どこか懐かしくて暖かい…フランスのもっとも美しい村「リクヴィル」

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日はフランスのもっとも美しい村「リクヴィル」をご紹介します。

フランスのもっとも美しい村「リクヴィル」ってこんなところ

Riquewihrの住所・アクセスや営業時間など

名称 Riquewihr
住所 68340 Riquewihr, France
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.riquewihr.fr/index2.htm/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Riquewihrのスポットページ

フランスの素顔に出会える美しい村、リクヴィル

パリのような華やかさはなく観光名所と呼ばれるようなスポットもないのになぜか人々が訪れる不思議な観光地、それがリクヴィルです。
ヨーロッパから毎年200万人もの観光客が訪れています。
一度訪れた人は忘れられない感動的な観光を楽しめると話す、素顔のフランスに出会える村です。
フランスで最も美しい村として「アルザスの真珠」と称されるリクヴィルは、ゆっくり歩いてもたった15分で回れるほどの小さな村です。
昔の歴史を感じる城壁に囲まれ、16世紀以来の歴史的建造物が点在しています。
目抜き通りを歩けば、素敵なお店の看板が多くあり、カラフルな鉄細工を見ながらの散策も楽しめます。
あちらこちらに見える可愛らしいお菓子屋さんや木骨組みの家並みが人々を魅了する、フランスの美しい村「リクヴィル」についてご紹介したいと思います。







ワイン街道一の観光地、リクヴィルのはじまり

アルザスで一番最初に要塞化したのが、なんとこの美しい村リクヴィルです。
1000年頃に村が設立されて以来、自然に恵まれた公爵の城下町として栄えました。
この町が歴史上名を刻んだのは、11世紀に入ってから。
この頃はエギサイム伯爵家の所領で、サント・クロワ・アン・プレーヌ修道院がリクヴィルのブドウ畑を所有していました。
1269年になるとハプスブルク家初の神聖ローマ皇帝ルドルフ1世(ドイツ王在位1273-1291年)が城を建設しました。
この城の建設により、リクヴィルの城下町としての基礎が築かれます。
1291年には高さ25mの見張り塔ドルデーの塔と門が建設されています。
正面の美しい木組みがとても魅力的な塔です。
この城は現在、ドルデ博物館となり、村の歴史や暮らし振り、地元の骨董品などが展示されています。

中世にアルザスで最初に要塞化されたリクヴィル

1291年には城と防衛施設が、ホルブルク公へ授与されています。
中世の城塞化は、このホンブルク家の時代に行われました。
14世紀には、ホルブルク家が絶えてしまいます。
その後、1324年にはヴュルテンベルグ家に家財と共に村も売却されました。
継承したのは、ヴュルテンベルク公ウルリヒ10世です。
この町並にはヴュルテンベルク公のシャトーも残されています。
次のページでは『ワインの生産で繁栄を遂げたリクヴィル』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

フランスの記事を見る

そうだったんだ、フランス!ちょっと意外なフランスの歴史エピソードをめぐるスポット
フランス観光で行きたい!マニアックな歴史的観光地区10選
【フランス世界遺産一覧】絶景も歴史もすべてここに!フランスの世界遺産を全部解説
パリ観光で行きたい!歴史的観光名所をぐるりと一巡り
フランス旅行でいきたい!フランスで絶対見ておくべき歴史的スポットは?
18時間以上続く「世界一長いピアノ音楽」を生んだエリック・サティとは?
【イタリア観光】古代も中世もルネサンスも見れるイタリアへ
神様のパワーにあやかりたい!歴史と神秘に包まれた世界の聖地10選
【フランスの世界遺産】42個の世界遺産を全部一挙ご紹介!(2017年時点)
【映画「レ・ミゼラブル」の時代背景】ジャンバルジャンはなぜパンを盗んだ?実はフランス革命の後の出来事って本当?
【元住民が解説】エッフェル塔の観光完璧ガイド
【時代背景】ディズニー/劇団四季「ノートルダムの鐘」を観る前に知っておきたいパリの歴史