紀元前3000年から人が住んでいる!?トルコの歴史街「サフランボル市街」

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日は「サフランボル市街」をご紹介します。

サフランボル市街ってこんなところ

サフランボル市の住所・アクセスや営業時間など

名称 サフランボル市
住所 Safranbolu
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%AB
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

サフランボル市のスポットページ

古い町並みが可愛らしいサフランボルってこんなところ!

古い町並みが可愛らしいサフランボルってこんなところ!

image by iStockphoto

トルコの首都アンカラから約200kmに位置する、1994年に世界遺産に登録されたサフランボル市街。
黒海から約50km内陸の険しい山々の間にあり切り立った谷間の街です。
サフランボルの名前は、パエリアなどに使われる香辛料サフランが群生していたことから由来しています。

街には現在も、土壁に木の窓枠の建物が約2000軒並び、そのうち800軒ほどが保護されています。
先史時代の遺跡やローマ時代のお墓、橋梁が現存し、25のモスクや8つの歴史的噴水、5つのトルコ式浴場をはじめ、見どころもたくさん残っています。

石畳の道を歩けば、馬の鞍や皮製品を中心とした商業都市時代の雰囲気を感じることができます。
シルクロードへの通過点の小都市サフランボルは、昔ながらの民家を見ながらゆっくり散策したい町です。







サフランボル市の成り立ち

この町の起源はB.C.3000年ごろといわれ、人々が暮らし始めたのがいつごろかは分かっていません。
街として発展し始めたのは、11世紀末以降で、黒海と内陸部を結ぶ隊商交易路上の宿駅として繁栄しています。

ヒッタイト、ペルシャ人、ギリシア人、ローマ人などをはじめ、数多くの民族に支配されました。
特にオスマン・トルコ帝国の繁栄期、16世紀のスレイマン1世の時代から更に発展し、最大の繁栄期は17世紀です。

1196年にセルヂュクのスルタン2世の息子、ムヒッディン・メスットシャーフに征服されました。
これによりトルコ人の支配下に入ることになります。
その後1213~1280年のチョバンオウルラル統治時代の1322年には、モスク、浴場、スレイマン・パシャのマドラサ(神学校)が建設されています。
1326~1354年にはジャンダルオウルラルが統治しました。

最盛期のオスマン帝国時代

1354~1402年と1423年以降はオスマン帝国が覇権をにぎり一帯を統治しました。
17世紀の繁栄期は、市場が住民の住まいより優先的に拡張されていきます。
シルクロードの通り道として交易の中心として発展を遂げたサフランボルは、60室のゲストルームがある宿屋をはじめ、モスクといった建築物が17~18世紀にかけて建設されました。
現在もサフランボル市の主な産業は観光で、2500人を収容できる宿泊施設もあり、年間を通して15万人が観光に訪れています。
次のページでは『サフランボル市街の見どころ』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

トルコの記事を見る

華麗な遺跡の数々に魅了される!トルコ旅行で行きたい歴史的観光スポット15選
アドリア海の女王と呼ばれるヴェネツィアが巨万の富を得たレヴァント貿易ってどんなもの?
トルコの世界遺産を全部解説!歴史から絶景の魅力までお伝えします
なぜ「天動説」でなく「地動説」なのか?文系でもわかる天文学の歴史
最も保存状態の良い円形劇場ヒエラポリスをはじめ、トルコ「パムッカレ」で見たい絶景10選
徒歩圏内でアートが楽しめるトルコ「コンヤ」で見たい絶景10選
収容人数1万人と言われる円形劇場アクロポリスをはじめ、トルコ「ベルガマ」で見たい絶景10選
美しい遺跡の数々を擁する絶景の宝庫!トルコ「エフェス」
がっかり世界遺産なんて呼ばせない!トルコ「トロイ遺跡」の魅力
モスクがそのまま博物館になった!イスタンブールの「カーリエ博物館」
イスタンブールの歴史を守ってきた世界遺産「テオドシウスの城壁」
ここがアジアとヨーロッパの境目!トルコの「ボスフォラス海峡」