIXTA / 9665889

陶晴賢(すえはるかた)は1521年(大永元年)に周防国(現在の山口県東南半分)の戦国大名・大内氏の重臣であった陶興房(すえおきふさ)の次男として誕生。
少年時代から端麗な容姿で知られた彼は大内氏の第31代当主・大内義隆(おおうちよしたか)の寵童(ちょうどう。
戦場に女性を連れて行けないため、その代わりに連れていかれた男児のこと)となり、元服時には陶氏が主君・大内氏当主から一字を受ける風習から義隆の偏諱(へんき。
貴人などの二字名の中から一方の字を受けること)を受けて隆房(たかふさ)と名乗ることに。

家督を継いだ隆房は大内氏に付いて戦いへ向かうことになり、1540年(天文9年)に出雲国(現在の島根県東部)の尼子晴久(あまこはるひさ)が吉田郡山城(よしだこおりやまじょう。
かつて広島県安芸高田市に存在した城)を攻めた際には毛利元就(もうりもとなり)の援軍に入り、大内義隆から「総大将」の権限を与えられることに。
総大将として軍を引っ張った隆房は1541年(天文10年)1月に「第1次吉田郡山城の戦い」で見事尼子軍を撃退。
早速いい結果を残しましたね。

こうして戦いで大きな成功を収めた隆房は勢いを保ち、1542年(天文11年)には尼子領に侵攻。
出雲遠征において月山富田城(がっさんとだじょう。
かつて島根県安来市(やすぎし)に存在した城)を攻めますが、これは多数の死傷者を出して失敗することに(第一次月山富田城の戦い)。

大内氏との対立・立場を失う

大内氏との対立・立場を失う

image by PIXTA / 28491438

出雲での尼子氏戦に敗れた隆房ですが、この後さらなる危機が訪れます。
大内家の主君・大内義隆が軍事面に興味を示さなくなってしまったのでした。
戦いでの敗戦に気持ちの揺らいだ大内はこれ以降文化に傾倒、文治派(ぶんちは。
法令・教化などによって世を治める)の武将・相良武任(さがらたけとう)を重用するように。
大内としては「戦いには負けるし死者は出るし、もうやっていられないから戦いたくない」と考えたのでしょうか、これによって隆房と大内の関係は悪化。
隆房が「どんどん戦いましょうよ」と考えたのに対し、大内は「戦ったって意味ないじゃん」という形で意見が食い違っては対立を避けられませんね。

こうして大内との対立が深まった隆房は1545年(天文14年)、大内に実子・大内義尊が生まれると相良武任を強制隠居に追い込み、自身が大内家の主導権を奪還。
「対立が続くなら力をもって片づけるしかない。
このまま進んだら自分も大内氏もダメになる」と考えたのでしょうか。
対立にイライラを募らせる隆房の様子が想像できますね。

主君・大内義隆を襲撃・攻め滅ぼす

主君・大内義隆を襲撃・攻め滅ぼす

image by PIXTA / 18748970

強制的に大内家の主導権を奪還した隆房ですが、それに対する大内の対応は厳しいものでした。
義隆によって相良武任が評定衆(ひょうじょうしゅう。
鎌倉・室町時代に置かれた幕府の最高政務機関)に復帰すると、隆房は大内家の中枢から排除。
隆房はこれに対して大内氏の重臣・内藤興盛(ないとうおきもり)らと手を結んで相良武任を暗殺しようとしますが、これは事前察知されたことにより義隆から詰問を受ける結果に。
こうした行動によって隆房は大内家での立場を失う結果となり「もうあなたは(大内義隆)俺に味方しないのか、今に見ていろ」と思ったのかもしれません、この後の隆房は驚く行動に出るのです。

こうして隆房と大内義隆の対立が激化した1551年(天文20年)、隆房の我慢は限界に達していました。
そしてこの年の8月28日、隆房は大内を相手に謀反の兵をあげる決断を下したのです。
謀反を決めた隆房は大内襲撃に向かうと、9月1日には長門・大寧寺(たいねいじ)に大内を追い込み、大内を自害へと追い込むことに。
隆房の怒りは「主君を死に追い込む」という最悪の結末を迎えてしまいました。

しかしこれで行動を止めない隆房は義隆の嫡男・義尊も始末すると、その後は筑前国(現在の福岡県西部)を攻めて相良武任や杉興連(すぎおきつら)、杉重矩(すぎしげのり)を殺害。
隆房は「やるからには徹底的にやってやろう、こうなったのはお前らのせいでもあるからな」と考えたのでしょうか。
こうした事件は「大寧寺の変」と呼ばれており、この事件によって隆房は大内家の権力を握ることになります。

権限を握ってからの動き・山田事件の指示

権限を握ってからの動き・山田事件の指示

image by PIXTA / 5682664

こうして大内家の権力を握った隆房は早速新たな動きを見せていきます。
1552年(天文21年)には大内義隆の養子であった大友晴英を大内氏の新当主として擁立、大内氏の実権を掌握することに。
この時の隆房は晴英を「君主として迎える」ことを周囲に示す目的で、晴英の名前から新たに「晴」の字を受ける形で晴賢(はるかた)と改名。
自分の力で権限を握った後は足場固めにも手抜きはしませんね。

こうした改革を実施した晴賢は「大内氏内部の統制」を目的に徹底した軍備強化も実施。
北九州・宗像地方を支配下に置くことを目的に筑前国(現在の福岡県西部)・宗像氏貞(むなかたうじさだ)を送り込み、1552年(天文21年)4月16日の「山田事件(石松典宗によって山田局・山田局の娘で宗像氏男正室・菊姫らが惨殺された事件)」を指示したと言われますが、こうした晴賢の政策には傘下の領主から反発の声が上がることも。
領主たちは「おいおい強引すぎではないか」と感じたのかもしれませんね。







毛利との対立・危機へ

毛利との対立・危機へ

image by PIXTA / 27981440

大内氏の実権を握った晴賢でしたが、その中で発生したのは「毛利氏との対立」でした。
毛利氏は晴賢が主君・大内義隆を撃った「大寧寺の変」で隆房の謀反に同調しており、その後大内の家督を継いだ大内義長、大内氏の実権を握った晴賢に従い大内氏に従う関係を維持していましたが、尼子氏撃退後の安芸・備後周辺の戦後処理を巡って関係にヒビが入ることに。

このとき旗返城(三次市三若町)を本拠地としていた江田隆連(えだたかつら)は大内氏と抗争を繰り広げていた尼子氏に寝返り、毛利元就がこの城を攻め陥落させます。
元就は落とした城を自分たちのものとする予定でしたが、晴賢は家臣であった江良房栄(えらふさひで)を城将として任命することに。
この措置は「これ以上毛利氏が勢力を伸ばすのはまずい」と考えた晴賢が毛利氏を牽制するために行ったものとされていますが、元就側は「こちらが攻め倒したのに奪い取るのか。
こちらの考えることに反対するのか」と怒ったことでしょう。

毛利氏にとってまさかの展開に元就は納得せず、1554年(天文23年)5月、大内・陶氏と断交することを決意。
3,000人の兵を備えて挙兵するとわずか1日で佐東銀山城(さとうかなやまじょう)、己斐城(こいじょう)、草津城、桜尾城を奪って厳島も占領。
さらに仁保島城(にほじまじょう)も手に入れた元就は草津城に児玉就方(こだまなりかた)、仁保島城に香川光景(かがわみつかげ)と東林坊、桜尾城に桂元澄(かつらもとずみ)、厳島に己斐直之を置いて守りを強化。
元就は「俺たちを怒らせた代償は大きいよ、今に見ていなさい」とでも考えていたのでしょうか、元就の反撃はたいへん怖いですね。

厳島の戦い・無念の最期

厳島の戦い・無念の最期

image by PIXTA / 28371433

こうした毛利元就の反撃に驚きを隠せない陶晴賢。
このときの晴賢は毛利氏の家臣・吉見正頼(よしみまさより)の討伐を行っていましたが、(三本松城の戦い)、主力軍が石見国(現在の島根県西部)に集結している隙を突かれ、安芸国における大内方の城の大半が元就によって陥落。
こうした事態に晴賢は宮川房長を大将とした軍勢を安芸国に送りますが、軍は「折敷畑の戦い」で大敗。
晴賢にとって大きな危機です。

こうした状況を知った晴賢は攻めていた津和野・吉見氏と講和して山口へ戻ると、2万の大軍を擁して毛利攻めへ向かうことに。
軍は岩国に本陣を構えると水軍で毛利方の拠点を次々と襲わせ、総攻撃の時期をうかがいます。
このとき元就の総兵力はわずか4,000人。
数だけで言えば圧倒的に陶軍が有利に見えますね。

しかしこれで簡単に負けるほど元就は簡単な相手ではありません。
単純に攻めれば勝ち目が間違いなくないと考えた元就は「今の状況で厳島に攻められると困る」と嘘の情報を流し、陶軍を厳島に呼ぶ作戦を取ることに。
これは厳島が小島であったために取られた作戦で、毛利軍は島に陶軍の大軍をおびき寄せたところで一気につぶそうとしていました。
元就としては「この狭い場所にはまれば何もできない」ことをわかっていたのでしょうし、作戦はしっかりとした計算の上に実行されようとしていたのですね。

こうして1555年(弘治元年)9月21日、晴賢は自ら2万から3万の大軍を率いて厳島に攻め込みますが、こうなれば元就の「思うつぼ」でしょう。
毛利軍の奇襲攻撃によって本陣襲撃を受けることになった陶軍は不利な戦いを強いられ、毛利氏に味方する村上水軍によって大内水軍が敗れると劣勢に。
こうして力尽きた晴賢は逃走を図りますが、途中で力尽きて自害。
35歳の若さでした。
辞世は「何を惜しみ 何を恨みん 元よりも この有様に 定まれる身に」。
自ら命を絶った晴賢の遺骸は桜尾城で首実検(くびじっけん。
討ち取った敵の首を本人のものか確かめること)の後、洞雲寺(とううんじ。
廿日市市)に葬られました。

晴賢の残したエピソード

晴賢の残したエピソード

image by PIXTA / 33182864

晴賢「直情的」な性格であったとされ、その性格に関するエピソードを残しています。
ある時は「主君が死ぬときは自分も死ぬ」と口にしてきた大内氏の家臣・厚狭弾正(あつさだんじょう)という人物を謀略の罪で拘束。
弾正が無実を訴える中で笑みを浮かべながら火あぶりにしたといわれています。
彼は「この恨みは必ず晴らしてやる」と言いながら死んでいったとされ、この半年後に晴賢が落馬したときに晴賢の家臣は「弾正の亡霊が晴賢を突き落とすのを目撃した」と言ったとのこと。

また晴賢は自身が旗返城の城将に任命した家臣・江良房栄(えらふさひで)を自らの手で殺しており、これは江良の才能を恐れた毛利元就が「房栄が内通している」と噂を流し、他の家臣が「元就の謀略である」ことを教えながら話を信じず殺してしまったというもの。
毛利氏の勢いに焦って精神的に追い込まれ、冷静になれなかったためかもしれませんが、そうなれば元就の作戦通りですね。

このほか自身が命を落とすこととなった「厳島の戦い」においても大きな失策を犯しており、弘中隆包(ひろなかたかかね)が「元就の狙いは大内軍を厳島に呼び寄せて攻撃しようとすることである」と忠告していながら聞き入れず、無視して攻め込んだことにより自身の命を落とすことに。
晴賢の中には「早く元就を倒さなくては」という思いが先走っていたのかもしれませんが、戦国時代きっての策士であった元就には「晴賢は冷静さを欠いている、そこを突けば勝てる」という「スキ」をが見えてしまったのでしょう。

次のページでは『晴賢の墓は「洞雲寺」にある』を掲載!
次のページを読む >>
Junya Higashi

Writer:

これまで旅行に行った土地は鹿児島・霧島や韓国・ソウルなど。世界の土地や風習のことなど、自分の知らない世界を調べて見るのが好きです。旅行経験やライター活動で得た知識が、これから旅行を楽しむ人の役に立てば大変嬉しく思います。どうぞよろしくお願いいたします!

この記事のカテゴリ

歴史

関連記事を見る

歴史の記事を見る

敬虔なるキリシタン武将・明石全登、ドラマチックに登場した大坂の陣と謎の行方
苦節55年!?日本を代表する近代建築・国会議事堂は誰が建てた?
落ちぶれた本願寺を再興した救世主・蓮如が歩んだ道のりを徹底解説!
偉大すぎる父とできすぎた弟たちを持った毛利のプリンス・毛利隆元の苦悩
絶対敵にしたくない男No.1!「敵はとりあえず暗殺」の宇喜多直家、でも家臣は大事にした?
秀吉は本当に一夜で城を完成させたの?岐阜・墨俣城を訪ねてみた
出奔されてもコイツが必要!と伊達政宗に思わせたデキる親戚・伊達成実ってどんな人?
冬の立山連峰を越えた男・佐々成政、時代に翻弄された悲劇の最期
負け戦に敢えて挑む男のプライド。秀吉に刃向った武将・九戸政実の生き様
秀吉vs勝家!決戦の地・賤ヶ岳古戦場の歴史を辿る旅
小牧山城で近世城郭の始祖・織田信長の築城技術を学ぶ
公家趣味が彼を滅亡に追い込んだ?大内義隆を殺したのは、かつての愛人だった…!?