スケール桁違い!アメリカの歴史建造物について調べてみました

ワシントンD.Cの中心部にそびえ立っている剣のような形をした白い巨塔「ワシントン記念塔」をご存知ですか?あれってどういう建物なのかな、と常々思っていたんです。いろいろ調べてみると、アメリカには他にも歴史ある巨大建造物が数多くあって、建設までの経緯や歴史など、興味深いところがたくさん!アメリカで歴史的建造物が見たい!とお思いの方に、旅行の訪問地域を絞る際の参考にしていただければ、思います。

アメリカ合衆国西部(太平洋側)の歴史的建造物

”国の父”の偉業を称えた記念碑「ワシントン記念塔」

”国の父”の偉業を称えた記念碑「ワシントン記念塔」

image by iStockphoto

ワシントンD.C.の中心部に位置する国立公園「ナショナルモール」の中心にそびえ立つ。
白い石造りのオベリスク。
アメリカ独立戦争の時にアメリカ軍を勝利へ導いたアメリカ初代大統領ジョージ・ワシントンの功績を称えて建てられた、アメリカ合衆国大統領記念碑です。
オベリスクとは、古代エジプトの神殿に見られる石造の碑(方尖塔)のこと。

1848年着工。
しかし南北戦争などの影響から資金不足となり、完成したのは1884年。
大理石、花崗岩、砂岩などアメリカ国内で産出した石をおよそ3万6千個も使って築かれている、高さ169m(約555フィート)の巨大記念塔。
石造りの建造物としては世界最長の高さを誇るのだそうです。
もちろんエジプトにあるどのオベリスクより巨大。
しかし計画の段階では、270mくらいの高さにしようとしていたというから驚きです。

1858年頃に一度工事が中断し、20年ほど経ってから再開しているため、積み上げられた大理石の色合いが途中から(地上46m付近)若干異なります。

外から見るだけのものなのかな、と思いきや、なんと塔の中には小型エレベーターがついていて、最上階が展望室になっているのです。
ただ、残念ながら、エレベーターの故障が頻発するなどの問題があり、最上階へは上がれないことが多くなっているようなので、どうしても上がってみたい!という方は、事前にチェックをしてからお出かけになってください。

昔も今も変わらないシアトルのシンボル「スペースニードル」

昔も今も変わらないシアトルのシンボル「スペースニードル」

image by iStockphoto / 70994153

まるでてっぺんにUFOが乗っているかのような不思議な形のタワーが、ワシントン州北西部の街シアトルにあります。
ひところまで、高層タワーの象徴的な存在だった「スペースニードル」です。

建設は1962年の万国博覧会のとき。
高さ184mの高層建造物は当時、アメリカ西部ではまだ珍しかったせいか、1日2万人もの来場者が展望台からの光景を一目見ようと、このタワーに集まったのだそうです。
展望台の位置は地上159mで、シアトルの市街地はもちろんのこと、かなたに広がる山脈まで見渡すことができます。
建設当時の構想はやはり「空飛ぶ円盤」だったのだそうです。

現在、シアトルの街中には随分とたくさんの高層ビルが並ぶようになりました。
スペースニードルより高い建物が当たり前になってしまいましたが、それでもシアトルの街の写真では、スペースニードルが中心になっているものが多いです。
半世紀以上の時を経てもなお、シアトルのシンボルであり続けるタワー。
展望台には23時頃まで入場できるので夜景もオススメですが、是非、明るい空の下、ちょっと離れた場所から、高層ビル群を背景に眺めてみてください。
きっといい一枚が撮れると思います。

朱に輝くシスコのシンボル「ゴールデン・ゲート・ブリッジ」

朱に輝くシスコのシンボル「ゴールデン・ゲート・ブリッジ」

image by iStockphoto

ワシントン、シアトルときたらカリフォルニア州サンフランシスコへ。
ここにもこの街を象徴する歴史的建造物があります。
サンフランシスコ湾と太平洋を結ぶ海峡に架かる、鮮やかな赤い色の巨大な吊り橋。
厳密には朱色ということになるそうですが、橋の名前は架かる海峡にちなんでつけられたため”金”の字がつきます。
日本では”金門橋”と表記されることも。
「ゴールデン・ゲート・ブリッジ」です。

1933年に着工し、1937年に完成。
主塔の高さは水面から227m、主塔間の長さは1,280m、橋の全長が2,737m。

この後、アメリカ国内でも次々と大きな吊り橋が造られていきますが、1964年にニューヨークのヴェラザノ・ナローズ橋(スパン:1,298m)が完成するまでは、スパン(支点間の距離)で世界一を誇っていました。
現在、スパン最長のつり橋は、明石海峡大橋です。

橋は徒歩で通ることもできるので、歩いて渡ろうとする人も結構います。
また、橋の周辺には、橋を間近で見られる公園やビュースポットがたくさんあるので、ベストポジションを探してみるのもオススメです。
行き帰りの交通手段に問題なければ、夕暮れ時にも是非、足を運んでみてください。







山の斜面に”HOLLYWOOD”どれくらいの大きさ?「ハリウッドサイン」

山の斜面に”HOLLYWOOD”どれくらいの大きさ?「ハリウッドサイン」

image by iStockphoto / 15623903

建造物か?と言われると少々弱いところですが、これぞアメリカ、とも言うべきシンボルを、カリフォルニア州からもうひとつ。
今度はロサンゼルスのサンタモニカ丘陵。
荒涼とした山の斜面に、白い文字で”HOLLYWOOD”と文字が並ぶ光景を、写真や映像で誰しも一度は見たことがあるのではないでしょうか。

あれは「ハリウッドサイン」といい、1923年に住宅地開発の広告として設置されたもので、当時は”HOLLYWOODLAND”という綴りで、電飾なども付けられていたのだそうです。
1年ぐらいで撤去する予定が、ロサンゼルスの映画業界が盛り上がってきてこの広告も有名になり、そのまま残されたものと思われます。

しかし、そんなにしっかりした造りではなかったため、何年か経つうちにいくつかの文字が破損。
1970年頃には、右端の”LAND”はほぼ見えなくなり、”HOLLYWOOD”もOの字が朽ちて何と書いてあるのか読み取れなくなってしまったのです。

管理者不在の看板広告。
本来ならそのまま放っておかれるところを、さすがロサンゼルス、この看板の保全を訴える声が上がります。
寄付が集まり、もっと丈夫なスチール製の素材による文字への架け替えが行われることになったのです。
その際、”LAND”は取り払われ、”HOLLYWOOD”という文字列だけを残すことになりました。

1文字あたりの大きさは、高さ14m、幅9m。
現在は、電飾などはついておらず、山肌に白い文字が横に並ぶシンプルな造りでさらに人気を増し、このサインを背景に写真を撮る観光客も。
かなり離れたところからでもよく見えるので、ハリウッドサインが見える位置を探して街を歩くのも楽しいです。

アメリカ合衆国東部(大西洋側)の歴史的建造物

自由の国・アメリカはこの地から「独立記念館」

自由の国・アメリカはこの地から「独立記念館」

image by iStockphoto

アメリカ合衆国の歴史に触れるなら、独立にまつわるスポットは避けて通れません。
ペンシルベニア州のフィラデルフィアには、アメリカ独立宣言が行われた場所があります。

もともとはペンシルベニア州の議事堂として建設された建物。
そこに1776年7月4日、イギリスに統治されていた13の植民地(ニューハンプシャー、マサチューセッツ、ロードアイランド、コネティカット、ニューヨーク、ニュージャージー、ペンシルベニア、デラウェア、メリーランド、ヴァージニア、ノースカロライナ、サウスカロライナ、ジョージア)の代表者が集まります。
そしてトーマス・ジェファーソンが起草したアメリカ独立宣言へ署名。
このときからこの建物を「独立記念館」と呼ぶようになりました。

1790年~1800年まで、フィラデルフィアはアメリカの首都として機能していきます。
アメリカ合衆国議会議事堂が置かれ、建物の元老院が2階を、代議院が1階を使用していたことから、上院・下院という呼び方になっていった、等々、思わず「なるほど!」と唸ってしまうような情報がたくさん。
建物の周辺は公園になっていて、のんびりくつろぐことができます。

次のページでは『世界最高峰の名門校をちょっと覗き見「ハーバード大学」』を掲載!
次のページを読む >>