かつて首都だった!?ポーランド人の心の故郷「クラクフ歴史地区」

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日は「クラクフ歴史地区」をご紹介します。

クラクフ歴史地区ってこんなところ

Historic Centre of Krakowの住所・アクセスや営業時間など

名称 Historic Centre of Krakow
住所 Krakow, Poland
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://whc.unesco.org/en/list/29
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Historic Centre of Krakowのスポットページ

中世中欧の栄華を今に伝える古都、クラクフ

ポーランドの南部に位置する、ポーランド人の心の故郷として今も中世の街並みを残す古都、クラクフ歴史地区。
14~17世紀初頭までポーランドの首都として栄えました。
1287年にタタール人(モンゴル軍)の侵略を退け街を守ったことを喜び奪った洋服を着て街を練り歩いたことからはじまった、ライコニック祭りが毎年6月に行われています。
旧市街地には現在も馬車に乗って観光ができ、街並みは綺麗で美しいという言葉がぴったりです。
バロック式の教会も数多く見どころもたくさんあります。
第二次世界大戦で古い町並みは残さないといけないと、奇跡的に爆撃を逃れた中世の街並みを今も色濃く残すクラクフは、世界で最も素晴らしい観光地として現在も人々が集まる素敵な古都です。






ポーランド文化の中心地、首都クラクフのはじまり

クラクフの歴史は、8世紀にはもう存在したようです。
ボヘミアなどの敵対者により何度も破れるも、ハンガリーの援助で1314年までに国内の権力を確立し、独立国ポーランドの王としての認知度を確立した、ヴワディスワフ1世(在位1320-1333年)の命により、1320年にポズナンからクラクフに首都が移されました。

ヴワディスワフ1世の死後、息子のカジミェシュ3世(在位1333-1370年)に引き継がれ彼はポーランドの歴代王の中でたった一人「大王」と称されました。
彼はボヘミアとドイツ騎士団の両国間を上手く立ち回り国際的な地位も築いています。

彼の最も大きな功績は、1364年に国家建設に必要な人材を育てるためにポーランドで最初の大学「アカデミア・クラコヴィエンシス」(後のヤギェウォ大学)を設立したこと。
スラヴ人によって設立された大学はドイツ語圏最古の大学といわれ、かのコペルニクスも学生として通っています。
ポーランド大学を抜いてポーランドでトップの総合大学に選ばれることもあるようですよ。
現在はゴシック建築の講堂が博物館として公開されています。
ピャスト朝は1370年彼が死ぬと途絶えてしまいます。

栄華を誇るピャスト朝時代のクラクフ

この14世紀がクラクフの最盛期で、旧市街地の中心の中央市場広場の中央にある織物会館(16世紀に焼失後ルネサンス様式で再建)や1222年に建てられたゴシック様式の聖マリア教会が建てられました。
次のページでは『中欧の主要都市ヤギェウォ朝時代のクラクフ』を掲載!
次のページを読む >>