松永久秀は稀代の悪党か?あの信長を2度も裏切った、やりやい放題の伝説まとめ

織田信長や豊臣秀吉…戦国時代と言えば、そのあたりの名が思い浮かぶと思います。しかし、信長・秀吉の織豊時代の少し前に目を向けてみると、そこにとんでもないヤツがいることに気付くはず。その名は松永久秀(まつながひさひで)。東大寺大仏殿を焼き討ちし、室町幕府将軍を暗殺し、あの信長を2度も裏切った…と、その伝説はまさにやりたい放題。きわめつけはその最期で、爆死を遂げたという話もあるんです。出自不明、自分の力だけでのし上がった下剋上のはしりとも言える人物に、今回は注目してみましょう。


出自は…はい、わかりません!

出自は…はい、わかりません!

image by PIXTA / 27783808

松永久秀の生まれ年は、室町時代後期の永正5(1508)年とも永正7(1510)年とも言われています。
世界では、新大陸発見に沸いた大航海時代が同じ頃ですね。

生まれた年もはっきりしませんが、出身地についてはそれ以上にはっきりしません。
様々な説があり、阿波国(徳島県)、山城国(京都府南部)、摂津国(大阪府)など、簡単にまとめれば「あまりよくわからない」ということになり、身分の高い出自ではなかったということがわかります。

しかしここから、彼は高みへと駆け上っていくのです。

三好家との出会い

三好家との出会い

image by PIXTA / 19522404

誕生から約25年後、天文2(1533)~天文3(1534)年ごろ、久秀は三好長慶(みよしながよし)に仕えるようになっています。
三好家は阿波国を本拠地とした武家ですが、長慶は摂津国の守護代(守護の代わりとして各国の軍事的な行政官役を担う)をしていました。
彼はやがて力を持ち、将軍を追放して三好政権を樹立してしまうほどの人物なんですよ。

そんな三好長慶のもとで、久秀は右筆(ゆうひつ/祐筆とも)という仕事をしていました。
右筆とは秘書役で、主の文章を代筆するのがメインですが、事務方をすべて取り仕切るような重要な役割を任されることもありました。

また、武将として戦にも出るようになっており、部隊を任されるようになっています。

出自もはっきりしないような人物がここまで出世するということは、久秀の能力が優れていたことに他なりません。
一方、三好家の家風として、譜代(長年仕えている家来のこと)や家柄にこだわらなかった様子であることが、久秀にはプラスだったのでしょう。

どこの馬の骨とも知れぬ者から、三好家の家宰へ!

どこの馬の骨とも知れぬ者から、三好家の家宰へ!

image by PIXTA / 1158463

天文18(1549)年、キリスト教が日本に入ってきたその年、三好長慶は政敵だった幕府ナンバー2の管領(かんれい)・細川晴元(ほそかわはるもと)と13代将軍足利義輝(あしかがよしてる)らを近江国(滋賀県)へ追放しました。

これで、将軍は存在していますが、近江に追放の身。
長慶は政権運営者として、まさに天下人となったわけです。

ということで、公家や寺社は三好家と関わりを持つようになります。
その仲介役に久秀は抜擢されたのでした。
コミュニケーション力に優れ、頭の回転も良くなければできない仕事です。

そして、長慶は細川晴元と敵対する細川氏綱(ほそかわうじつな)を管領に担ぎ出して上洛しますが、この時に久秀は三好家の家宰(かさい)に任命されました。
家宰とは、家長に代わり家の一切を取りしきる役です。
加えて、彼は長慶の娘を妻とし、三好家内でおそらく最も重要な地位に就いたのでした。

茶の湯に通じた一流の教養人

出自もはっきりしない久秀ですが、どこで学んだのか、茶の湯に通じていました。
茶の湯はただ茶を点てるだけではなく、茶器や床の間の掛物など、すべてを評価する総合芸術だったんです。
それに通じているということは、相当の教養の持ち主だったということですね。
そして、彼は多くの名茶器を所有していました。
それが彼の運命を左右することにもなるのですが…後で登場することになりますのでお待ちください。

遂に城持ちの身に昇格

遂に城持ちの身に昇格

image by PIXTA / 21045156

上洛後、久秀は京都の防衛などで残敵掃討作戦に参加し、武将として活躍します。

天文22(1553)には畿内(きない/都に近い国々のこと。
ここでは山城・大和・河内・和泉・摂津の5ヶ国を指す)を平定し、摂津国滝山城(兵庫県神戸市)主となっています。
ついに城持ちにまで出世したというわけですね。

そして長慶のブレーンとして、幕政にも参画していくようになるのです。
ちなみに、その後状況は変化し、長慶と細川晴元は和睦しています。

なんと将軍の側近に抜擢

なんと将軍の側近に抜擢

image by PIXTA / 513067

永禄2(1559)年、河内国(大阪府東部)と大和国(奈良県)への遠征に向かった久秀は、信貴山(しぎさん)城へと移ります。
そして翌年、興福寺(こうふくじ)に勝利をおさめます。
当時、寺社勢力というのは武将よりも大きな戦力を持っていたりしたんですよ。

長慶と細川晴元が和睦により、将軍・足利義輝も都へ戻りました。
どんどん功績を挙げていく久秀は、義輝の御供衆(おともしゅう)に抜擢されます。
御供衆とは文字通り将軍のお供ですが、配膳などにまで関わることもあり、将軍に非常に近い地位だったんです。
しかも長慶の嫡男・義興(よしおき)と同時にこの役目についており、それだけ高い評価を受けていたことがわかります。
そのため、義輝に呼ばれて出仕することも多くなりました。
それでいて長慶からの信頼も絶大で、「相住(同居)」していたというんです。

そんなこともあり、彼は三好政権と将軍の仲介役として、重要な役割を果たすようになっていきました。
つまりは、彼自身も天下を左右する存在にまで成り上がったということになりますよね。

誰よりも早く天守をつくった男

の頃、久秀は信貴山城を改修し4階建ての天守を築いています。
今でこそ城と言えば天守というイメージですが、当時はそうではありませんでした。
後の居城である多聞山(たもんやま)城にも、彼は天守をつくっています。

これより少し後、織田信長がつくった安土城の天守の見事さが伝わっていますが、久秀は信長よりも早く天守をつくっていたということになります。
彼のセンスや考えが、当時の最先端を行っていたことがわかりますね。

Writer:

世界と日本がどのように成り立ってきたのか、歴史についてはいつになっても興味が尽きません。切っても切り離せない旅と歴史の関係を、わかりやすくご紹介していけたらと思っています。

この記事のカテゴリ

歴史

関連記事を見る

歴史の記事を見る

京都観光前に知りたい「天龍寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
石田三成に過ぎたるものといわれた「佐和山城」ってどんなところ?
京都観光前に知りたい「高台寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
豪華すぎる!麗しの宮殿・赤坂迎賓館の歴史と成り立ちについて
ド派手な軍装で汚名返上の大活躍!「鈴鳴り武者」仙石秀久の波乱万丈ストーリー
信長よりも先に「天下人」となった男がいた!?その名は、三好長慶
伏見城の今と昔を辿る。豊臣が築き家康が再興した幻の城
静岡県は名所・旧跡の宝庫!オススメの歴史的スポットは?
京都観光前に知りたい「銀閣寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
横浜観光で行きたい!歴史的スポット9選
【沖縄・今帰仁村(なきじんそん)の旅レポ】「今帰仁城跡」と「古宇利島」で絶景&歴史を満喫する旅
「温泉」=「うんぜん」?!歴史ある良泉リゾート・雲仙温泉の魅力とは