「伏見稲荷大社」観光に行こう!京都観光常連が教える、外せないおすすめポイント

京都市伏見区にある伏見稲荷大社。全国にある約3万もの稲荷神社の総大社です。千本鳥居は有名で一度はテレビなどで目にしたことがありますよね。現在では日本だけでなく外国人の中でも人気があり、有名な観光スポットになっています。そんな伏見稲荷大社を京都旅行常連の筆者が、歴史や見どころをおさえながら紹介します。京都駅から電車で5分とアクセスがよく、駐車場はありますが大変混雑しますのでできるだけ公共の交通機関をご利用して参拝してください。

【京都常連が徹底ガイドのおすすめ記事】
京都観光の理想的な日帰りプラン5つ
殿堂入り!京都お土産ランキング BEST30


1.伏見稲荷大社ってどんな神社?歴史を見てみよう

1.伏見稲荷大社ってどんな神社?歴史を見てみよう

image by iStockphoto

伏見稲荷大社は旧稲荷神社と言い、もともとは伊奈利社と言われていました。
稲荷の一番古い縁起としては、山城国風土記に書かれているものが有名で、京都の太秦で権力のあった秦氏族が、711年稲荷山三ケ峰に五穀豊穣を願い稲荷神を奉鎮したことが始まりとされています。

平安時代には天皇家から神階が下賜され、稲荷祭もこの頃から始まり、大変多くの崇敬を集めました。
908年には藤原時平によって社殿が寄進され、今昔物語や枕草子などの書物にも描かれています。

鎌倉時代には神仏習合が盛んとなり、応仁の乱ですべて焼き尽くされますが、真言宗東寺の末寺や豊臣秀吉の寄進によって復興します。

江戸時代になると朝廷だけでなく全国の町民や商人に人気があり、朱色の鳥居を奉納するのもこの頃から始まりました。
明治時代には鳥羽・伏見の戦いで難を逃れたものの神仏分離がなされ、当時の仏殿や仏像は壊されてしまったそうです。
境内も1/4に縮小されましたが、当時は現在の4倍もの大きさがあったのかと思うと驚きですね。

2.広い境内での見どころは?参拝にあたっての注意

2.広い境内での見どころは?参拝にあたっての注意

image by PIXTA / 30269180

山全体が神域とされる伏見稲荷大社。
千本鳥居が一番の見どころですが、それ以外にもお立ち寄りいただきたいところもありますので、ご参考にしてください。
通路は舗装されていますが山なので登り道が多く細い道もありますので、歩きやすい服装や靴でお出かけくださいね。
ざっと一回りで1時間半、ゆっくり一回りで3時間かかります。
上まで行かず途中までのコースもありますので、自分にあった参拝をしてください。

また伏見稲荷大社は24時間参拝可能ですが、お守り授与所や祈願は正月期以外は時間が決められています。
夜にはライトアップされ幻想的な世界が広がりますが、足元には十分注意してくださいね。

2-1.豊臣秀吉が造営した「楼門」

2-1.豊臣秀吉が造営した「楼門」

image by PIXTA / 19456219

重要文化財に指定されている楼門。
この楼門は1589年豊臣秀吉が造営しました。
秀吉は母の病気回復祈願がかなったら1万石の社領を増やすという命乞いの願文(がんもん)を記しました。
この楼門は神社の中では最大級で大変見事です。

2-2.稲荷造の豪華な「本殿」

2-2.稲荷造の豪華な「本殿」

image by PIXTA / 34974041

かつての本殿は応仁の乱で焼失し、現在の本殿は1499年に再建されたものです。
安土桃山時代の豪華な造りで、懸魚(けぎょ)や垂木鼻、蟇股(かえるまた)の装飾は大変美しく、重要文化財に指定されています。

2-3.伏見稲荷大社の七不思議

伏見稲荷大社には七不思議とよばれるところがあります。
うっかりしていると見逃してしまうところもありますので、この機会に巡ってみませんか?

ここで紹介する7つ以外にも、間ノ峰にある荷田社(かだしゃ)の奴禰鳥居(ぬねとりい)、ロウソクでお産の時間がわかる御産婆稲荷のロウソク、社殿のない大八嶋社などもありますので、そちらもチェックしてみてくださいね。

(1)朱色の鳥居が並ぶ「千本鳥居」

(1)朱色の鳥居が並ぶ「千本鳥居」

image by PIXTA / 19179885

伏見稲荷大社といえばなんといっても千本鳥居。
本殿から奥の院に向かう参道が一番きれいなスポットですが、それだけでなく伏見稲荷大社の稲荷山の様々なところで千本鳥居があります。
この鳥居は参拝した方が奉納したもので、江戸時代から始まりました。
小さいサイズから大きいサイズまでありますので、祈願で奉納することができますよ。
ちなみに稲荷神社の鳥居の朱色は社殿とあわせ「稲荷塗」と言われているそうです。
願いことをお祈りしながら通ると願いが叶うそうですよ。

(2)田畑に撒くとよく実る「お山の土」

(2)田畑に撒くとよく実る「お山の土」

image by PIXTA / 34415684

お大和は本殿の背後にそびえる稲荷山のことで、この稲荷山の土を田畑に撒くとよく実ると言われています。
伏見稲荷大社の御祭神は五穀豊穣の神様なのでも有名ですね。
ちなみに昔は稲荷山の土を米粒ほどの大きさにに丸めて、銀色に塗られた「粒粒(つぼつぼ)」というものを撒いたそうですが、これが伏見人形の元祖と言われているそうです。

Writer:

日本全国の神社や仏閣、城址などを巡り、日本の歴史やその土地のグルメを堪能しています。日本の文化にも興味があり、その土地の伝統文化にも実際に触れ自分で体験してみたり積極的に飛び回っています。特に歴史ある京都は、毎年ウィークリーマンションを借りて住みながら四季折々を満喫しています。

この記事のカテゴリ

京都
国内
歴史

関連記事を見る

京都の記事を見る

負け戦に敢えて挑む男のプライド。秀吉に刃向った武将・九戸政実の生き様
築地市場近くのあの建物は何?知っておきたい築地本願寺の今と昔
京都観光前に知りたい「醍醐寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
京都観光前に知りたい「建仁寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
京都デートならここ!京都で結婚した私が教える、定番&穴場スポット53選
京都観光前に知りたい「知恩院」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
京都観光前に知りたい「天龍寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
京都観光前に知りたい「高台寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
戦うお坊さんは大名よりも強し!信長を手こずらせた顕如と石山本願寺のハンパない強さ
伏見城の今と昔を辿る。豊臣が築き家康が再興した幻の城
京都観光前に知りたい「仁和寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
京都観光前に知りたい「銀閣寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?