その人生は謎だらけ。信長を妻として支えた「濃姫」とは?

室町時代から安土・桃山時代にかけて活躍した日本を代表する戦国武将の1人・織田信長。かつて「カリスマ性」を生かし「天下統一」を目指した信長は生涯で正室・側室含め9人の妻をもうけたことで知られ、男子11人から12人、女子が12人と約20人の子どもをもうけた「子だくさん」でもありました。今回はその信長の妻の1人として彼を支えた女性・濃姫(のうひめ)について見ていきましょう。

朝倉氏との和睦条件として政略結婚

朝倉氏との和睦条件として政略結婚

image by PIXTA / 14882894

濃姫は美濃国(現在の岐阜県南部)の戦国大名・斎藤道三(さいとうどうざん)の娘で、母は道山の正室であった小見の方(おみのかた)。
濃姫の生まれた年については不明と言われていますが、美濃国における名家、豪族を扱った史書・軍記『美濃国諸旧記(みののくにしょきゅうき)』では1535年(天文4年)の生まれとされています。

その頃の美濃国では大きな動きがあり、1541年(天文10年)頃に父・斎藤道三は守護・土岐頼芸(ときよりのり)を放逐、兄弟を殺害して美濃国の国主に。
しかし濃姫が9歳となった1544年(天文13年)、追放された土岐頼芸が尾張の織田信秀を頼り、これによって斎藤氏は織田氏と戦うことに。
この戦いは斎藤氏にとって厳しいものとなり、軍の過半が討ち取られたうえ稲葉山城の城下を焼かれる状況。
これに加えて頼芸の兄・頼武を支援していた朝倉勢が接近したことから斎藤氏は織田、朝倉家と和睦することに。

こうして和睦を結ぶこととした道山は、織田家との和睦条件で後の織田信長である信秀の嫡男・吉法師丸と娘を結婚させる契約を結びます。
さらに1546年(天文15年)に朝倉孝景と和睦する際は「土岐頼芸が守護職を頼純に譲る」条件で娘を頼純へ嫁がせることとし、このときに嫁がせたのが当時11歳の濃姫であったと言われています。
危機的状況では「こうするしかない」のでしょうね。

しかし守護となった夫・土岐頼純は『美濃国諸旧記』によると1547年(天文16年)8月の大桑城落城の際、あるいは同年11月に突然亡くなったと言われており、濃姫は夫の死によって実家に戻ったとの話も。
はっきりしたことはわかっていませんが、人生は運命に翻弄されることになっていますね。

信長との結婚・謎に包まれたその後

信長との結婚・謎に包まれたその後

image by PIXTA / 26154454

そんな濃姫が再び結婚するのは1549年(天文18年)。
この年2月24日に織田信長の元へ嫁ぐことになります。
この時濃姫は数えで15歳。
こうして結婚した信長との間に子どもはいなかったと言われていますが、戦国時代の伊勢国の出来事をまとめた軍記物「勢州軍記(せいしゅうぐんき)」では信長が1575年(天正3年)に側室・生駒吉乃(いこまきつの。
生駒殿とも言う)との息子・信忠を濃姫の養子にしたとの記録が存在。
ここでも人物像は全く見えてきませんね。

その後の濃姫については『美濃国諸旧記』から記載が途絶えることとなり、斎藤家の菩提寺・常在寺に父・道三の肖像を寄進したと記されたのを最後に歴史の記録から姿を消すことに。
こうして歴史から姿を消したことによって亡くなった時期は全く分かっておらず、菩提寺や戒名も現在までわからず。
最期についての事実がわからないところは「ミステリアス」な雰囲気がしますね。

濃姫と関係するエピソード

死にはいくつかの説あり

死にはいくつかの説あり

image by PIXTA / 12570709

生涯がミステリアスなものとなっている濃姫ですが、死の真相については有名な説が存在します。
1つは岐阜県岐阜市不動町にある「濃姫遺髪塚」の説明板から推測できる説で、こちらに「1582年(天正10年)6月1日の京都本能寺の変の折、織田信長公と共に討死に、その時に家臣の1人が遺髪を持ってこの地へ逃れ来て埋葬したもの」と記載されることから、信長が命を落とした「本能寺の変」で信長と最後まで一緒にいたとの説。
ここで亡くなったとすればおよそ47歳で亡くなったことになります。

しかし一方では安土・総見寺に所蔵される織田家の過去帳「泰巌相公縁会名簿(たいげんしょうこうえんかいめいぼ)」に「養華院殿要津妙玄大姉 慶長十七年壬子七月九日 信長公御台」とあり、この「信長公御台」が濃姫であるとの説も。
こちらの説であれば濃姫はおよそ78歳まで生きていたことになり、信長と共に「本能寺の変」で亡くなった説に比べて約30年長く生きたことになりますね。







信長との関係・信長と離縁説もあり

信長との関係・信長と離縁説もあり

image by PIXTA / 9253193

信長と結婚した濃姫は、信長との関係で意志の強さを見せたことも。
これは戦国時代の公家・山科言継(やましなときつぐ)の日記「言継卿記(ときつぐきょうき)の1569年(永禄12年)7月27日」に残されたもので、斎藤氏を倒した信長が斎藤義龍の妻に義龍後家が所持する壺を譲るよう迫ったところを拒否、どうしても欲しがるなら「斎藤家の人々と命を絶つ」と言ったとされています。
信長ほどの人物に面と向かって意見を言うとは、これが事実であれば信長の妻に適任と言えますね。

その一方で信長との間には「離縁説」も存在しており、信長の側室・吉乃が懐妊(1556年(弘治2年)頃)した頃に織田家を追放され、母方の叔父・明智光安の明智城に身をよせたとの説も。
これには道山が亡くなったことによって「政略結婚の意義」を失ったために返されたとの説があり、9月19日に稲葉山城主・斎藤義龍の攻撃を受けて城が落城する前に明智一族と運命を共にしたと言われる説も存在。
もともと「政略結婚」として結ばれた仲ですからわずかなきっかけで関係が壊れることはあるでしょうが、ここもはっきりとした資料がない以上謎と言えますね。

父・道山から渡された刀

父・道山から渡された刀

image by PIXTA / 6794191

濃姫は織田信長の元へ嫁ぐときにあるエピソードを残しています。
このとき父である斉藤道三は濃姫に一振りの懐刀を与えて「信長はしっかりしていないと言われているが、信長がおかしなことを考えたときはこの刀で刺せ」と伝えたのです。
彼らが生きていた時代は戦国時代、自分の命が狙われることも多い厳しい時代ですから、「いざというとき」のために渡しておくのは考えられることですね。

しかし刀を渡された濃姫が放った一言は驚くものでした。
渡された後に「それは分かったけど、もしかしたらこの刀で父上を刺すことになるかもしれません」と言い放ったのです。
この時代は血のつながった者であっても敵と味方がいつ変わるかわからない時代。
道山は「自分が斬られる」ことを覚悟していたのかもしれませんし、濃姫もそのような時代背景を理解して言い放ったのかもしれませんね。

濃姫の家族

次のページでは『マムシと呼ばれた父・斎藤道山』を掲載!
次のページを読む >>