パリから日帰りで行ける世界遺産、ストラスブールのグラン・ディル

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日はフランス・ストラスブールのグラン・ディルをご紹介します。

フランス・ストラスブールのグラン・ディルってこんなところ

グラン・ディルの住所・アクセスや営業時間など

名称 グラン・ディル
住所 Cathédrale Notre Dame de Strasbourg Place de la Cathédrale 67000 Strasbourg, France
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 施設による
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/ストラスブールのグラン・ディル
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

グラン・ディルのスポットページ

パリから日帰りで行ける世界遺産!中世の街並みが素敵なグラン・ディル

ライン川支流イル川の中州に位置する、中世から貿易都市として栄えた、北フランスのストラスブールにある区域です。
歴史・文化の変遷を今に語る貴重な遺産として1988年に世界遺産に登録されました。
この地区の特徴はフランス以外のヨーロッパ文化の影響が強く、ドイツ西部のライン川沿岸にあるラインラントの田園のような風景とパリの華やかな雰囲気の融合が見られます。
フランスが誇るファッションデザイナー“クリスチャン・ディオール”が生まれた海の保養地で、彼の生家は現在博物館として公開されています。
このお洒落な館は海を見下ろす断崖に建ち、庭園の美しい花々やテラスから見るノルマンディーの青い海の絶景を望む事ができます。






中世の街並みが素敵なグラン・ディルのはじまり

12世紀ごろにローマ軍がストラスブールに駐屯地を築いたことから始まりました。
グラン・ディルとは、大きな島という意味を持ち、イル川に囲まれたエリアだったことから名付けられたようです。

ストラスブールの歴史的な中心地でもあり、ストラスブールの旧市街地と呼ばれることもあるようです。
フランスとドイツのはざまに揺れながらの歴史を歩んできた国境の町グラン・ディルは中世に発展しました。
町を歩くとドイツらしい風景が色濃く残っています。
これはドイツとの抗争や侵略があったことを証明しているようです。

また、ストラスブールとは「街道の街」を意味する言葉で、この地はパリと東ヨーロッパを結ぶ道路や河川、鉄道の交通要所として栄えました。
「ヨーロッパの十字路」と称され、かつては物や人々が行き交う場所でした。

繁栄期から戦乱へと進みゆくグラン・ディル

しかし、交通の便が良いという事は、多くの戦乱に巻き込まれやすいということを意味します。
そのため、町の入口には防衛のための塔が今でも残っています。
現存するのは4基のみですが、かつては、80基あったそうです。
川に囲まれていたために、川が城壁の代わりとなっていました。
次のページでは『戦乱に巻き込まれ翻弄されたグラン・ディル』を掲載!
次のページを読む >>