札幌観光ならここ!見どころをざっくりご紹介

江戸時代には「蝦夷地」と呼ばれていた北海道ですが、函館(当時は箱館と表記されていました)を中心とする渡島半島は松前藩。明治維新後、旧幕府軍と新政府軍はあちこちで戦いを続けましたが、箱館戦争がその一連の戦いの最後。今やその函館までは新幹線が通っていますが、近い将来は札幌まで新幹線が開通します。札幌は1875(明治8)年に最初の屯田兵が入植して都市を築きました。1922(大正11)年に市となったあと、1970(昭和45)年に人口100万人を突破。北海道随一の大都市札幌の街並みを歩きながら、その発展の歴史をたどってみることにしましょう。


札幌市の玄関口である札幌駅そのものが観光名所です

札幌市の玄関口である札幌駅そのものが観光名所です

image by PIXTA / 29131068

羽田空港から1時間半ほどの空の旅で新千歳空港に着陸します。
北海道地方のハブ空港しての役割を新千歳空港が果たしているのは言うまでもありません。
札幌駅へは、新千歳空港駅から15分ごとに発車しているエアポート快速で最速37分。
札幌駅にはショッピングやグルメの店舗が集中していて、ここだけでも十分に北海道が満喫できる観光名所。
JRタワーからは札幌市の街並みとそれを取り巻く石狩平野や周囲の山々の絶景が見られます。

札幌駅にはオフィスやホテルも入っているJRタワーのほか、大丸デパートやステラプレイス、それに地下街に通じるアピアとエスタがあり、東京と大差のないショッピングゾーンもあれば、北海道ならではの新鮮な海鮮やスープカレーなどが同時に楽しめますよ。
地下街に降りると、地下鉄でちょうど1駅先の大道理公園まで歩いて行けます。

大通公園はさまざまなイベントが行われる広場です

大通公園はさまざまなイベントが行われる広場です

image by PIXTA / 28102792

札幌駅から地下鉄南北線で1駅南に行くと大通駅。
南北線と並行して走っている東豊線にも大通駅がありますが、やはり地下でも地上でも歩いて行くのをお勧めします。
東西に走る通りのまんなかにさまざまなイベントの行われる大通公園があるのですよ。
大通公園の東の端には「さっぽろテレビ塔」、西の端には「札幌市資料館」がありますが、その距離なんと1.5キロメートル。
7.8ヘクタールの広い公園にはライラックやハルニレなど北国ならではの植物も植えられていて、芝生の広場のなかには噴水や子供たちの遊び場などもあるのですよ。

2月にはあの有名な雪まつりが開催され、多くの観光客を集めていますが。
5月から6月には「さっぽろライラックまつり」、7月から8月には「サッポロ大通ビヤガーデン」と「さっぽろ夏まつり」、9月から10月には「さっぽろオータムフェスト」、11月から12月には「ミュンヘン・クリスマス市」。
年中なにかしらのイベントが開催され、屋外でビールを飲んだり屋台の焼きトウモロコシを食べたり、いろいろ楽しめます。
札幌とミュンヘンとはビールが縁で姉妹都市になっているのですね。

円山公園には北海道神宮と円山動物園があります

円山公園には北海道神宮と円山動物園があります

image by PIXTA / 34174321

南北に走る地下鉄南北線と東豊線の大通駅と直角に交差する東西線の大通駅。
この東西線の大通駅から西に行くと円山公園駅に到着。
この駅から5分歩くと天然記念物に指定されている原始林のある円山公園。
大都会である札幌の中心部からそれほど遠くないところに原始林の生えた公園があるなどというのも札幌ならではですね。
もとは開拓使の試験場だったので原始林とは別に杉林もありますが、それはその名残とか。
桜の名所でもあるのですが、お花見の季節は5月というのもやはり北国ということですよね。

円山公園には競技場や野球場があるほか、東京の上野動物園の移動動物園をルーツとする円山動物園があります。
動物をできるかぎりその生息環境に近い状態で飼育しようという配慮がされているのですよ。
また、札幌のパワースポットとも呼ばれる北海道神宮も円山公園のなかにありますが、これは1869(明治2)年に明治天皇の詔によって開かれた「開拓三神」を祀る神社。
1964(昭和39)年には昭和天皇によって明治天皇も祀られて「神宮」となったわけですね。
深い木立のなかを歩いていると身も心も洗われるような荘厳な感じがしますよ。

狸小路とすすき野は夜の街です

狸小路とすすき野は夜の街です

image by PIXTA / 29408220

東西線で大通駅に戻り地上に出て少し南に行くと、狸小路と呼ばれる商店街があります。
東西と南北に幅の広い道路が十文字に交差している札幌市内のなかで、狸小路は「小路」と呼ばれるだけあって狭い道路。
左右に立ち並ぶ店には小路をおおう屋根が取り付けられていて、雨が降っても傘なしで歩くことができるのですよ。
このような通りをアーケードといって、地下街ができる前は全国の都市の中心部にありましたが、もとはパリのパッサージュをまねたもの。
札幌というとラーメンですが、狸小路にはもちろんラーメン屋さんも集まっています。

狸小路から少し南に歩くと、すすき野という歓楽街があります。
地下鉄だと大通駅から南に1駅行ったすすきの駅。
もともとは遊郭だったそうですが、その名残もいくらかとどめているようですが、飲んだり食べたりするのに札幌駅とはまた違った雰囲気で楽しむことができますね。
新鮮なヒツジの肉を使ったジンギスカンの店は行列ができるほど。
日本で最初のウィスキーは北海道の余市(よいち)で造られたという伝統があり、そのニッカウィスキーの経営するバーもあって、真夜中を過ぎても街は眠りません。

札幌市電で藻岩(もいわ)山まで行ってみましょう

札幌市電で藻岩(もいわ)山まで行ってみましょう

image by PIXTA / 25240966

かつては札幌市内を縦横に走っていた市電がほとんどすべて廃止され、今はすすき野停留所から札幌市の南西部をぐるりと一周して、大通停留所・狸小路停留所を通ってまたすすき野停留所に戻ってくる1路線のみ。
一周といっても、碁盤の目のような道路のうえを走る市電ですから円周ではなくほぼ長方形。
東京都の都電がほとんど専用軌道を走っているのとは違って、札幌市の市電はほふつうの道路を走っています。
この市電に乗ってすすき野停留所とはちょうど対角線上にあるロープウェイ入口停留所で降りて、そこからシャトルバスに乗ると「もいわ山ロープウェイ」の山麓駅。

札幌市内にロープウェイがあるというのも驚きですが、これで一気に中腹駅へと空中散歩ができるのですね。
もちろん歩道もあり、昼間なら天然記念物のクマゲラの鳴き声を聞きながら上っていくこともできるでしょう。
もしかしたらエゾリスやキタキツネに出会えるかもしれませんね。
中腹駅からは「もーりすカー」と呼ばれるミニケーブルカーで山頂駅へ。
そこからの眺めは抜群で、とくに夜景の美しさは長崎と神戸とならんで日本新三大夜景のひとつだとか。
こんなところも札幌市内にあるのですから、つくづく札幌という大都市の奥の深さに感動していまいます。

さまざまな文化施設のある中島公園は紅葉の名所です

さまざまな文化施設のある中島公園は紅葉の名所です

image by PIXTA / 16830157

札幌市の奥の深さはまだまだこの程度のものではありません。
地下鉄すすきの駅から南に1駅行くと中島公園駅。
その駅前にはさまざまな文化施設のある中島公園駅の入口があり、水天宮が出迎えてくれますね。
中島公園の中央部には菖蒲池があり、そのほとりには明治政府が建造した「ホテル豊平館」が建設当時の姿を見せてくれます。
明治天皇が最初の宿泊者だったということは、明治天皇のために建てられたホテルだったということでしょうね。

桜並木もあれば藤棚もあり季節の花を楽しむことができますが、中島公園はなんといっても紅葉の名所。
札幌市内で真っ赤に染まった紅葉が見られるのですよ。
江戸時代の茶人である小堀遠州の茶室「八窓庵」は雄大な北海道の自然のなかで異彩を放っています。
菖蒲池の南には「札幌市天文台」や「北海道立文学館」、それに「札幌コンサートホールKitara」もあり、文化の香りを吸ってみてください。
中島公園のすぐ隣には、北海道出身の作家で元医師だった渡辺淳一の文学館もありますよ。

南北線の終点真駒内(まこまない)にはオリンピック競技場ががあります

南北線の終点真駒内(まこまない)にはオリンピック競技場ががあります

image by PIXTA / 27237944

地下鉄南北線は中島公園駅を過ぎてゆるやかにカーブしながら、豊平川を越えていきます。
ここまで来ると札幌市ももう碁盤の目の道路ではなくなりますが、地下鉄の終点である真駒内駅周辺は札幌のベッドタウン。
1972年に札幌で冬季オリンピックが開催されたとき、このあたりがその中心だったのですよ。
真駒内駅からバスで行ったところに「真駒内公園屋内競技場」がありますが、これが冬季オリンピックの会場のひとつ。
2017年には冬季アジア札幌大会が行われます。

冬季オリンピックといえばスキーのジャンプですが、それは真駒内ではなく円山公園の裏手の「大倉山ジャンプ競技場」。
札幌市を取り囲んでいる山々にはスキー場もあり、雪の季節は長いのでウィンタースポーツをゆったりと楽しむことができますね。
スキーとは違って急な傾斜を一気に滑り降りて、空を飛んで着地するジャンプ競技。
こんな離れ技ができるようになるためには、幼い頃から少しずつこの感覚に慣れておく必要があるようで、ジャンプ選手の多くは北海道出身ですね。
ジャンプが無理な人たちは、大倉山展望台から下界を眺めてください。

Writer:

Piaristenというのは、教育を主体とする修道会のことで、あちにちにそれが運営する教会や学校があり、ウィーンに住んでいたとき、うちの子どもが八区にあるピアリステン小学校に通いました。専門はオーストリア文学ですが、私の研究している劇作家もここのギムナジウムを卒業し、壁には彼のレリーフが飾ってあります。

この記事のカテゴリ

北海道
国内
歴史

関連記事を見る

北海道の記事を見る

すすきのディナーならここ!皆に聞いた美味しかったレストラン・飲食店ランキングTOP10
大通公園周辺ディナーならここ!皆に聞いた美味しかった飲食店ランキングTOP5/北海道グルメ情報
大通公園周辺ランチならここ!皆に聞いた美味しかった飲食店ランキングTOP6/北海道グルメ情報
函館ランチならここ!皆に聞いた美味しかった飲食店ランキングTOP8/北海道グルメ情報
子供も大人も大喜び!馬と自然の新感覚テーマパーク、ノーザンホースパークに行ってみた!
【北海道の温泉42選】温泉愛好家がおすすめする温泉施設はここ!
出奔されてもコイツが必要!と伊達政宗に思わせたデキる親戚・伊達成実ってどんな人?
【パナマの歴史】運河に翻弄されながら繁栄を遂げた熱き国の物語
抜群の透明度!初夏の支笏湖をカヤックで進む
えりも発!シーカヤックでアザラシの赤ちゃんに逢いに行く
激走!知床~釧路「よい景色と美味しいものを目指して」
世界遺産・知床半島!洋上から見る秘境と野生動物たち