天空の城ラピュタの世界観を感じるスリランカ「古代都市シギリヤ」

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日は「古代都市シギリヤ」をご紹介します。






古代都市シギリヤってこんなところ

古代都市シギリヤってこんなところ

シギリヤの住所・アクセスや営業時間など

名称 シギリヤ
住所 Sigiriya
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%83%A4
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

シギリヤのスポットページ

天空の城ラピュタのようなシギリヤ

天空の城ラピュタのようなシギリヤ
ジャングルが鬱蒼と茂る、500年の歴史を持つ「輝きの島」と称されるスリランカ。
その中央部にある、シンハギリ(獅子の山)と呼ばれる、高さ200mほどの楕円形の巨岩があります。
まるで、ジブリ映画の「天空の城ラピュタ」を、そのまま持ってきたような世界が広がっています。
かつて11年間だけここに王都が置かれ、岩山の頂上に宮殿が築かれました。
中腹にある洞窟の岩壁にはフレスコ画の天女とその周りには、500人もの女人像が描かれていました。
修行の邪魔になると削り取られたと伝わっていますが、現在も色鮮やかな美しく微笑む美女18体だけ残っています。
1500年もの前のフレスコ画が残っているなんて神秘的ですね。






狂気の王が造った天空の宮殿

狂気の王が造った天空の宮殿
この城の起こりは477年に即位したシンハラ朝第65代カッサパ1世(在位477-495年)が、7年もの月日をかけて484年に築いたものです。
岩山の頂には宮殿や側近の住居、庭園、池、聴衆ホールなどが建設されています。
山の麓には市街地、宮殿の入り口にはかつて数十mもあったライオンの像の跡があり、現在は前足だけが残っています。

要塞(宮殿)に行くには巨大なライオンの喉を通っていたようですが、その威圧感は相当なものだったのでは? このような僻地に宮殿を造ったのか?という伝説が残っています。

側室の子で長男だったカッサパ1世は、王である父を家来に殺させ王位を奪い、正妻の生んだ弟モッガラーナを追放しました。
カッサパ1世は熱心な仏教徒で、仏教国では父殺しは最大の罪とされていました。
王位は継承したものの親殺しという後悔と弟の復讐を恐れ、その罪から逃げるようにしてジャングルの中の岩山の頂上に宮殿を建てたとの説です。

国を遷都した首都シギリヤ

国を遷都した首都シギリヤ
この宮殿を作るのには約1万人もの人々が携わったといわれ、当時カッサパ1世がどれだけの権力を誇示していたかがわかるような気がしてきます。
カッサパが王だったころのシギリヤは複雑な市街と防衛機能を併せ持つ都として発展していました。
ここにはワニが放たれた城壁を取り囲む蓮の水路、頂上まで約1202段続く階段、ライオンの像やコブラの岩など、何かに恐れ、必死に防御していたような気がしてきます。
ここの見どころの一つで、スリランカを代表する芸術といわれる「シギリヤ・レディ」。
この美女のフレスコ画は、亡き父の霊を鎮めるために作ったといわれています。
魅惑的な美女のフレスコ画こそが、スリランカの古都シギリヤの名を世界に広めたのです。

ここにある王カッサパが残した遺構を見ていると、彼は王の座を手に入れ、国も豊かで権力も我が物にしていましたが、本当は孤独と戦っていたのではないかという気持ちにさせられます。

関連記事を見る

スリランカの記事を見る

”光り輝く島”との名を持つ「スリランカ」の世界遺産を全てご紹介
スリランカ観光なら次はここ!「アヌラーダプラ」で見たい絶景10選
スリランカ旅行なら「聖地ポロンナルワ」は外せない!観光情報まとめ
昔の人凄い…!スリランカの世界遺産「ダンブッラの黄金寺院」
まるでラピュタの舞台…!?スリランカ・シーギリヤ・ロックの観光情報まとめ
スリランカ旅行なら「聖地アヌラーダプラ」は外せない!世界遺産や見どころなど観光情報まとめ
スリランカ観光なら「聖地キャンディ」に行こう!世界遺産、寺院、絶景など見どころまとめ
地球の儚さ、人類の英知を実感…スリランカで見れる文化と大自然の絶景10選
絶景だらけのスリランカ!「ヌワラエリヤ」に今すぐ行きたい10の理由
ラピュタの空中都市のようなスリランカの世界遺産「シーギリヤロック」
小国だけど歴史は壮観!絶景ばかりのスリランカの世界遺産5選
絶景はここにもあった!スリランカ「ダンブラ」周辺でみるべき観光スポット10選