日本庭園もあるらしい!?オーストリア・ウィーンの美しすぎる世界遺産、シェーンブルン宮殿と庭園群

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日は「シェーンブルン宮殿と庭園群」をご紹介します。


シェーンブルン宮殿と庭園群ってこんなところ

Schönbrunn Palaceの住所・アクセスや営業時間など

名称 Schönbrunn Palace
住所 Schönbrunn Palace , Schönbrunner Schlossstrasse 47 , 1130 Vienna, Austria
営業時間・開場時間 現地時間8.30-17.00,17.30,18.30(季節による)
利用料金や入場料 大人13.30ユーロから、学生(19-25歳)12.30ユーロから、子供(6-18歳)9.80ユーロから
参考サイト http://www.schoenbrunn.at/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Schönbrunn Palaceのスポットページ

シェーンブルン宮殿とマリア・テレジア

シェーンブルン宮殿とマリア・テレジア
オーストリアの首都ウィーン市内の中心から5㎞ほどの所にあるシェーンブルン宮殿は、中世から近世にかけてヨーロッパで絶大な勢力を誇った名門王家・ハプスブルク家の歴代君主の夏の離宮でした。
元々は狩猟用の館として建てられましたが、増築を重ね、マリー・アントワネットの母でもある女帝マリア・テレジアが完成させて現在の姿となります。
彼女はこの宮殿を深く愛し、その治世下ではここが中心的な宮殿となりました。
ここで16人もの子を育て、政治を行った彼女は、母と王と2つの役割を両立した先駆者でもあったのです。

荘厳華麗な宮殿と庭園は、当時のハプスブルク家の勢いを象徴するかのように今も緑に囲まれて佇んでいます。

美しきマリア・テレジアイエローの宮殿

シェーンブルン宮殿の壁はクリームイエローの可愛らしい色ですが、これは「マリア・テレジアイエロー」と呼ばれ人々に親しまれています。
外観は曲線や楕円を多く使ったバロック様式、中に入ると植物の葉がモチーフとなり曲線が優美に描かれたロココ様式となっており、名門王家にふさわしい優雅さと上品さを感じることができます。
シェーンブルン宮殿にはなんと1400超の部屋があり、一般公開されているのはわずか40室ほどにすぎません。
それもそのはず、両翼約180mもある巨大な宮殿なのです。
しかし、現在なんと一部が賃貸住宅とホテルとなって利用されています。
もしかしたら私たちでも宮殿に滞在できるかもしれませんよ!

ハプスブルク家の生活を垣間見る

image by PIXTA / 4363258

シェーンブルン宮殿内部で見学できる部屋は限られていますが、それでも見どころはたくさんあります。

まずは鏡の間。
ここは当時神童と呼ばれたわずか6歳のモーツァルトが御前演奏をした場所です。
他にも、マリー・アントワネットがフランスに嫁ぐ前に使っていたサロンや、フランツ=ヨーゼフと皇后エリザベートの部屋も見ることができます。

関連記事を見る

オーストリアの記事を見る

歴史的建造物の宝庫!魅惑の国オーストリアで中世へタイムトリップ
ウィーン観光ならここ!ウィーン近郊にある自然と歴史が溶け合った観光スポット
【イタリア観光】古代も中世もルネサンスも見れるイタリアへ
パプスブルク家の悲しみの皇妃!「バイエルンのバラ」と称された、最後の皇妃エリザベートの物語
西洋音楽史上で最も偉大な音楽家「ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト」の生涯・エピソード
初めてのウィーンを旅行するなら必見!ハプスブルク家の足跡を巡るスポット7選
しきたりも人も大嫌い!だけど絶世の美女・皇妃エリザベート
オーストリア「インスブルック」観光で是非とも見たい歴史的スポットあれこれ
ウィーンの観光で是非とも見たい歴史スポットあれこれ
「国母」として16人の子どもを生んだマリア・テレジアの歩んだ歴史
全世界に戦火が飛んだ第二次世界大戦の歴史
オーストリア観光なら次はここ!「クラーゲンフルト」で見たい絶景10選