スペインによる植民地支配の歴史が残るペルー「リマ歴史地区」

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日はペルーの「リマ歴史地区」をご紹介します。


リマ歴史地区ってこんなところ

リマ歴史地区の住所・アクセスや営業時間など

名称 リマ歴史地区
住所 Plaza Mayor Jirón de La Unión Lima 15001, Peru
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.visitalima.pe/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

リマ歴史地区のスポットページ

リマという都市とその歴史

リマはペルーの首都で、人口約800万の南米有数の大都市です。
先住民が住んでいたこの土地に、インカ帝国を征服したスペイン人・ピサロが1535年に都市を建設したのがリマとしての始まりでした。
リマは太平洋に面しているため、本国スペインとの交易の拠点となったのです。

16~17世紀にかけて、リマはスペインの南米植民地支配の中心となりました。
ピサロはインカ帝国から奪った金銀で街を飾り立て、それが現在に残っています。
特に、セントロと呼ばれる旧市街に植民地時代の街並みが残り、世界遺産に登録されました。

カテドラルと征服者ピサロ

旧市街は碁盤の目状に区画され、スペインの影響が大きいヨーロッパ風のコロニアル様式の建物と、最近建てられた新しいものとが混在し、共存しているのが特徴です。

中心のアルマス広場にあるカテドラルはペルー最古のもので、征服者ピサロ自ら土台となる石を置いたとされています。
内部にはピサロの棺も安置されています。
征服者なのにカテドラルに埋葬されているのは少し不思議な感じがします。

ピサロは約180人の手勢でペルーに侵攻し、インカ帝国の皇帝アタワルパを捕らえて処刑しました。
あっけなく終わりを迎えたインカ帝国に対し、彼は略奪や虐殺などを行ったといいますが、その後統治権を巡る仲間との内戦に関連して暗殺されました。

コロニアル様式の粋・サン・フランシスコ教会・修道院

旧市街の中でも、サン・フランシスコ教会・修道院は最も美しいコロニアル様式の建物でしょう。
1546年着工から完成までには地震の被害などがあり、100年以上を要しました。

関連記事を見る

ペルーの記事を見る

神様のパワーにあやかりたい!歴史と神秘に包まれた世界の聖地10選
世界の七不思議に選ばれている建造物7選
世界遺産「リマ歴史地区」で行きたいペルーの観光スポット
謎に包まれた孤島、イースター島の歴史
地球の壮大な息吹を感じる絶景の数々!ペルーの幻想的な絶景10選
砂漠の村に、先住民のミイラ…心躍る秘境がここに!ペルー「イカ」の魅力
仕事を辞めて手に入れたワゴン車を大改造→移動式屋台で巡る世界の旅が羨ましい!
謎多き神秘の遺跡が盛りだくさん、「マチュピチュ」などペルーの世界遺産まとめ
マチュ ピチュに行ったら経験してみたい!神聖な空気に包まれる体験
噴火を鎮めるための生贄になった少女が今も眠る古都…ペルーのアレキーパ市歴史地区
インカ帝国として繁栄の面影を感じる、ペルー「リマ」の絶景
人間ってすごい!ペルーで見れる歴史的な建築物5選