様々な国の支配を受けながらも景観を保った、クロアチアの美しい旧市街「ロヴィニィ」

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日はクロアチアの美しい旧市街「ロヴィニィ」をご紹介します。

クロアチアの美しい旧市街「ロヴィニィ」ってこんなところ

ロヴィニュの住所・アクセスや営業時間など

名称 ロヴィニュ
住所 Obala Alda Rismonda, 52210, Rovinj, Croatia
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://croatia.hr/ja-JP/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ロヴィニュのスポットページ

海と街並みが美しすぎるクロアチアの港町、ロヴィニ

イストリア半島西岸のイストラ郡にある9つの街の一つの小さな港町。
公用語はイタリア語とクロアチア語。
現在も市民の1割以上がイタリア系で、情緒溢れる町を歩けばイタリアの支配を受けてきた軌跡を感じられます。

夜景の素敵な町で、ライトアップされたロヴィニの街並みが、夜の海に浮いているように輝きとてもロマンティックです。
綺麗な海とレトロ感たっぷりの街並みで、ロヴィニはアドリア海屈指の観光地となっています。
石畳の狭い裏路地のノスタルジックな雰囲気が心地よい町を散策すのもおすすめです。







透き通った綺麗な海では遊泳をしたり、日光浴をする人々が集まっています。
とにかく、海の綺麗さは一言では語れません!美しすぎるクロアチアの港町“ロヴィニ”の歴史を少しだけご紹介します。

東欧の水の都ロヴィニの起源

イリュリア人が定住していた先史時代から続く古い歴史を持つ町です。
8世紀に初めて「ルジーニョ」という名前で書物に登場しています。
この町は小さな島に築かれたのですが、ヴェネツィア共和国支配の頃の1763年に海峡を埋めて本土とつなげ今のような街になりました。
最初にこの町を占領したのがローマ人です。
この古代ローマが衰退した後、東ローマ帝国の一部となりました。
6世紀には古代ローマ時代から中世にかけて繁栄した、ラヴェンナ総督領の一部となりました。
ラヴェンナ総督領がロンゴバルド王国とフランク王国に脅かされ、788年にはロヴィニはフランク王国の支配下に置かれます。
その後は数世紀に渡り、封建領主の支配を受け続けます。
次のページでは『ヴェネツィア共和国支配時代』を掲載!
次のページを読む >>