幕府相手に強烈な皮肉を食らわせた「反骨の浮世絵師」歌川国芳とは?

日本の江戸時代に生まれ、江戸の大衆や庶民に愛された芸術「浮世絵(うきよえ)」。テーマに演劇、古典文学、和歌などを取り入れた作品は数多くの代表的絵師を生み出し、喜多川歌麿(きたがわうたまろ)や歌川広重(うたがわひろしげ)、葛飾北斎(かつしかほくさい)は現在でも知られる存在に。今回はその浮世絵師から江戸時代末期に活躍した「歌川国芳(うたがわくによし)」について見ていきましょう。


15歳で初代・歌川豊国に入門

歌川国芳は1798年(寛政9年)、江戸・日本橋(現在の東京都中央区日本橋)で京紺屋(染物屋)を営む父・柳屋吉右衛門の下で誕生。
幼少期から絵を学ぶようになった国芳は7、8歳で北尾重政(きたおしげまさ)の『絵本武者鞋(えほんむしゃわらじ)』や北尾政美(きたおまさよし)の『諸職画鑑』を写す早熟ぶりを見せ、12歳で「鍾馗提剣図(しょうきていけんず)」を描くとこれが初代・歌川豊国の目に留まります。

やがて1811年(文化8年)に15歳で豊国に入門した国芳は師匠の下で修業に励み、1814年(文化11年)頃に発表された合巻『御無事忠臣蔵』では表紙と挿絵を制作。
1815年(文化12年)頃から一枚絵の制作を始めると錦絵(木版多色刷りの浮世絵)『三世中村歌右衛門の春藤次郎左衛門』を制作、このほかでは役者絵(歌舞伎役者の舞台姿などを描いた浮世絵)や合巻(ごうかん。
江戸時代に出版された娯楽本「草双紙(くさぞうし)」の一種)の挿絵も制作しています。

貧しい修業時代・人気絵師の仲間入り

こうして順調に才能を磨く国芳でしたが当時は生活に恵まれているとは言えず、月謝が払えないことから兄弟子・歌川国直の家に居候、仕事を手伝いながら修行に励んでいました。
当時の国芳は「生活は苦しいが、ここで才能を磨けば大成できる」との思いで毎日を過ごしていたのでしょうか。
そんな国芳は文政初年に錦絵『平知盛亡霊図』や『大山石尊良弁滝之図』によって人気を得ますが人気は続かず不遇の日々。

そのような厳しい生活で修業に励む国芳でしたが、ようやく日の目を見る時が来ます。
師匠・豊国が亡くなった後の1827年(文政10年)頃に『水滸伝(すいこでん)』シリーズの大判揃物『通俗水滸伝豪傑百八人』を発表するとこれが評判を呼び、ここから「武者絵の国芳」と呼ばれ国芳の名はようやく知られることに。
こうして人気絵師の仲間入りを果たした国芳はここから次々と作品を発表していきます。

国芳に立ちはだかった「天保の改革」

ようやく人気絵師の仲間入りを果たした国芳ですが、そこに大きな障害が立ちはだかります。
時の老中・水野忠邦による「天保の改革」でした。
貨幣経済の発達により厳しくなった幕府財政の立て直しを目指した改革では「質素倹約」や「風紀粛清」が求められるようになり、これによって浮世絵に役者絵、美人画といった芸術は禁止に追い込まれてしまいます。

この突然の改革に国芳は黙っていられません。
自分たちが苦労の末に生んだ作品が「風紀を正すために必要悪」の対象とみなされる、理不尽な対応に怒りは止まらなかったのでしょう。
こうした改革に激怒した国芳は「浮世絵で皮肉をぶつける」ことにしますが、国芳としては「理不尽な改革は作品をもって跳ね返してやる」と考えたのかもしれません。
こうした幕府の改革は「芸術家・国芳の反骨心」に火をつける形になったのでしょうし、ここで国芳の「ロックな魂」が全開になってきましたね。

幕府を風刺する『源頼光公館土蜘作妖怪図』

こうして幕府の改革へ反対の立場を明確にした国芳は、幕府を皮肉った作品を生み出します。
国芳が1843年(天保14年)に生み出した『源頼光公館土蜘作妖怪図(みなもとらいこう やかたつちぐもようかいをなすず)』は「平安時代の武将・源頼光による土蜘蛛退治」を描いたものですが、実際は「妖術に苦しめられるのは頼光ではなく将軍・徳川家慶」。
ここには「国家に危機が迫っていながら何もしていない」との批判が込められているのです。

この作品で主君が危機に陥った状況でそっぽを向くのは「卜部季武(うらべのすえたけ。
平安時代の武将)」と見せかけ実は「天保の改革」中心人物である老中・水野忠邦。
このほか絵に描かれた「頼光四天王(らいこうしてんのう。
源頼光が率いた家臣4人を指す)」もそれぞれ当時の人物とリンクさせており、碁を打っている渡辺綱は真田幸貫、坂田金時は堀田正睦、湯飲みを持っている碓井貞光は土井利位、土蜘蛛は筒井政憲、矢部定謙、美濃部茂育を表現したもの。
ここからは「表だって描けないなら、絵の裏側に自分たちの思いを込めて描く」という反骨心、芸術を使って最大限の意見表明をしようとする姿勢が見えますね。

そして絵の奥には「富くじ(宝くじの起源とされるくじ引き)」を禁止された者、噺など寄席の禁止を恨んだ歯のないろくろ首など「改革の被害者」たちを妖怪として表現。
こうした国芳の強烈な表現、幕府批判は江戸にいる人々の心に大きく響き、人々は大喜びしたとされています。
人々には「自分たちの思いを代弁してくれた」という思いが強くあったでしょうし、国芳の存在が「カリスマ」に見えたことでしょう。

幕府から要注意人物に・超大作を完成

こうした強烈な表現によって幕府を批判する国芳でしたが、その作品はやがて幕府に見つかることに。
作品を見つけた幕府は国芳を「要注意人物」として徹底監視するようになり、国芳は奉行所への呼び出しや尋問、罰金、始末書を書かされるなどの処分を受けます。
しかしそれでも幕府風刺を止めることはありません。
国芳自身は「幕府に攻められたからと言ってやめては絵師の名が廃る」と思っていたのかもしれません。

どれだけ厳しい追及を受けても風刺を続ける国芳でしたが、その国芳に勝利のときはやってきました。
最大の敵であった老中・水野忠邦が失脚したのです。
こうして改革が終わった後の国芳は1848年(嘉永元年)から1854年(安政元年)にかけて浮世絵3枚分に描かれた超大作『宮本武蔵と巨鯨』を制作。
これは武蔵の強さを桁違いの存在である「鯨」と戦わせることによって証明する作品で、英雄・武蔵の強さを伝える作風は称賛の声を多く浴びることに。
国芳は「浮世絵師人生の苦境」を切り抜け勝ったのです。

西洋技術も取り入れる貪欲さ

日本を代表する絵師として活躍した国芳は、新しい描画技術の導入にも貪欲な姿勢を見せていました。
1830年(天保元年)に制作した『近江の国の勇婦於兼』では画面左側の女性は伝統的な美人画の技法で描かれていますが、反対にある馬は西洋画に見られる陰影を利用した立体感ある仕上がりになっています。

このような作風に仕上がった理由は、国芳が当時入手することの難しかった西洋銅版画を集め、その版画から遠近法、陰影といった西洋の絵の技術を学んでいたため。
学んだ技術を絵に取り入れた国芳は「西洋画は真の画なり。
世は常にこれに倣わんと欲すれども得ず嘆息の至りなり」と語っていますが、幕府に戦いを挑んだ国芳の精神は「絵の技術を向上させよう」という思いも生み出していたのですね。
こうしてみると国芳に「日本は狭すぎた」のかもしれませんね。

そんな国芳は56歳の時「47人志士が揃う忠臣蔵」シリーズの制作を開始しますが、ここでは学んできた西洋画技術を取り入れようとします。
当時は表向きに「赤穂浪士(あこうろうし。
幕府や藩に所属せず非公式に活動する志士)」を称えることはできず「戯曲化」され舞台で演じられる役柄として描きますが、表現方法が限られる中でも最大限できることを表現する姿勢は見事です。
そしてここでは「実在の人物」としてリアルに描こうとする姿勢も見せますが、派手な浮世絵を見慣れた人々にこの作風は受け入れられず。
彼は貪欲で読みが鋭いために「時代の先を行き過ぎた」のでしょうね。

作品にも登場するほど「無類の猫好き」

江戸時代を代表する浮世絵師であった国芳は「無類の猫好き」でもありました。
国芳は常に数匹、時に十数匹の猫を飼い、懐に猫を抱きながら作品を制作していたと言われるほど。
彼は飼っていた猫が亡くなるとすぐに回向院(えこういん。
東京都墨田区)に葬り、家に猫の仏壇を設けて猫の戒名が書いた位牌、過去帳まで備えていたとのこと。
愛情は相当深かったことがそうした逸話からわかりますね。

そうした流れで作品を制作した国芳は作品にも猫を多く登場させており、子ども向けの浮世絵として江戸時代に人気を博した「おもちゃ絵」では宴会猫、働き猫、曲芸猫、温泉猫など「擬人化」した猫が登場。
そうした猫のおもちゃ絵は現在でも人気が高く、2015年(平成27年)には『国芳一門の猫絵図鑑 ねこのおもちゃ絵』という本も出版されています。

Junya Higashi

Writer:

これまで旅行に行った土地は鹿児島・霧島や韓国・ソウルなど。世界の土地や風習のことなど、自分の知らない世界を調べて見るのが好きです。旅行経験やライター活動で得た知識が、これから旅行を楽しむ人の役に立てば大変嬉しく思います。どうぞよろしくお願いいたします!

この記事のカテゴリ

歴史

関連記事を見る

歴史の記事を見る

敬虔なるキリシタン武将・明石全登、ドラマチックに登場した大坂の陣と謎の行方
苦節55年!?日本を代表する近代建築・国会議事堂は誰が建てた?
落ちぶれた本願寺を再興した救世主・蓮如が歩んだ道のりを徹底解説!
偉大すぎる父とできすぎた弟たちを持った毛利のプリンス・毛利隆元の苦悩
絶対敵にしたくない男No.1!「敵はとりあえず暗殺」の宇喜多直家、でも家臣は大事にした?
奈良時代から現存する「東大寺法華堂」ってどんなところ?
秀吉は本当に一夜で城を完成させたの?岐阜・墨俣城を訪ねてみた
出奔されてもコイツが必要!と伊達政宗に思わせたデキる親戚・伊達成実ってどんな人?
冬の立山連峰を越えた男・佐々成政、時代に翻弄された悲劇の最期
負け戦に敢えて挑む男のプライド。秀吉に刃向った武将・九戸政実の生き様
秀吉vs勝家!決戦の地・賤ヶ岳古戦場の歴史を辿る旅
小牧山城で近世城郭の始祖・織田信長の築城技術を学ぶ