タイ初の王朝であり、今日のタイの原形となった「古代都市スコタイ」がかなり綺麗に残っててしかも絶景

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日は「古代都市スコタイ」をご紹介します。


古代都市スコタイってこんなところ

Historic Town of Sukhothaiの住所・アクセスや営業時間など

名称 Historic Town of Sukhothai
住所 Sukhothai 64000, Thailand
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://whc.unesco.org/en/list/574
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Historic Town of Sukhothaiのスポットページ

タイ最古の王朝スコタイ

バンコクの北約450kmにある、1238年に築かれたスコタイ王朝の古代都市。
現在はスコタイ史跡公園として整備されています。
園内は、東西1.8km南北1.6kmの城壁に囲まれた旧歴史地区を中心に、200もの遺跡が置かれています。
また、隣接するシーサッチャナーライ歴史公園や、カムペーンペット歴史公園2つの公園と合わせて世界遺産として登録されています。
この2つの遺跡は特にスリランカやクメール、ミヤンマーの影響も受けています。
タイ初の王朝であり、現代へと繋がるタイの原型を築いたスコタイ王朝とはどんな王朝だったんでしょうね!中国の揚子江の南に住んでいたタイ族が南下して国家を造り小さな国が各所で起こってきます。
現在のタイ周辺まで南下したところで、クメール王朝を追い出し、そこにタイ族初の王朝スコタイ王国を造ったのが始まりです。

140年も続いたスコタイ王朝のはじまり

当時のカンボジアのクメール王朝といえば、超有名な世界遺産のアンコールワットなどを建設した勢いのある王朝でしたが、ジャヤバルマン7世の死後急速に衰退してしまったのです。
ラートの小タイ族領主のポークン・パームアンと、バーヤーンの小タイ族の領主のポークン・バーンクラーンハーオと共に挙兵しクメール王朝を打ち破り、1238年にスコタイ王朝が建国されました。
タイ人による初めての独立国の誕生です。
このスコタイ王朝は9人の国王により統治されています。
スコタイ王朝の初代王はポークン・バーンクラーンハーオ(在位1220-1238年)が王に就き、名前をシー・インタラーティットとしました。
一説によると、挙兵した二人の領主は同一人物だったといわれています。

文化と芸術が花開く理想都市スコタイ

スコタイ王朝の魅力はタイ初の王朝という事だけではありません!スコタイ、シーサッチャナーライ、カムペーンペットなどに代表されるタイ独自の建築様式を確立したことも魅力です。
13世紀に花開いたスコタイ様式とは、クメール遺跡を元にスリランカの様式を加えたもの。
これを仏教技術として築き上げ後世に名を残すこととなりました。

関連記事を見る

タイ王国の記事を見る

【プーケット観光で行きたい!】タイの楽園リゾートで見られる歴史的スポット10選
アユタヤの観光完璧ガイド【タイをよく知る筆者が解説】
タイをよく知る筆者が教える、プーケットの観光完璧ガイド
バンコク観光の予算は?モデルコースや観光スポットは?タイに詳しい筆者が教える観光ガイド
タイでボランティアしている筆者が指南♪タイの観光完璧ガイド
ベトナムでのんびりと過ごすならここ!「ファンティエット」で見た絶景10選
絶景!台湾の自然が生み出した聖地「阿里山」の観光情報ガイド
優雅に”大人”のパン朝食を。フランス発のフレッシュチーズ新発売
地元民が伝授!松島観光のモデルコースと春夏秋冬の見どころ
イギリスの港町「サウサンプトン」観光で見ておきたい絶景7選
微笑の国タイであなたが出逢うべき12つの絶景
世界を魅了し続けるラグジュアリーホテル『アマンリゾート』全27ホテル