ちょ、ダンジョンつながってそうな遺跡発見!トルコ「ネムルット・ダー」

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日はトルコ「ネムルット・ダー」をご紹介します。

トルコ「ネムルット・ダー」ってこんなところ

Nemrut Dağの住所・アクセスや営業時間など

名称 Nemrut Dağ
住所 Nemrut Dağı Yolu, 02000 Kahta/Adıyaman
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.kultur.gov.tr/?_Dil=2
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Nemrut Dağのスポットページ

世界八番目の不思議と称されるネムルット・ダー

トルコ東部の標高2134mのネムルト山の山頂にある遺跡。
オスマン帝国軍が、山頂付近に行軍した時にこの遺跡が奇跡的に発見されました。
1881年にドイツ出身の道路技師のカール・ゼシュターによって、本格的な発掘が行われたのです。
山頂に神々の巨頭が鎮座する珍しい景色は世界八番目の不思議といわれ、1987年に世界遺産に登録されました。
東と西にそれぞれ5体の神像と鷲とライオンの像が並んでいましたが、地震によって首が転げ落ちた滑稽な風景はココでしか見られません。
アポロン、ゼウス、ヘラクレスなどの神々と共に、ここにあった王朝の王アンティオコス1世(在位紀元前64~前38年)自身の像も並んでおり、当時強大な権力を持っていたということが伺えます。







滑稽な風景が広がる世界遺産ネムルット・ダーのはじまり

この地に繁栄をもたらしたコンマゲネ王国は、マケドニア王国のアレキサンダー大王(在位紀元前356~前323年)の死後に、マケドニア王国の支配力が衰えた時に興った王国の一つといわれています。
当初サモス1世が王を名乗りました。
その後、ミトリダテス1世がシリアのアンティオコス8世(在位紀元前121~前96年)の王女を妃に迎え王位を継いだのがこの遺跡の主、アンティオコス1世でした。
コンマゲネ王国は、紀元前2世紀~前1世紀にかけてネムルット・ダー山の麓に栄えた王国です。
この奇怪な10体の神像はこの繁栄期を築いたアンティオコス1世の墳墓を飾る像でした。
この王の墓は当時にしては芸術的な偉業を遂げたといえ、コンマゲネ王国の文明独特の証明といえるのではないでしょうか?

小さな王国コンマゲネ王国に繁栄をもたらした理由

こんなに小さなコンマゲネ王国が、このような独特な文明を築けたのはアンティオコス1世の活躍があったからだといわれています。
これまでは隣国は強国揃いで臣従することを常としていたのです。
アンティオコス1世の両親も小さいコンマゲネ王国が生き残るための政略結婚でした。
母はシリア出身でこの結婚によりシリアとの争いを終結させたといわれています。
次のページでは『信仰深い王アンティオコス1世』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

トルコの記事を見る

華麗な遺跡の数々に魅了される!トルコ旅行で行きたい歴史的観光スポット15選
アドリア海の女王と呼ばれるヴェネツィアが巨万の富を得たレヴァント貿易ってどんなもの?
トルコの世界遺産を全部解説!歴史から絶景の魅力までお伝えします
なぜ「天動説」でなく「地動説」なのか?文系でもわかる天文学の歴史
最も保存状態の良い円形劇場ヒエラポリスをはじめ、トルコ「パムッカレ」で見たい絶景10選
徒歩圏内でアートが楽しめるトルコ「コンヤ」で見たい絶景10選
収容人数1万人と言われる円形劇場アクロポリスをはじめ、トルコ「ベルガマ」で見たい絶景10選
美しい遺跡の数々を擁する絶景の宝庫!トルコ「エフェス」
がっかり世界遺産なんて呼ばせない!トルコ「トロイ遺跡」の魅力
モスクがそのまま博物館になった!イスタンブールの「カーリエ博物館」
イスタンブールの歴史を守ってきた世界遺産「テオドシウスの城壁」
ここがアジアとヨーロッパの境目!トルコの「ボスフォラス海峡」