スペイン観光ならここ!魅力がギュッと詰まった歴史的スポット10選

スペイン王国はヨーロッパ南部イベリア半島に位置する国。国土は日本のおよそ1.3倍、ヨーロッパ大陸で3番目に大きく緑豊かな国土に、およそ4600万人の人々が暮らしています。首都は国のほぼ中央に位置する都市マドリードです。
初期人類最古の痕跡から20世紀最大級の巨大建造物まで、様々な遺構が残る国、スペイン。観光地としても大人気です。そんなスペインの歴史的スポット、うんと古い時代から、少しずつ辿りながらご紹介してまいります。


大迫力!スペインに行ったら必ず見たい先史時代の遺跡・遺構

三時代の巨石古墳「アンテケラのドルメン遺跡」

三時代の巨石古墳「アンテケラのドルメン遺跡」

image by iStockphoto

先史時代とは、文字のない(文字による記録のない)、発掘品や遺跡の調査・分析による情報によって解明される時代の総称。
石器時代や青銅器時代などを指して言います。
そんな時代の遺跡や遺構が、スペインにはたくさんあるんです。

その中のひとつが、スペインの南部アンダルシア地方マラガ近郊のアンテケラにある「アンテケラのドルメン遺跡」。
ヨーロッパを代表する巨石建造物です。

ドルメンとは”支石墓”や”埋葬地”という意味があるのだそうで、「古墳」と考えたほうがわかりやすいかもしれません。
ひとつの地域にいくつかの時代の遺跡が集まっていると考えられていて、その保存状態が良いことなどから2016年に世界遺産に登録されました。

「メンガ支石墓」は紀元前3000年頃の青銅器時代に造られたもので、横幅5m、高さ4m、奥行き25mの巨大古墳。
30以上もの巨石が使われており、最も大きなの重量はおよそ180tにもなるのだそうです。
石を組み上げた後に土で覆ったようで、一見、小高い丘のように見えます。

メンガから少し離れたところにあるのが「ビエラ支石墓」。
紀元前2500年から2000年前に造られたと考えられており、こちらも30近い巨石で組まれた墳丘型をしています。

この2つの古墳から4㎞ほど離れたところにあるのが「エル・ロメラル」。
近年になって、先の2つより少し新しい紀元前1800年頃の遺跡であることがわかり、石の種類や間取りが異なっているため、別の地域の都市文化の影響を受けているのではないか、とも考えられています。

人類誕生の謎解明なるか?「アタプエルカの考古遺跡」

スペインの北部のカスティーリャ・イ・レオン州ブルゴス県の町アタプエルカ。
ここにも、いくつかの時代の遺跡が折り重なるように残されています。
2000年に世界遺産に登録された「アタプエルカの考古遺跡」は、鉄道建設工事中に偶然発見されたのだそうです。

この一帯はカルスト地形(石灰岩などが雨や地下水によって浸食されてできた大地)による複雑な侵食地形で、洞窟や岩穴がそこかしこに。
ここに、旧人類から青銅器時代に至るまで、長期間に渡る人類の生活の痕跡が多数発見されているのです。

その中の40ほどの洞窟の中から、化石や人骨、古代人の生活の跡などがたくさん発見されています。
特に注目を集めているのが「シマ・デ・ロス・ウエソス(骨の採掘坑)」で、ネアンデルタール人の祖先でおよそ35万年前のものと思われる人骨や、ホモアンテセソールという80万年前の人骨、さらに120万年前と言われる人骨まで発見され、大変話題になりました。

現在も鋭意発掘調査中で、さらなる新しい発見があるのではと、期待が寄せられています。

浸食台地に広がる発掘調査現場は圧巻。
勝手に見学することはできませんが、見学ツアーが1日数回催されているので、発掘現場を間近で見ることも可能です。

珍しい屋外壁画「コア渓谷とシエガ・ベルデの先史時代の岩絵遺跡群」

先史時代の壁画というと、洞窟や岩穴などに描かれたものを思い浮かべる人が多いと思いますが、屋外に残されたものもあるんです。
スペインとポルトガルにまたがるようにして広範囲に渡る岸壁に描かれた岩絵は、まず1998年にポルトガルのコア渓谷が世界遺産に登録され、2010年にスペインのシエガ・ベルデが追加登録となりました。
紀元前2万年から1万年頃、旧石器時代のものと思われる岩壁画。
双方とも、同時代に描かれたものと考えられています。

この遺跡が発見されたのは1980年代。
発見当時、コア渓谷周辺でダムの建設計画が持ち上がっていました。
考古学者を始めとする有識者たちはこの遺跡を残すべくチームを結成し、ついにダム建設は中止に。
一帯を公園として一般に開放するなどして、歴史遺産の保全が叶ったのです。

発見された岩絵は22カ所。
発見が早かったこともあり、7割ほどがコア渓谷側です。
完全屋外、青空の下に広がる岩壁に、牛や馬、人物などが、力強い線で活き活きと描かれています。
絵の大きさはさまざまで、小さなものから等身大のものまで多種多様。
着色ではなく、細く滑らかな線で表現されています。

スペイン側からでも、コア渓谷の線画を見学可能。
青空の下の珍しい先史岩絵遺跡。
見ごたえ抜群です。

超有名!旧石器時代の洞窟美術「アルタミラ洞窟」

フランスの「ラスコー洞窟壁画」と並んで、おそらく誰もが一度は目にする先史遺跡ではないでしょうか。

スペインの北部、カンタブリア州のサンタンデル近郊にある旧石器時代の洞窟壁画「アルタミラ洞窟」。
1985年に世界遺産に登録(2008年拡張)された、世界的にも有名な遺跡です。

アルタミラ洞窟の壁画は旧石器時代のものと考えられており、大きく2つ、およそ1万8500年前のものと、1万6500年から1万4000年前のものが含まれています。
1万3000年頃に落石によって洞窟の入口が塞がれたため、壁画は外気に触れることなく現在に至ったのだそうです。
もし落石がなかったら、壁画はすべて消えてしまっていたのかも、と考えると、感慨深いものがあります。

描かれているものは牛や馬、イノシシなど動物が中心で、赤い洞窟の長さは約270m。

残念ながら現在では、壁画の損傷を防ぐため一般公開はされておらず、代わりに見学できるのは原寸大の洞窟に描かれたレプリカのみ。
しかし、洞窟の高さや壁の雰囲気は本物そのものなので、絵をどうやって描いたのか、想像を働かせることは可能。
入口には博物館があり、絵の解説など展示も豊富です。

スペインの歴史を物語る歴史的建造物たち

ローマ帝国時代の貴重な遺構「セゴビアの水道橋」

ローマ帝国時代の貴重な遺構「セゴビアの水道橋」

image by iStockphoto

スペインがあるイベリア半島は海に突き出した肥沃で温暖な土地。
先史時代から人々の暮らしがあったことは数々の遺跡が物語っていますが、紀元前12世紀頃になると、ギリシャやフェニキアなど地中海勢力が上陸し都市を形成していき、領地を争うようになります。
そして紀元前200年頃からローマ帝国が徐々にイベリア半島も侵攻。
500年にも及ぶローマ帝国の支配が始まります。

そんなローマ帝国時代の遺構が、スペインの首都・マドリードの北に位置する町・セゴビアに。
紀元前1世紀に造られたとされる「セゴビアの水道橋」です。

ローマ帝国はセゴビアの町を制圧した後、高い技術をもって水道橋を築き、高低差を利用して遠くの川から町まで水を引きました。
そのときに築いた水道橋が、ほぼ完全な状態で残っているのです。

セゴビアの水道橋は高さ約29m、長さは800mにもなる巨大建造物。
精巧に切り出された石を丁寧に積み上げ、16㎞離れた場所から水を引いています。
重機もセメントもない、2000年以上も前にこれだけの巨大建造物を造り上げるとは。
ローマ帝国の技術の高さがよくわかります。

橋の足元には歩道が整備されており、真下から見上げながら橋に沿って歩くことが可能。
脇の階段を上って橋と同じ高さから見る眺めも絶景です。
まるでここだけ時間が止まっているかのような、不思議な光景が目に飛び込んできます。

Writer:

歴史と歴史小説と遺跡を愛してやまない東京都在住の主婦。子供のころからの大の時代劇ファン。国内外問わず歴史小説を読むようになり、NHK人形劇「三国志」を見て中国史にはまって大学では東洋史学を専攻。愛猫とじゃれながら歴史小説を読み漁る毎日を送っている。趣味は古地図を眺めることとカメラ片手の街散策。

この記事のカテゴリ

スペイン
ヨーロッパ
歴史

関連記事を見る

スペインの記事を見る

スペイン随一の絶景「ラ・コンチャ海岸」。白い砂浜と美しい海は必見!
神様のパワーにあやかりたい!歴史と神秘に包まれた世界の聖地10選
新大陸発見以前のスペインを知っていますか?レコンキスタの足跡を巡るスペイン7つの街
人間の暴力と悲劇の20世紀を語る!ピカソの大作『ゲルニカ』が防弾ガラスに守られていたのはなぜ?
【スペインの世界遺産】歴史的な教会群から自然まで揃う。スペインの世界遺産を紹介!
スペイン観光なら次はここ!「マヨルカ島」で見たい絶景10選
コスタリカ観光なら次はここ!「サンホセ」で見たい絶景10選
スペイン観光なら次はここ!「レオン」で見たい絶景10選
地中海を望む美しい街並み。スペイン「ネルハ」で見たい絶景10選
西へ西へと航海し世界一周を達成!世界周航初の達成者マゼラン艦隊の軌跡を追う
ヨーロッパ旅行に行きたい!女子旅におすすめの美しい都市30選
アフリカの玄関、モロッコの「タンジェ」観光の見どころ