姫若子?鬼若子?四国の偉人「長宗我部元親」の半生を辿る

長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)。『信長の野望』というゲームソフトの中で初めてその武将を見たとき、何て珍しい名前なんだろうと驚いた記憶があります。その後時代小説などを通して、信長や家康と同時期に活躍した戦国武将のひとりであり、四国を統一した重要人物であることを知りましたが、ゲームの中ではかなり能力の高い武将なのですが、実際にはどういう人物だったのか、名前ほどのインパクトがないというか、どうも今一つピンとこないような気がしてなりません。長宗我部元親とは何者なのか?その足跡を辿ってみようと思います。






土佐の出来人・長宗我部元親の生涯(1)

長宗我部氏とは

長宗我部氏とは

image by PIXTA / 22476679

長宗我部氏のルーツについては諸説あるのだそうですが、中国秦の始皇帝の流れを汲むと言われている秦氏(はたうじ)が祖である、すなわち飛鳥時代に秦氏の繁栄を築いた秦河勝(はたのかわかつ)が祖先ではないか、という説が有力視されています。
その秦氏が後に土佐に入ったのが長宗我部の始まりと見られていますが、いつ頃土佐に入ったのかについては定かではないようです。
少なくとも平安末期から鎌倉初期頃には、長宗我部は土佐の地に落ち着いていたものと思われます。

土佐を治める武将豪族は他にも多数あって、他と比べても、長宗我部氏は決して強い力を持つ家ではありませんでした。
それでも他勢力としのぎを削りつつ、長宗我部氏は代々長く続いていきます。

応仁の乱が終わった後で世の中が不安定な状態に陥っている頃、長宗我部氏は19代兼序(かねつぐ)のときに土佐の他勢力に追われ、滅亡の危機に直面。
かろうじて生き残った兼序の嫡子・国親(くにちか)は長宗我部氏復興に奔走し、20代当主となります。
内政や軍備を整え、強い長宗我部氏を作り上げた国親は、”野の虎”と呼ばれる猛者。
一度奪われた岡豊城(おこうじょう)を奪還し、土佐の他勢力を次々に制圧する国親。
しかし志半ばにして病に倒れ、亡くなってしまいます。

長宗我部の再興を果たした国親の息子が、我らが長宗我部元親です。

若き日の長宗我部元親・誕生から家督相続まで

若き日の長宗我部元親・誕生から家督相続まで

image by PIXTA / 22476683

長宗我部元親が生まれたのは1539年(天文8年)。
現在の高知県南国市にある岡豊城(おこうじょう)で産湯を使います。
少年時代の元親は長身ながら細面で色白、どこかなよなよとしていておとなしい性格で、ついたあだ名は「姫若子(ひめわこ)」。
よく言えば茫洋、悪く言えば軟弱のうつけ者。
長男ゆえ、後継ぎにして大丈夫だろうかと父・国親を悩ませた時期もあったのだそうです。

1560年(永禄3年)、父・国親は土佐の他勢力のひとつであった本山氏を攻撃(長浜の戦い)。
この戦で元親は父と共に出陣し、遅い初陣を飾ります。
このとき元親は自ら槍を持って特攻。
猛然と敵陣に切り込む姿を見た家臣たちから、「鬼若子」と称賛されることになります。

もう、あのひ弱そうな「姫若子」はどこにもいません。
同じ年、病に伏せた父・国親は元親の成長を喜び、全てを任せてこの世を去ったのです。

元親は長宗我部21代当主となり、宿敵・本山氏を倒すことを念頭に、はては四国統一を目指して、家臣らと力を合わせて躍進していきます。

長宗我部氏・四国平定への道

長宗我部氏・四国平定への道

image by PIXTA / 3060449

長宗我部氏には「一領具足(いちりょうぐそく)」という、独特の兵士組織が存在していました。
普段は農業を営んでいる領民が、領主から戦の招集がかかった際にすぐ馳せ参じることができるよう、農作業をしている最中も、常に一領(ひとそろい)の具足(武器や鎧)を田畑のそばに置いていたことから、そう呼ばれるようになりました。
考案者は父・国親であると考えられています。
農繁期の出陣は収穫に影響が出てしまう可能性がありますが、普段、農作業で身体を動かしているため、健康で丈夫な者が多く、兵士としてのレベルは高かったようです。

元親は父が築き上げた一領具足をフル稼働させて、宿敵・本山氏を倒し、土佐のライバル勢力たちを次々に制圧していきます。
あるときは武力押しで、あるときは敵のお家騒動や内紛につけこむなど策を講じて、元親は精力的に動き回り、1574年(天正2年)にはほぼ、土佐の地を手中に。
元親の目には既に、伊予、阿波、そして讃岐と、土佐の外の領地へと向けられていました。







土佐の出来人・長宗我部元親の生涯(2)

天下統一に動く織田信長との関係

天下統一に動く織田信長との関係

image by PIXTA / 9684232

元親が土佐を統一した1574年、時代は戦国時代まっただ中で、日本中で国盗り合戦が繰り広げられていました。
そんな中、めきめきと勢力を伸ばしていたのが、天下布武を掲げて天下統一を目論み暗躍する尾張の織田信長でした。

長宗我部元親の奥さんは、明智光秀の重臣であった斎藤利三の親戚。
そして明智光秀は織田信長の家臣。
明智光秀は織田陣営の外交官として、元親とも頻繁に会っていたようで、そんな縁もあって信長と元親は同盟を結ぶことになります。

当時の信長は、四国の讃岐や阿波(現在の徳島県・香川県)を治めていた三好氏と敵対関係にあり、元親が三好氏を攻めることになれば、信長にとっても好都合でした。
信長と同盟を結び勢いを増した長宗我部軍は、四国でどんどん勢力を伸ばしていきます。

元親の勢いは、信長の予想を上回るものだったのかもしれません。
脅威を感じたのか、信長は元親から三好氏に鞍替えし、土佐と阿波の一部以外のそのほかの領地をよこせと言ってきます。
元親はこれに反発。
いい関係だったのに一転、信長と元親は対立関係に陥ってしまうのです。
1582年(天正10年)、信長は元親を攻めるべく、四国を攻めるべく、大軍を編成します。

信長に本気で攻め込まれたらひとたまりもありません。
今から軍を編成していたのでは間に合わない。
長宗我部大ピンチ状態です。
しかしこの年、本能寺の変が起こり、明智光秀が信長を殺害。
信長の死によって、辛くも元親は危機を脱したのでした。

天下人・豊臣秀吉との対立

天下人・豊臣秀吉との対立

image by PIXTA / 2015130

天下統一を目前まで進めていた信長の死によって、中央政権は混乱必至の状態でした。
誰が信長の意思を継ぐのか、誰が天下人になるのか。
実権を握りつつあるのは羽柴秀吉、後の豊臣秀吉でした。

中央の混乱に乗じ、元親は四国平定を推し進めます。
勢いを増す秀吉と対峙する柴田勝家や、有力大名の徳川家康とも連携し、秀吉をけん制しつつ、四国の対抗勢力を制圧し、阿波や讃岐を掌握。
長宗我部氏は四国統一を推し進めます。

しかし、決断の時は迫っていました。
対立か、降伏か。
元親が四国統一に邁進している間に、有力大名たちは次々と秀吉の手中に落ち、ある者は手を結び、もはや秀吉の覇権は確実なものとなっていたのです。
元親は柴田勝家と共に秀吉に抵抗を続けますが、秀吉の攻撃の矛先は四国にも向けられます。

柴田勝家が秀吉との争いに敗れてこの世を去った後も、元親は秀吉への抵抗を続けました。
1584年(天正12年)の小牧・長久手の戦いでは織田信雄に味方し秀吉と対峙。
秀吉が送り込んできた仙石秀久の軍を引田の戦い、第二次十河城の戦いで撃ち破り、勢いに乗って伊予で勢力を拡大します。

しかし時代は既に、秀吉に軍配を上げていました。
小牧の戦いで織田信雄が秀吉と和睦し、翌年、秀吉の弟に当たる羽柴秀長率いる10万の大軍が元親に仕向けられます。
四国の城は次々落とされ、道を裁たれた元親はついに降伏を決意。
秀吉のもとへ趣き服従を誓うのでした。

次のページでは『元親を変えた息子・信親の死』を掲載!
次のページを読む >>

Writer:

歴史と歴史小説と遺跡を愛してやまない東京都在住の主婦。子供のころからの大の時代劇ファン。国内外問わず歴史小説を読むようになり、NHK人形劇「三国志」を見て中国史にはまって大学では東洋史学を専攻。愛猫とじゃれながら歴史小説を読み漁る毎日を送っている。趣味は古地図を眺めることとカメラ片手の街散策。

この記事のカテゴリ

四国
国内
歴史

関連記事を見る

四国の記事を見る

四国の雄・長宗我部氏の転落劇の主人公・長宗我部盛親の数奇な人生!
【臥竜山荘の歴史】崖からせり出した不老庵と、苔むした緑豊かな庭園が見どころ
【大洲城観光の前に知りたい】肱川の名前の由来は悲しい話?「大洲城」の歴史
人生で最も印象的だった「中山虫送り」。小豆島・中山千枚田の年中行事は一見の価値あり
小豆島に来たら絶対行きたい! 2大スポット「オリーブ公園」「エンジェルロード」
山奥に咲く芝桜が絶景! 隠れた名所「高開の石積み」へ
「来島海峡大橋」を渡って 橋と瀬戸内の多島美が魅せる絶景の旅
一度は降りてみたい絶景の無人駅「下灘駅」で 美しさとおもてなしに触れるデトックス旅
自然と人の営みが育んだ愛媛県宇和島地区のシンボル 「遊子水荷浦の段畑」で味わう豊かな旅
3000年の歴史のある湯の街・道後温泉とお城めぐり
【高知県】家族連れにも楽しい「のいち動物公園」を楽しもう【18歳未満・高校生以下は入園料無料】
【高知県】世界に2つしかない、モネの庭。北川村の「モネの庭」で、芸術鑑賞と庭園探索を楽しもう!