なんでこんなところにイギリス領が?バミューダ島の古都セント・ジョージの歴史

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日は「バミューダ島の古都セント・ジョージ」をご紹介します。

バミューダ島の古都セント・ジョージってこんなところ

セント・ジョージの住所・アクセスや営業時間など

名称 セント・ジョージ
住所 Saint George
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%B8_(%E3%83%90%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%80)
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

セント・ジョージのスポットページ

北大西洋に浮かぶバミューダ島とは?

アメリカ大陸最古のイギリス植民地である、バミューダ諸島。
大小150の島々からなるバミューダ島はアメリカニューヨーク南東の北大西洋に位置しています。
地図で見るとこんなところにイギリス領が?と思ってしまいますね。






バミューダの歴史が始まったセント・ジョージは、1609年に難破したイギリスの船が流れ着いたことから定住が始まりました。
1612年にはセント・ジョージへの入植が始まり、19世紀以降はリゾート地として人気を博しています。
また、開放的なリゾートとしての楽しみ方と17~18世紀の面影を残す石造りの家が立ち並ぶ歴史的背景を見学する旅もできるイギリスの都市です。

世界遺産に登録されたセント・ジョージ

このバミューダ島は実はスペインのジョン・バミューダが1503年に発見していました。
その名前に因んでバミューダと名付けられています。
その後も無人島のまま放置されていましたが、初めに定住した人々がイギリス人であったためにイギリスの植民地となりました。
セント・ジョージの美しい街並みとイギリスの軍事拠点として要塞群が造られその重要性を残すものとして2000年に世界遺産に登録されています。
このセント・ジョージは先住民がいたわけでもなく無人島だったため、血が流されることもなく平和的な形で歴史が始まっているため、街も当時のままの美しい姿を残しています。
実は、ビートルズのジョン・レノンもこの町で5年間過ごし、新しいアルバム作成をしていました。
次のページでは『バミューダ島に漂着したイギリス座礁船』を掲載!
次のページを読む >>