絵のように美しい街並み!スイス「ベルン旧市街」の絶景&歴史まとめ

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日は「ベルン旧市街」をご紹介します。


ベルン旧市街ってこんなところ

ベルン旧市街ってこんなところ

Old City of Bernの住所・アクセスや営業時間など

名称 Old City of Bern
住所 Bern, Switzerland
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.bern.com/de/stadt-bern/sehenswuerdigkeiten/unesco-weltkulturerbe
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Old City of Bernのスポットページ

中世の街並みを今に伝えるスイスの首都ベルン

中世の街並みを今に伝えるスイスの首都ベルン
スイス最大の都市チューリヒやジュネーブに押されて影の薄いベルンですが、実はここがスイスの首都。
ヨーロッパ一の回廊都市と呼ばれています。
湾曲するアーレ川に、北、東、南の3方を囲まれた街並みは、西に向かって発展しました。
1405年に大火に襲われたベルンですが、15世紀末には石造りで再興され現在の基礎が造られました。
中世末期から地中海で流行ったアーケードはベルンの旧市街地にもあり、ヨーロッパ随一の石造りのアーケードといわれています。
メインストリート以外も併せると6kmに及ぶ長さです。
この町に彩を添えるのは道に点在するモニュメント。
噴水は100以上もあり、特に16世紀に造られた11の噴水は必見です。
デザインやまつわるエピソードも数多くあり、覚えて行くと散策もより楽しめそうですね!質の高い美術館や博物館も見逃せません。

絵のように美しい街並みを誇るベルンのはじまり

絵のように美しい街並みを誇るベルンのはじまり
ベルンはツェーリンゲン家のベルヒトルト5世によって1191年に創設されましたが、子供がなく1218年に絶えました。
家領はキーブルク伯に継承されましたが、領土は皇帝に返還。
神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世(在位1220-1250年)により、貴族支配を受けないローマ皇帝直属の自由都市を許されたのです。
キーブルク家は相続で大きくなりましたが繁栄期も短く、1264年に断絶。
所領の多くは姻戚関係にあったハプスブルク家に与えられました。
この頃はザンクト・ゴットハルト峠道の開通により、ベルンは急速に発展を遂げていました。

1218~1220年にかけて建てられたと伝わる街のランドマークのツィットグロッゲ(時計塔)。
クラム通りとマルクト通りの境に位置し、町を囲む城壁の西門として建てられました。
スイスで最も古い時計塔の一つ。
からくり時計として現役の時計塔は、1405年に大鐘が取り付けられ、現在の手動式のぜんまい仕掛けになったのは1530年ごろです。

スイス盟約者団の時代

スイス盟約者団の時代
この頃にヨーロッパ全域でペストが大流行し、人口が減少。
労働力を確保できなくなっていました。
弱小領主はベルンの圧力に耐えきれず、197あった都市は95にまで減少しました。
1339年にベルンがブルグントやハプスブルク領の貴族を相手にラウペンの戦いで勝利し、西スイス貴族の反発を退けました。
ベルンの領域はウンターヴァルデンまで広っています。

1291年に原初三州にウリ、シュウィーツ、ウンターワルデンによる、永久同盟が設立されました。
1332年にルツェルンが、1351年にもチューリヒが同盟に参加。
1353年にはベルンも同盟に参加し、八州同盟(農村邦が5州、都市邦が3州)が成立しました。
新しい国家の主導的なメンバーとなる西スイス同盟の成立は深い意味を持っていたのです。
この同盟は1481年まで続きました。

次のページでは『北へ勢力を広げるベルン』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

スイスの記事を見る

スイス観光で行きたい「歴史の旅」。自然の要塞に眠る絶景、文化、建築物を一巡り
【イタリア観光】古代も中世もルネサンスも見れるイタリアへ
スイスのお土産ならコレ!ぴったりのお土産が絶対見つかる10選
ヨーロッパ旅行に行きたい!女子旅におすすめの美しい都市30選
スイスの国コードはなぜ「CH」なのか?スイスの壮大な歴史を追う
スイス料理といえばこれ!食文化豊かなスイスの郷土料理10選
世界の七不思議に選ばれている建造物7選
スイスのレマン湖畔に浮かぶアルプス街道の要地!建築の宝石「シヨン城」の歴史
アルプスの少女ハイジの世界を! 山梨県北杜市でスイスを疑似体験
スイス最古のカトリック教区があった街・シオンの観光スポット
リフレッシュもできてアクティブにもなれる!!スイス・シルヴァプラーナの魅力。
名作家が”静寂古雅の町”と称した中世の古都「スイス・シャフハウゼン」で見ておきたい観光スポット4選