フランスゴシックの最高傑作!まるで芸術作品のような建築物、ブルージュ大聖堂

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日は「ブールジュ大聖堂」をご紹介します。

ブールジュ大聖堂ってこんなところ

Bourges Cathedralの住所・アクセスや営業時間など

名称 Bourges Cathedral
住所 Place Etienne Dolet, Bourges, France
営業時間・開場時間 午前 9:00 – 午後 5:45
利用料金や入場料 北側の塔は自由見学、普通料金 大人 7.50 ユ一ロ
参考サイト http://www.ville-bourges.fr/_en/site/cathedral
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Bourges Cathedralのスポットページ

フランスゴシックの最高傑作ブルージュ大聖堂とは?

ブールジュはフランスのほぼ中央に位置し、かつてベリー公園の中心都市として栄えました。
かつて、芸術と文化が彩る美しい街で現在もその面影が残っています。

ロワール地方の都市であるブールジュは、B.C.58~51年にかけて、共和政ローマの前執政官ガイウス・ユリウス・カエサル(英語読みジュリアス・シーザー)がガリア遠征を行いその全土を征服したガリア戦争の戦場になった地です。
軍人であると共に文筆家としても知られるカエサルは、ガリア全土をローマの属州とした一連の経緯を『ガリア戦記』に記し、後に伝えています。

このような歴史を持つブールジュには、ステンドグラスの美しさとゴシック様式の荘厳な大聖堂が建てられています。
別名サン・テチエンヌ大聖堂。
フランスにおけるゴシック美術の最高傑作の一つとされ、現在はブールジュで最も人気の観光地となっています。
今回は、この大聖堂の歴史について触れてみたいと思います。







不幸な歴史を積み重ねながらも威厳を誇る大聖堂

この大聖堂の起源は、3世紀ごろキリスト教信徒が建てた小さな教会でした。
11世紀にロマネスク様式の大聖堂に建て直された後、1198年に当時のゴシック建築ブームの波に乗り、ブールジュ大司教アンリ・ド・シュリによって改修工事が行われました。

同時期に建てられた、シャルトル大聖堂、ノートルダム大聖堂(アミアン)、ランス大聖堂とは違う不幸な運命を辿ったこの大聖堂は、中世フランスにおけるキリスト教の権力の強さを語り続けているようです。

この大聖堂の不幸は14世紀のはじめに起こりました。
1313年にひびが入っていた南の塔に支柱を入れるという補強を行いましたが、耐えうる強度がないとのことで鐘を取り付けることさえできない状態でした。

やっと出来上がった塔は早々に倒壊

ゴシック様式の中にルネサンス様式の融合が見られるようファサード全体の補強がされ、1324年には竣工式が行われました。
しかし、15世紀末にやっと完成した北の塔でしたが、1506年に倒壊するというありさまでした。

新しく補修に携わった建築家「ギョーム・ペルヴォワサン」は崩れた北塔と、その下の2面のポルタイユを30年もの月日をかけて修復しました。
この時の費用は信徒たちから集められたもので、信徒たちは四旬節の断食が免除されました。

次のページでは『修復されるも支離滅裂な違和感を残す大聖堂に』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

フランスの記事を見る

そうだったんだ、フランス!ちょっと意外なフランスの歴史エピソードをめぐるスポット
フランス観光で行きたい!マニアックな歴史的観光地区10選
【フランス世界遺産一覧】絶景も歴史もすべてここに!フランスの世界遺産を全部解説
パリ観光で行きたい!歴史的観光名所をぐるりと一巡り
フランス旅行でいきたい!フランスで絶対見ておくべき歴史的スポットは?
18時間以上続く「世界一長いピアノ音楽」を生んだエリック・サティとは?
【イタリア観光】古代も中世もルネサンスも見れるイタリアへ
神様のパワーにあやかりたい!歴史と神秘に包まれた世界の聖地10選
【フランスの世界遺産】42個の世界遺産を全部一挙ご紹介!(2017年時点)
【映画「レ・ミゼラブル」の時代背景】ジャンバルジャンはなぜパンを盗んだ?実はフランス革命の後の出来事って本当?
【元住民が解説】エッフェル塔の観光完璧ガイド
【時代背景】ディズニー/劇団四季「ノートルダムの鐘」を観る前に知っておきたいパリの歴史