若者のパワー溢れる文学の都にして歴史都市。スペイン・サラマンカ旧市街

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日は「サラマンカ旧市街」をご紹介します。

サラマンカ旧市街ってこんなところ

サラマンカ旧市街の住所・アクセスや営業時間など

名称 サラマンカ旧市街
住所 Old City of Salamanca
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%81%AE%E6%97%A7%E5%B8%82%E8%A1%97
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

サラマンカ旧市街のスポットページ

若者のパワー溢れる文学の都“サラマンカ”とは?

スペインの首都マドリードの北西約200kmにある、サラマンカは歴史ある学問の都として名高い都市です。
現在も多くの学生が集まり活気に満ちた街です。
スペイン人に成りきりカフェでゆっくり午後のひとときを過ごせば、スペイン語、英語、ドイツ語、フランス語など様々な言葉が行き交い、世界中から留学生が集まるサラマンカらしい雰囲気を感じられます。
中世の街並みとお洒落な若者たちの姿がいかにも、昔から文化の都だったこの町の証といえるのではないでしょうか?
サラマンカの町の始まりは、古代ローマ時代です。
属州のヒスパニアのトラヤヌス帝によって造られた植民都市が始まりといわれています。
この頃は、サルマンティカと呼ばれていました。
スペイン北部で産出された銀や金を運んだ「銀の道」として繁栄しました。
1988年には「比類なき美しい街」として、旧市街全域が世界遺産に登録されました。

サラマンカの4大建築物の「マヨール広場」、「サラマンカ大学」、「新旧大聖堂」、「サン・エステバン修道院」は、必見です。
建築様式を見比べながら散策するのも旅の醍醐味です!







スペイン最古のサマランカ大学

12世紀初頭には、カトリックの司教座が置かれ司教座都市として発展しました。
1218年にはレオンの王アルフォン9世(在位1188-1230年)のもと、スペイン最古のサラマンカ大学が創立されました。
これは、ヨーロッパでも3番目といわれています。
ボローニャ、オックスフォード、パリ(ソルボンヌ)大学と並んで、ローマ教皇から欧州4大学として認定されました。
サラマンカ産の酸化鉄を含んだ軟質の石材とイタリアルネサンスとスペイン風の様式が織りなすプラテレスコ様式のファサードは、プラテレスコ様式の最高傑作と評されています。
他にも中庭や講堂なども見ものです。
サラマンカ大学のファサードに彫刻された石の浮彫があり、その中にあるドクロに乗ったカエルを見ると試験に合格するというパワースポットとしても知られています。

「知識を欲するものは、サマランカへ行け」といわれるほどの大学で、ここは有名人が教鞭をとっています。
ドン・キホーテの作者「セルバンテス」やスペインを代表する哲学者ウナムノです。
こんなに素敵な大学で勉強出来たら素敵でしょうね!

大学だけではありません!司教座が置かれた町らしく大聖堂も立派

レコンキスタの後、1149年から1世紀半をかけてキリスト教の基盤を強化するために建てられたロマネスク様式の教会。
「マリアとキリストの生涯」を53部面に描いた衝立が主祭壇を彩ることで知られています。
南側に立つ魚の鱗模様のガーリョ塔はスペイン随一の美しさです。
次のページでは『サラマンカへの感謝の気持ちで作られた広場』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

歴史の記事を見る

敬虔なるキリシタン武将・明石全登、ドラマチックに登場した大坂の陣と謎の行方
苦節55年!?日本を代表する近代建築・国会議事堂は誰が建てた?
落ちぶれた本願寺を再興した救世主・蓮如が歩んだ道のりを徹底解説!
偉大すぎる父とできすぎた弟たちを持った毛利のプリンス・毛利隆元の苦悩
絶対敵にしたくない男No.1!「敵はとりあえず暗殺」の宇喜多直家、でも家臣は大事にした?
秀吉は本当に一夜で城を完成させたの?岐阜・墨俣城を訪ねてみた
出奔されてもコイツが必要!と伊達政宗に思わせたデキる親戚・伊達成実ってどんな人?
冬の立山連峰を越えた男・佐々成政、時代に翻弄された悲劇の最期
負け戦に敢えて挑む男のプライド。秀吉に刃向った武将・九戸政実の生き様
秀吉vs勝家!決戦の地・賤ヶ岳古戦場の歴史を辿る旅
小牧山城で近世城郭の始祖・織田信長の築城技術を学ぶ
公家趣味が彼を滅亡に追い込んだ?大内義隆を殺したのは、かつての愛人だった…!?