きっとまた行きたくなる!由布院温泉の成り立ちと歴史的スポット

大分県のほぼ中央部に位置する人気の温泉地、由布院温泉。古い歴史ある温泉なのかと思いきや、温泉地としての歴史は意外にもそれほど古くなく、人気の観光地として知られるようになったのは平成になってからと言われています。旅行雑誌などによる人気温泉地ランキングでも常に上位に入り、リピート率も高いという由布院温泉。どんな歴史があるの?「由布院」と「湯布院」の違いは?どうしてそんなに人気があるの?由布院温泉の観光スポットをご紹介しながら、その歴史と魅力に迫りたいと思います。






「由布院」と「湯布院」~名前の由来と温泉の歴史

意外と新しい?由布院温泉の歩み

意外と新しい?由布院温泉の歩み

image by PIXTA / 23130135

由布院温泉(ゆふいんおんせん)は湧出量・源泉数共に全国第2位。
標高1,584mの活火山・由布岳の麓に位置し、毎分38,600リットルという豊富な湯量を誇る温泉地です。
現在では、リピート率の高さでも常に上位に位置する人気の温泉地ですが、観光温泉地としての歴史はそれほど古くありません。

もともと由布院は、東側の別府湾一帯に点在する別府十湯(べっぷじっとう)のひとつに数えられていました。
しかし明治末期から大正にかけて行われた区画整理の一環で由布院温泉と塚原温泉が除かれ、別府湾に近い地域にある温泉が「別府八湯」と呼ばれるようになったのです。
外された2つの温泉地も別府の奥座敷として親しまれていましたが、別府のような歓楽街や大型ホテルが進出してくることはありませんでした。
40年ほど前まで、由布院温泉は小さな旅館が十数軒建つだけの、小さな温泉街でしたが、そのことが逆に由布院を人気の温泉街へと引き上げる原動力となったのです。

飲み屋街もネオンもなく、自然豊かで静かな温泉街。
それがファミリー層や女性客からの支持を集め、由布院は人気の温泉街へと成長していきました。

由布院の名前が人気観光地として認識されるようになったのは、昭和の終わりから平成に入ってから。
一時はダムやゴルフ場の建設計画が持ち上がったこともあったそうですが、地元の人々の尽力によって、温かくくつろげる古き良き景観は現在も守られ続けています。

「由布院」と「湯布院」どちらが正しい?

「由布院」と「湯布院」どちらが正しい?

image by PIXTA / 18848957

もともとの地名は「由布院町」だったそうですが、戦後陥った財政危機から、1955年(昭和30年)、湯平村と合併。
両方の地名を取り入れて「湯布院町」という地名が誕生しました。
その後、2005年(平成17年)に近隣の挾間町・庄内町と合併して由布市が誕生。
湯布院町という地名は消滅しました。
名前の経緯から考えると、もともとあった地名が由布院で、湯布院は合併によって誕生した地名、ということになります。
そして現在の由布院温泉の住所は”大分県由布市湯布院町”と大変ややこしいことに。
観光ガイドなどでも「由布院温泉」と記している場合もあれば、「湯布院温泉」と書かれることもあります。

旧湯平村を含む地域全体を表す場合は”湯布院”、温泉地や駅名など合併前からあった地域や施設には”由布院”と、湯布院町という地名が誕生した当初は使い分けをしていたそうです。
しかし、実際の地名が「湯布院町」であることや”湯”という文字が含まれることなどから、県外の観光客にもわかりやすいよう「湯布院温泉」と表記することも。
さらに平成に入って「由布市」が誕生したことで混乱はさらに深まり、現在に至っています。

こうした地名の変遷を熟知している地元の皆さんはというと、どちらがどう、と強くこだわっているわけではない様子。
「由布院」でも「湯布院」でも正解。
さらに、最近ではひらがなで”ゆふいん”と表記されるケースも出てきているとか。
地名の歴史はややこしいけど、難しく考えずにお湯を楽しんでもよさそうです。

「由布」ってどういう意味?由来は?

「由布」ってどういう意味?由来は?

image by PIXTA / 11563355

「ゆふいん」とは、何とも不思議な響きの地名です。
どんな由来があるんでしょうか。

由布院温泉に恵みをもたらす由布岳は綺麗な円錐形をした活火山で、別名「豊後富士(ぶんごふじ)」とも呼ばれている名峰。
古くから多くの人々の信仰を集めてきました。

奈良時代初期、現在の大分県周辺の風土をまとめ編纂された『豊後国風土記(ぶんごのくにふどき)』では「柚冨峯(ゆふのみね)」と書かれています。
柚冨とは木綿(ゆう)のこと。
風土記によれば、山の周辺の里の木の皮を取って木綿(ゆう)を作っていたのだそうです。
『万葉集』の中にも由布岳を「木綿山」と詠んだ歌があるそうで、古くは木綿の郷、木綿岳などと表記されていたと考えられています。
律令時代に入って各地地名が整備されていく中で、より地名にふさわしい字が選ばれ、”柚冨”という文字があてられるように。
”由布”という字が用いられるようになったのはさらにその後、平安時代に入ってからなのだそうです。

後ろにくっついている”院”の意味はというと、おそらく正倉院などに代表されるような「官倉」が、この地にもあったことを示しているのではないかと考えられています。







由布院温泉の歴史と歩みに触れるスポット巡り

由布院温泉のメインストリート「湯の坪街道」

由布院温泉のメインストリート「湯の坪街道」

image by PIXTA / 7666955

JR由布院駅を出て少し正面の道を進むと、オシャレなスイーツショップやレストラン、工芸品を販売する土産物店や小さなギャラリーなどがずらりと建ち並んだ通りがあります。
人呼んで「湯の坪街道」。
由布院のメインストリートです。

別府や熱海のような華やかな歓楽街ではありませんが、長屋を思わせるような古びた街並みが風情を感じさせ、老若男女に愛される雰囲気を作り出しています。
この街並みこそ、由布院の人気の理由でもあるのです。

由布岳の麓にありながら、由布院温泉の周囲は平坦で開けた土地。
同じく風情ある光景が人気の黒川温泉や日田温泉といった山間の温泉場とも異なり、江戸時代の宿場町のような、そんな雰囲気があります。
メインとなる湯の坪街道はもちろんですが、一本外れた、並行して流れる大分川の川沿いの道もオススメ。
のどかな田園風景を眺めながらの散策が楽しめます。

食事を楽しむもよし、お土産選びにそぞろ歩くもよし。
通りはいつも多くの観光客で賑わい、活気があります。
食べ歩きや買い物をしながら通りをぶらぶら散策したその先には、由布院のシンボル、金鱗湖の湖畔が。
地元の人々が様々な大型開拓プロジェクトを退けながら守り続けた情緒あふれる風景が、由布院温泉のもうひとつのメインスポットへといざなってくれるのです。

由布院温泉のシンボル「金鱗湖」

由布院温泉のシンボル「金鱗湖」

image by PIXTA / 7569688

金鱗湖(きんりんこ)は由布院温泉を代表する観光スポット。
面積はおよそ0.8ha。
水深2mほど。
湖というより池と表現したほうがいいかもしれません。
湖底から温泉と清水が湧き出していると言われていて、水は常に清らかな流れを保ち、温度が比較的高めなため、冬場の朝方、気温が下がると湖面から霧が立ち上って幻想的な風景を作り出します。
丸い金鱗湖の湖面をお盆に見立てて「霧盆」とも呼ばれる光景を一目見ようと、早起きして湖のまわりを散策する人の姿も多いのです。

その昔、この湖は由布岳の麓にあることから、「岳下(岳本)の池」「岳ん下ん池」などと呼ばれていました。
1884年(明治17年)に大分の儒学者の毛利空桑(もうりくうそう)が、湖で泳ぐ魚の鱗が夕日で金色に輝くのを見て「金鱗湖」と名付け、そこからそう呼ばれるようになったと伝わっています。

湖の周囲はだいたい400mくらい。
あたりは緑に囲まれていて日中でもゆったりとした時が流れてくつろげます。
それほど広くありませんので、ぶらりと散歩がてら一周することが可能。
湖畔に建つ「マルク・シャガールゆふいん金鱗湖美術館」もオススメです。

Writer:

歴史と歴史小説と遺跡を愛してやまない東京都在住の主婦。子供のころからの大の時代劇ファン。国内外問わず歴史小説を読むようになり、NHK人形劇「三国志」を見て中国史にはまって大学では東洋史学を専攻。愛猫とじゃれながら歴史小説を読み漁る毎日を送っている。趣味は古地図を眺めることとカメラ片手の街散策。

この記事のカテゴリ

ランキング
九州
国内
大分県
歴史
絶景

関連記事を見る

ランキングの記事を見る

長崎のお土産ランキング!全部食べて決めた、美味しい&センス抜群&定番のお土産TOP25
自転車で一周して決めた!台湾観光スポットランキングBEST15
実際に行って選んだ!沖縄本島ビーチランキングBEST30
世界で最も観光客が訪れる国ランキングTOP10 ちなみに日本は?
イタリア在住15年の私が決める!イタリア観光スポットランキングBEST 20
世界自然遺産の中でも桁違いの規模!世界最大の珊瑚礁群のグレート・バリア・リーフの歴史
地元民も愛する茨城の観光スポット見どころ【地域別】
【留学フィンランドの大学院留学って何が学べる?費用は?快適?
岐阜を極める!自信を持ってオススメする極上の土産25選
常連の私が決める!秋の京都観光で行きたい紅葉の名所ランキングTOP30
語学経験者が解説!語学留学の穴場「ニュージーランド」をおすすめする理由
常連の私が決める!春の京都観光で行きたい桜の名所ランキングTOP30