知っているようで知らない、「自由の女神像」の歴史

歴史地区や古代都市などの観光スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。本日はニューヨークにある「自由の女神像」をご紹介します。


改めて…アメリカ・ニューヨークにある「自由の女神像」ってこんなところ

アメリカ合衆国独立から100年を祝って贈られた自由の女神像

観光地がいっぱいあるニューヨークの中でも自由の国アメリカの象徴として、特別な存在感で聳え立つ、自由の女神像。
左には1776年7月4日と書かれた純金の独立宣言の書、右には世界を照らすように燃えるトーチを高らかに掲げています。

自由の女神像の正式名称は「Liberty Enlightening the World(世界を照らす自由の女神)」といいます。
高さ46.05m、重さ225トンもある銅像です。
台座の下からトーチまでの高さはナント!93.4mの大迫力。
足もとを見ると引きちぎられた鎖と足かせがあり、しっかり女神が両足で踏みつけています。
これは全て弾圧、抑圧からの解放と、人類は皆自由で平等であることを象徴しているのです。

本土から約15分にあるリバティ島へ向かうフェリーから見る自由の女神はまた格別です。

フランスから友好の証として贈られた自由の女神像

この自由の女神像は、フランスとアメリカ合衆国が共同で作りました。
独立戦争のさなかにフランスと友好関係を築いていた記念に、フランスからアメリカに寄贈されたものです。
イギリスからの独立を求めた戦争のさなかに、フランスと友好関係を結ぶなんてちょっとびっくりですね!
この自由の女神を作ろうとの構想が生まれたのは1865年のこと。
発案者はフランスの法学者で歴史家の、エドゥアール・ド・ラブライエです。
この頃から女神像作製のための募金活動がフランス全土で行われました。

1874年にラブライエから依頼を受けて設計を行ったのはフランスの彫刻家フレデリク・オギュースト・バルトルディでした。
この自由の女神像の顔は、彼の母親をモデルにしたといわれています。

関連記事を見る

アメリカの記事を見る

ニューヨーク土産ならこれ!NY常連が薦める決定版お土産51選
砂漠の中の街「ラスベガス」が世界一の歓楽都市になった理由
スケール桁違い!アメリカの歴史建造物について調べてみました
サンフランシスコの観光で行きたい!「歴史的」観光スポット11選
地上最大級の火山の上にある『イエローストーン国立公園』の歴史を探ってみよう
今なお続く悲劇と惨劇――〈アメリカ先住民政策〉の歴史
アフリカ系アメリカ人選手が活躍した野球リーグ「ニグロリーグ」の歴史とは?
黒人メジャーリーガーの歴史を変えた男「ジャッキー・ロビンソン」とはどのような人物?
野球の世界最高峰・MLBが歩んできた歴史とは? 大きな出来事から現在まで
白熱のバトルが展開される「自動車レース」が歩んできた歴史とは?
【パナマの歴史】運河に翻弄されながら繁栄を遂げた熱き国の物語
ニューヨーク留学短期で、語学学習とニューヨクの街をもっと知る体験