無敵の軍神!戦国の名将「上杉謙信」にまつわる9つのギモン

戦国時代最強とも言われる武将・上杉謙信。歴史にそれほど興味をお持ちでなくても「名前くらいは知ってるかも」という人も多いのではないでしょうか。時代劇では阿部寛さんや佐藤浩市さん、Gacktさんなど長身のイケメン俳優さんが演じることが多いので「かっこいい武将」というイメージが定着しているように思われますが、実際はどんな人物だったのでしょう?謎めいた部分の多い上杉謙信にまつわる謎・疑問、まとめてみました!


謎多き武将・上杉謙信の人となりについて

上杉謙信とはどんな生い立ち?どんな人?

上杉謙信とはどんな生い立ち?どんな人?

image by PIXTA / 8208964

上杉謙信は1530年(享禄3年)、越後(現在の新潟)で守護代を務めていた長尾為景の息子として生まれます。
次男か三男か四男か諸説あるようですが、長男ではなかったようです。
幼名は虎千代。
父・長尾為景は越後国守護の上杉氏に仕えていました。

1536年(天文5年)、父が隠居し、兄・晴景が長尾家の当主となります。
一方の虎千代は長尾家の菩提寺であった林泉寺(現在の新潟県上越市内)に入門し、禅や兵学などを学び広い知識と信仰心を培っていきました。

間もなくして父・為景が死去。
兄・晴景はまだ若く、家臣たちを取りまとめていく力などありません。
長尾氏の周囲は次第に不安定になっていきます。

1543年(天文12年)に元服して長尾景虎と名乗るようになり、翌年起きた越後豪族たちによる反乱を、わずかな兵を巧みに動かして見事鎮圧。
長尾景虎若干15歳にして初陣を勝利で飾ります。
その後も何度か戦に勝利し手柄を立てていきますが、そのことが兄・晴景との間に溝を作ってしまうのです。
長尾家当主の兄・晴景と、若いながら天才武将として頭角を現し始めた景虎。
家臣たちの中にも景虎につこうとする者が続出します。
そして1548年(天文17年)、上杉家が間に入り、景虎が兄・晴景の養子に入る形で家督を継ぎ、晴景は隠居。
景虎は19歳で長尾家当主となり、守護代を務めることとなったのです。

どんな場所・どんな城に住んでいた?

どんな場所・どんな城に住んでいた?

image by PIXTA / 12617476

現在の新潟県上越市内にある標高182mの小高い春日山に築かれた、春日山城というお城が、上杉謙信の居城でした。
別名「鉢ヶ峰城」とも呼ばれているこの城は、もともとは越後国守護であり長尾家の主君であった上杉氏が越後府中の館の詰め城として築いたもの。
そこを父・長尾為景が切り開き、天然の要害と言われる難攻不落の城を築き上げ、その後謙信がさらに強固な城にt繰り上げていきました。
近くには、謙信が幼少の頃過ごした林泉寺もあります。

山の地形を活かし、やや北側に設けた本丸を中心に高低差を利用して曲輪を階段状に配置した、守りの固い連郭式山城。
まだ石垣こそないものの、裾野には1㎞以上にも渡って築かれた土塁と堀が特徴的で、周囲には支城や砦を張り巡らせています。

1550年(天文19年)、景虎が長尾家当主として春日山城に入った2年後のこと。
仕えていた上杉家当主が後継者を残さず死去します。
そのため、時の将軍・足利義輝から謙信(当時はまだ長尾景虎)に越後の国主を務めるようお達しが届きます。
まだ若い景虎。
当然、長尾家内でも反発する動きが。
謙信はすかさずこれを制圧し、若干22歳で越後統一を果たします。

以後、謙信の養子となった上杉景勝も春日山城を居城としますが、1598年(慶長3年)に豊臣秀吉の命により会津へ移動。
さらに江戸時代に入ると交通の便の悪さなどから別の場所に城が建てられ、1607年(慶長12年)、春日山城は廃城となります。

長尾景虎、上杉輝虎、上杉謙信…どれが本当の名前?

長尾景虎、上杉輝虎、上杉謙信…どれが本当の名前?

image by PIXTA / 380988

上杉謙信は生涯で何度か名前を変えています。
昔は、仕えた主君から1文字もらったり、縁起を担いで改名することがよくあったのです。
時は戦国、多くの武将たちがしのぎを削る時代、自分を少しでも強く見せるため、あるいはほかの武将や役人たちが治めていた領地を(後継者不足や内紛などの理由で)拝領する際に、より影響力のある歴史の長い名前を譲り受けたり、時には勝手に名乗ったりしていた武将もいました。

謙信(当時はまだ長尾景虎)が春日山城の城主になって間もないころ、関東管領だった上杉憲政が関東の北条氏や甲斐(現在の山梨県のあたり)の武田氏に追われ、越後へ逃げてきます。
後に憲政からの要請もあって関東管領を引き継ぐことになるのですが、その際「上杉家」の家名も譲られ、憲政から一文字もらって「上杉政虎」と名乗るようになったようです。
さらにその後、室町幕府第13代将軍足利義輝から1文字もらって「上杉輝虎」と名乗るように。
「謙信」とは正式には1570年(元亀元年)、41歳頃から名乗るようになった法号(仏門に入った者に授けられる名)で、正式には「不識庵謙信」というのだそうです。

謙信の生涯は戦の連続でした。
武田、北条、そしてメキメキ頭角を現してきた織田信長とも対峙するようになり、晩年も戦の準備に明け暮れていたようです。
侵攻してきた織田軍を手取川の戦い(1577年・天正5年)にて撃破した後、次の戦いに討って出ようと春日山城に戻った際に倒れ、帰らぬ人となってしまいました。
享年49歳。
死因についてははっきりしていませんが、脳溢血の可能性が高いと言われています。

上杉謙信の墓所はどこに?

上杉謙信の墓所はどこに?

image by PIXTA / 33366556

謙信の亡骸は鎧を着せられ、太刀と共に甕(かめ)の中に納められ密封されて、春日山城内の不識庵に埋葬された伝えられています。
その後、謙信と縁の深い林泉寺に供養塔が建てられました。
また、上杉家が会津や米沢に移動になるに際に、若松城や米沢城内にも埋葬されたと言われています。
越後を離れ別の土地を治めることになった後も、上杉家にとって、戦国の世に於いて強くあり続けた謙信は精神的な支えとなっていたようです。
米沢藩で代々崇敬を集めた謙信は、明治維新後は米沢藩の歴代藩主を埋葬した上杉家廟所(山形県米沢市)に埋葬されました。
また、米沢城本丸奥御殿跡、現在の松が岬公園内には上杉謙信を祀る上杉神社が建てられています。

さらに、生前、謙信は岩殿山の大日如来によく手を合わせていたそうで、その遺言から、岩殿山明静院(新潟県上越市)にも供養塔が建てられました。
そのほかにも、元服を終えたばかりの頃に城主を務めていたのが栃尾城であったということから、栃尾市美術館(新潟県長岡市)の前庭にも、謙信を供養する謙信廟が建てられています。

「軍神」「聖将」と呼ばれ人々から崇められていた上杉謙信。
その人気は今も変わらず、縁の地には戦国の雄を忍んで多くの人が足を運んでいます。

最大のライバル・武田信玄との関係とは

なぜ武田信玄とは敵対関係にあったの?

なぜ武田信玄とは敵対関係にあったの?

image by PIXTA / 6702335

謙信が家督を継いだ頃の日本は、身分の高い低いに関係なく、力のある武将が戦いによって領地を広げ、互いに争い合う時代に突入していました。
謙信が治めていたのは越後(今の新潟県のあたり)でしたが、領地のすぐ南側、信濃一帯(今の長野県のあたり)まで、甲斐(今の山梨県のあたり)の武田信玄が勢力を伸ばし、越後との境界線を脅かうとします。
さらに、彗星のごとく現れて伊豆、相模、武蔵(現在の伊豆半島、神奈川県、埼玉県)を抑えた北条早雲が、上野(こうずけ・現在の群馬県のあたり)まで侵攻してきて、同じく越後と危うい関係になりつつありました。
さらに、隣接してはいませんでしたが、太平洋側の駿河、遠江、三河(今の静岡県、愛知県のあたり)では今川家、徳川家が力を持ち、そのお隣の尾張(今の愛知県の西部)ではあの織田信長が力をつけ始めていて、取るか取られるか、一触即発の緊張状態が続いていたのです。

特に武田の領地は、北条、今川、上杉に囲まれ、西側は高い山々が連なるという立地。
戦わなければ領民を守ることはできません。
武田信玄は勢力拡大のため血も涙もなく誰彼構わず攻め滅ぼし、次々と領地を獲得していきます。

一方の謙信は、若いころから仏に仕え、基本的には勢力拡大を目論むわけではなく、義を重んじて戦っていました。
戦いに臨むもの・ポリシーは真逆。
信玄の戦い方は銅にも気に入りません。
そんな謙信のことを、信玄も嫌っていたようです。
さらに、領地が近く利権を争う機会が多かったため、敵対関係が激化していったものと思われます。

Writer:

歴史と歴史小説と遺跡を愛してやまない東京都在住の主婦。子供のころからの大の時代劇ファン。国内外問わず歴史小説を読むようになり、NHK人形劇「三国志」を見て中国史にはまって大学では東洋史学を専攻。愛猫とじゃれながら歴史小説を読み漁る毎日を送っている。趣味は古地図を眺めることとカメラ片手の街散策。

この記事のカテゴリ

歴史

関連記事を見る

歴史の記事を見る

偉大すぎる父とできすぎた弟たちを持った毛利のプリンス・毛利隆元の苦悩
絶対敵にしたくない男No.1!「敵はとりあえず暗殺」の宇喜多直家、でも家臣は大事にした?
奈良時代から現存する「東大寺法華堂」ってどんなところ?
秀吉は本当に一夜で城を完成させたの?岐阜・墨俣城を訪ねてみた
出奔されてもコイツが必要!と伊達政宗に思わせたデキる親戚・伊達成実ってどんな人?
冬の立山連峰を越えた男・佐々成政、時代に翻弄された悲劇の最期
負け戦に敢えて挑む男のプライド。秀吉に刃向った武将・九戸政実の生き様
秀吉vs勝家!決戦の地・賤ヶ岳古戦場の歴史を辿る旅
小牧山城で近世城郭の始祖・織田信長の築城技術を学ぶ
宿敵・松永久秀との戦いに半生を捧げた筒井順慶、「日和見主義」の誤解を解く!
公家趣味が彼を滅亡に追い込んだ?大内義隆を殺したのは、かつての愛人だった…!?
実は史跡や文化財の宝庫!日本を代表するホテル「椿山荘」の歴史とは