世に聞こえたる「鬼玄蕃」佐久間盛政、無敵の若武者の潔い最期

佐久間盛政(さくまもりまさ)という戦国武将をご存知ですか?柴田勝家(しばたかついえ)を叔父に持ち、織田信長に仕えた彼の異名は、その名も「鬼玄蕃(おにげんば)」。聞いただけでド迫力ですが、その通り、彼は戦場で無類の強さを誇った武将でした。しかし、その生涯はわずか30年と本当に短いものだったんです。盛政が駆け抜けた、太く短く、濃い人生を知れば、きっと彼の魅力のとりこになるはず。彼が貫いた武士の誇り、感じてみませんか?

織田家を支える佐久間一族に生まれて

織田家を支える佐久間一族に生まれて

image by PIXTA / 33247123

盛政が生まれたのは天文23(1554)年のことでした。
時期的には、今川義元・武田信玄・北条氏康らが勢いを誇り、この3者による「甲相駿(こうそうすん)三国同盟」が結ばれた年でもあります。
同年代の武将なら、1つ上に毛利輝元(もうりてるもと)、2つ下に上杉景勝(うえすぎかげかつ)らがいます。

盛政の父は佐久間盛次(もりつぐ)と言い、織田信長の重臣である佐久間信盛(のぶもり)とは同族でいとこ同士でもありました。

そして母は、同じく織田家の筆頭家老にもなった柴田勝家の姉。
つまり、盛政は勝家の甥でもあるわけです。
織田の重臣一族として、家臣団の中でもかなり毛並みの良い生まれでした。
特に柴田家との結び付きは強く、弟のひとり・勝政(かつまさ)は勝家の養子に入っています。

他にも弟がいますが、みなすべて兄と同じく勇猛な武将に成長しているんですよ。

戦の経験を積みまくった少年~青年期

戦の経験を積みまくった少年~青年期

image by PIXTA / 33071157

盛政の初陣は永禄11(1568)年、15歳の時でした。
当時とすれば平均的な年頃です。
参戦したのは観音寺(かんのんじ)城の戦いで、室町幕府で力を持っていた六角氏と信長の戦いでした。
当時の信長は「天下布武(てんかふぶ/武力をもって天下を平定する)」を実行に移し始めた頃で、この戦いは畿内(きない/京に近い国々を指す)平定に乗り出した節目の戦でもあったんですよ。
もちろん、信長の勝利に終わっています。

その後、盛政は着々と戦場経験を積み、猛将へと成長していきます。
その中には撤退を余儀なくされたものもありましたが、父や叔父のそばでその戦いぶりを見ていたことでしょうね。
叔父・柴田勝家もまた「鬼柴田」という異名を誇った武将でしたから、「叔父上、カッコいい…!」と思っていたかもしれません。

叔父・勝家の与力となる

叔父・勝家の与力となる

image by PIXTA / 33247130

信長が室町幕府最後の将軍・足利義昭との戦いに勝って彼を追放し、幕府が滅びた後の天正3(1575)年、叔父・勝家が越前国(福井県)を与えられ、盛政はその与力(よりき)となりました。

さて、与力って聞いたことがありますか?

時代劇をよくご覧になる方は、町奉行の下で警察みたいな役割を果たす人たちを思い浮かべるかもしれませんね。
十手(じって)を手にして「御用だ!」みたいな。

しかし、この時代の与力は違います。

戦国時代は、主君の下である程度の力を持った武将に、加勢をするように言いつけられた武将のことなんですよ。

盛政だけでなく、前田利家(まえだとしいえ)や佐々成政(さっさなりまさ)らといった武将たちも勝家の与力となり、柴田家家臣団のようなものを形成していたんです。

盛政にとって勝家は実の叔父ですから、結び付きは一般的な与力よりも強かったとは思いますが。

信長も手を焼く一向一揆に対峙!

信長も手を焼く一向一揆に対峙!

image by PIXTA / 33247124

柴田勝家が任された北陸方面には、一向一揆(いっこういっき)という信長にとって厄介な存在がいました。

一向一揆とは、浄土真宗本願寺教団の信徒による、支配権力に対する一揆のこと。
特に北陸の勢力は強く、戦国大名を滅ぼすこともあったんですよ。

おそらく信長は、家臣の中でもトップクラスの柴田勝家に成長目覚ましい若武者・盛政をつけることで、さらなる力を発揮してもらおうと考えていたんだと思いますよ。

北陸方面の中でも加賀一向一揆というのは、長享2(1488)年から天正8(1580)年まで、およそ百年も続いた手ごわい勢力でした。

それに盛政は対峙することとなったんです。

盛政、一揆勢を壊滅させる

盛政、一揆勢を壊滅させる

image by PIXTA / 33071158

さすがの勝家と盛政でも何度か敗戦を喫することとなりましたが、鳥越(とりごえ)城の戦いでようやく一向一揆勢に勝利を収めます。
この一揆勢は特に強いと評判でしたが、それに勝った彼らの粘り強さもまた、信長からの評価を大きく上げるものでした。

それだけでなく、盛政は一揆勢の最後の拠点である寺院・尾山御坊(おやまごぼう)を攻め、ついには陥落させたんです。
これが、一揆の終焉を告げる天正8(1580)のことでした。

この活躍ぶりに対し、信長は加賀の半分と尾山御坊をそのまま盛政に与えます。
そして盛政は尾山御坊を金沢城とし、初代城主となりました。

金沢城といえば、加賀百万石・前田家のイメージがありますが、実は、初代城主は盛政だったんですよ。

一族の過失は自分の過失!自ら蟄居

実は、一揆勢を攻める直前の天正8(1580)年8月、父のいとこで信長の重臣でもあった佐久間信盛が、信長の不興を買って高野山に追放されています。
戦のやり方がまずかったとか、何も働いてないとか、信長的に何か気に入らないところがあったようですが、まあ気分的なものもあったんでしょう(たぶん)。

一族の過失ということで、盛政は自ら蟄居(ちっきょ/家から出ず謹慎する。
当時は刑罰のひとつでもあった)を選びます。
別に誰かに言われたわけじゃないんですよ。

それでも、盛政はそうすることで自分の信長への忠義が揺るぎないものであることを示そうとしたんでしょう。
そのためか、すぐに蟄居は解かれたようで、それで盛政は同年11月の尾山御坊の戦いで大活躍を見せていたんですね。

鬼玄蕃・盛政の誕生

鬼玄蕃・盛政の誕生

image by PIXTA / 33247121

このように、戦での大活躍とその潔い武士の精神から、盛政はいつしか「鬼玄蕃」との異名を取るようになりました。
玄蕃とは「玄蕃允(げんばのじょう)」という役職から来ています。

身長六尺(約182cm)を超えた、堂々たる体格だった盛政ですから、戦場ではいっそう鬼のように見えたんでしょうね。

その鬼玄蕃・盛政は、数々の活躍によって信長から感状(かんじょう)ももらっています。

感状とは、当時の武家にとってはものすごく名誉なものだったんです。
主が家臣に対してその武功をたたえた文書で、公文書でもありました。
武士にとっては自分の能力の証明であり、これを持っていると、再仕官の道を選んだときにもとても有利だったんですって。

盛政の能力に、あの信長が太鼓判を押したということになるわけです。
この時、まだ盛政は20代後半。
すごいとしか言えません…!

xiao

Writer:

世界と日本がどのように成り立ってきたのか、歴史についてはいつになっても興味が尽きません。切っても切り離せない旅と歴史の関係を、わかりやすくご紹介していけたらと思っています。

この記事のカテゴリ

歴史

関連記事を見る

歴史の記事を見る

湯河原温泉の歴史とお薦めスポット3選!万葉集にも詠まれた古湯です
世界遺産「カトマンズ」の魅力と歴史。ヒマラヤに抱かれし栄光の都
「平将門」の歴史。天皇になろうとして失敗するも、後世に残した影響とは?
小早川隆景ってどんな人?毛利家内でいちばんの切れ者
京都観光前に知りたい「東寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
サンフランシスコの観光で行きたい!「歴史的」観光スポット11選
西南戦争ってどんな戦争だったの?九州南部全域を巻き込んだ、近代最後で最大の内乱
京都観光前に知りたい「三十三間堂」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
「後三年の役」ってどんな戦い?東北地方の覇者によるお家騒動
明石城観光前に知りたい!日本100名城「明石城」ってどんなところ?
足利義輝の生涯を追う。室町幕府末期に鮮烈に散った剣豪将軍
平安時代中期の反乱「前九年の役」をもっとよく知ろう