北欧の大国スウェーデンで出会う歴史ある重厚な建造物たち

福祉大国、スカンディナヴィア半島、オーロラ、青と黄色、IKEA、H&M、50代以上の人なら「ABBA」と聞いたらピンとくるかもしれません。北欧の大国スウェーデンに関係するものを並べてみました。でも、どんな歴史を持つ国なのか、有名な観光地は?と聞かれるとちょっとわからない、という人も多いのではないでしょうか。実はスウェーデン、寒い国ならではの荘厳でスタイリッシュな建造物が多いことでも知られているんです。どんな建造物があるのでしょうか?ごく一部ですが、ご紹介してまいりましょう。






北欧の権力と美の象徴!美しくも壮大な城・宮殿

部屋数600以上!世界最大級の巨大王宮「ストックホルム宮殿」

部屋数600以上!世界最大級の巨大王宮「ストックホルム宮殿」

image by iStockphoto

首都ストックホルムはスウェーデンの東の端、メーラレン湖とバルト海の入り江との接点にある、細い半島や小さな島々を繋いでできたような水の都。
その島のひとつが、旧市街と呼ばれ古い建造物が数多く残るガムラスタンという地区です。
スウェーデンで歴史ある建造物を見たいならまずここへ足を運ぶべきでしょう。
古き良き街並みが残る路地は風情ある趣きで、観光客が多く訪れる観光スポットにもなっています。
そんなガムラスタンの中にあって一際目立つ巨大な建物が”王宮”と呼ばれる「ストックホルム宮殿」です。

外観は真四角で整然としており、3階建てですがもっと高い建物にも見えます。
西、南、東、北と幅100mを超える4棟の建物から構成されていて、中には600を超える部屋があるのだそうです。
スウェーデンの君主の公邸として使われていて、現在も現役で王宮として使用されている建物としては世界最大のもののひとつに当たります。

もともとは13世紀に建てられた防衛用の要塞だったのだそうですが、後に何度か改装され、宮殿として使われるようになりました。

公務に差し支えのない範囲で、宮殿の一部が一般公開されていて、室内の豪華な装飾やインテリアなどを見ることが可能。
宝物館や博物館などもあり、見ごたえ満点です。
季節によっては、王宮を護る近衛兵たちの衛兵交替式を見学することもできます。

北欧のヴェルサイユと称される「ドロットニングホルム宮殿」

北欧のヴェルサイユと称される「ドロットニングホルム宮殿」

image by iStockphoto

メーラレン湖によって作り出されるストックホルム近郊の複雑な地形。
その中に浮かぶ小島のひとつローベン島に、「北欧のヴェルサイユ宮殿」と呼ばれる美しい宮殿があります。
「ドロットニングホルム宮殿」。
「ドロットニングホルム」 とはスウェーデン語で”王妃の小島” を意味する言葉なのだそうで、クリーム色の柔らかな外観を持つ美しいバロック様式はまるで湖で戯れる白鳥のように優雅。
その名の通り、歴代の王妃たちに愛され、大切に使われ続けてきました。

始めは1662年、時のスウェーデン王カール11世の母の命で、20年以上の歳月をかけて建てられたもの。
その後、何度となく増改築が繰り返され、現在に至ります。
建物は代々、焼失後の再建や増改築によって変わってきていますが、敷地内に広がるバロック様式の庭園はほぼ、当時のままの姿を今に残しているのだそうです。

現在でも、王室の住まいとして使用されていますが、一部分は一般にも公開されていて見学することができます。
夏場は特に、庭の緑が美しく、散策を楽しむ人々の姿で賑わいを見せるほか、演劇やオペラが上映されることもあるのだそうです。

スカンジナビアに残る最古の城塞「マルメ城」

スカンジナビアに残る最古の城塞「マルメ城」

image by iStockphoto

スカンジナビア半島の東側に位置するスウェーデンは南北に長い国。
半島の最南端、スコーネ地方にある港湾都市マルメには、半島に残る最古のものとされる城塞があり、その雄姿を今に伝えています。
「マルメ城」です。

マルメは13世紀頃から既に、主に漁港として栄えており、一時期デンマーク領となっていた時代もあったという歴史ある都市。
狭い海峡を挟んで、デンマークの首都コペンハーゲンとはすぐお隣同士という地形で、船で行き来することも可能。
現在ではコペンハーゲンと橋やトンネルでつながっています。

そんな歴史を持つマルメの街の南側に、バルト海一帯を支配していた(デンマーク王とも呼ばれる)ポメラニア公エーリク7世の命で15世紀半ば、巨大な城塞を建造開始。
海運を管理し街を守ることが目的でしたが、後に王室の別荘や牢獄として使用された時代もあり、その都度増改築が繰り返されてきました。

周囲をぐるりと水路で囲まれた四角い敷地の中には、赤いレンガ造りの強固な建造物。
水路には細い橋が架けられていて、城門をくぐって中に入る構造になっています。
敷地の両側に建てられた赤い円柱型のぽってりとした建物が印象的です。

現在、敷地内には博物館や水族館など様々な施設が並んでおり、ファミリーで楽しめるテーマパークのような感じになっています。
もちろん建物や庭園を見学する目的で訪れる人も多い観光スポット。
地元に人たちの散歩コースにもなっていて、ゆったりとくつろげる空間が作られています。







色も形も様々!個性豊かなスウェーデンの教会建築

スウェーデン最古の街に残る教会跡「聖オロフ教会」

首都ストックホルムから北西40㎞ほど、メーラレン湖に面する町シグトゥーナは、現存するスウェーデン最古の町と言われています。
北欧の海をバイキングが行き来していた時代、およそ980年頃に造られたとされており、町にはたくさんの遺跡や墓所、ルーン文字(ゲルマン民族の使用していた最古のアルファベット)による石碑などが点在。
スウェーデンの歴史を知るうえで欠かせない場所となっています。

そんな町にあるのが、現存するスウェーデン最古の教会の跡「聖オロフ教会」。
1100年代に建てられたもので、大小さまざまな石を積んで築かれた歴史を感じさせる造りが特徴的です。
屋根は無くなってしまっていますが、かなり大きな建物であったことがわかります。
現在では教会として使われているわけではなく、廃墟となってしまっていますが、建物の見学は可能です。

当時はまだ、新しい宗教であったキリスト教は、ここシグトゥーナからスウェーデン国内に広まっていきました。
11世紀頃、バイキング時代は終わりを迎え、変わってキリスト教を中心とした都市づくりが始まろうとしていたものと思われます。
教会や石碑は歩いてまわることが可能なので、900年以上昔の賑わいを想像しながら歩くのもよさそうです。

旧市街地に建つ由緒ある教会「ストックホルム大聖堂」

旧市街地に建つ由緒ある教会「ストックホルム大聖堂」

image by iStockphoto

ストックホルムの旧市街ガムラスタン地区には、ストックホルム最古の由緒ある教会があります。
13世紀後半に建てられた「ストックホルム大聖堂」です。

ストックホルム宮殿のすぐ近くにあり、街の歴史と共に増改築を繰り返してきた建造物。
だんだんと大きくなっていったようで、現在のような大聖堂となったのは15世紀後半だと言われています。
ここは長年、ストックホルム王室と深いつながりを持ってきました。
歴代の王の戴冠式や王室の結婚式など様々な儀式がこの大聖堂で執り行われてきたのです。
21世紀に入ってからも、2010年にヴィクトリア王女が結婚式を挙げたことで世界中の注目を集めました。

オレンジ色がかった外壁に緑色の尖った屋根が印象的な外観。
外部の装飾は思ったほど華美ではなく、その分、堂々とした大きさが際立ちます。
王室が儀式で使う教会ですから当然、内装はびっくりするほど豪華です。
時間があえば、オルガン演奏や聖歌隊の練習などに立ち会うことができるかも。
夏場は観光客向けにクラシックコンサートが催されることもあるそうなので、聖堂内の見学スケジュールなどを事前にチェックしてからお出かけになってみてください。

Writer:

歴史と歴史小説と遺跡を愛してやまない東京都在住の主婦。子供のころからの大の時代劇ファン。国内外問わず歴史小説を読むようになり、NHK人形劇「三国志」を見て中国史にはまって大学では東洋史学を専攻。愛猫とじゃれながら歴史小説を読み漁る毎日を送っている。趣味は古地図を眺めることとカメラ片手の街散策。

この記事のカテゴリ

スウェーデン
ヨーロッパ
歴史

関連記事を見る

スウェーデンの記事を見る

スウェーデン、北極圏に位置する町「キールナ」で見たい絶景10選
次の旅はエーランド島でゆっくり過ごそう。
【図書館好きが伝授】これであなたもストックホルム市立図書館に行きたくなる!
魔女の宅急便の舞台はここ!「ヴィスビュー」で見たい絶景10選
スウェーデン旅行なら「スカンセン」は外せない!行き方や入場料、見どころは?
海に囲まれた芸術の街、スウェーデン「イエテボリ」のスポット10選
都市景観と自然に包まれたスウェーデン、実は憎まれっ子だった歴史を追う
スウェーデン観光なら次はここ!「マルメ」で見た絶景10選
疲れてるなら次の旅行先はここかな…スウェーデン文化に癒やされる5の理由
スウェーデン人の心の故郷 ダーラナ地方を巡る旅
北欧は城までおしゃれ!スウェーデンの城「グリプスホルム城」
寝室が水中に!ターコイズブルーの海で、魚に囲まれて眠ってみませんか?