当時建設した建築物も多く残る、日本統治時代の台湾・台北

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日は日本統治時代の「台北」をご紹介します。

台北ってこんなところ

image by iStockphoto

さまざまな国の植民地としての歴史を歩んだ台湾

台湾は東シナ海に浮かぶ日本の与那国島から約100kmに位置する島国です。
海に囲まれた台湾は、18世紀まで中国、オランダ、スペインなどの植民地となった悲しい歴史を持っています。
元々台湾に住んでいた民族は10余り。
18世紀になると清(中国)の国から漢人が入植し、政治もほとんど漢人が牛耳ったのです。
19世紀末には日清戦争で日本が勝ち下関条約により、清から日本に割譲されました。
1895~1945年の50年もの間、日本が台湾を統治しています。
当初は日本の統治に関して反発も強かった台湾では、約5年間も紛争が続き1万人以上の人が戦死し、虐殺されるなど辛い歴史を背負ってしまいました。
そんな台湾の中でも台北の日本植民地時代について少しひも解いてみたいと思います。







下関条約後どのようにして日本は台北を占領した?

1895年5月24日に軍令司令官の樺山資紀海軍大将は広島宇品港から出港し29日に台湾へ上陸しました。
この時の清の正規軍などの全兵5万人も率いましたが、台湾北部の基隆を難なく占領し台北の淡水も占領しました。
ここから、台湾全土の占領を企てたようです。
下関で講和会議が開かれている最中の3月24に、澎湖島の占領に成功しています。
殆ど台湾側の抵抗なく北部を制圧しました。
台湾全土占領を前に、台北の人々の反乱が始まり苦戦することになります。
住民によるゲリラ戦が始まり兵力不足に陥りました。
1898年11月に総督府は、抵抗する台湾民衆の大規模な討伐作戦を開始しました。
家を焼いたり殺害したりと軍の禁令は守られなかったようです。
一旦は怯んだと見せかけ反旗を翻す住民も出ました。
逆に積極的に日本軍に協力し、日本軍の台北入城を助けた人もいたようです。

日本の台湾支配のはじまり

台湾を支配する機関として総督府が設置され、行政・司法・立法・軍事までを掌握する強大な権限を持ちました。
初代総督は、樺山資紀でした。
最終的には19人の総督が任命されその半分以上が軍出身者です。
次のページでは『台北に残る日本人が建てた建物もたくさん』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

台湾の記事を見る

自転車で一周して決めた!台湾観光スポットランキングBEST15
台湾留学入門!台湾で学ぶ英語・中国語は?費用は?勉強できそう?
絶景の宝庫・台湾で見れる「日月潭(リーユエタン)」の絶景10選
台北らしさがギュッと詰まった街『永康街』で1日過ごすなら?おすすめ&行き方まとめ
台北観光の代表格!「故宮博物院」のおすすめ展示&行き方まとめ
【台湾】隅々まで楽しめる「中正紀念堂」の見どころは?
台湾の歴史にはこんな日本人との関わりがあった
【台湾】海が見たくなったら「基隆」へ行こう!グルメ・絶景スポットガイド
「西門紅樓」にはメイド・イン・台湾のグッズがたくさん!行き方・観光情報まとめ
絶景!台湾の自然が生み出した聖地「阿里山」の観光情報ガイド
【台湾観光】台湾の世界遺産は?穴場は?台湾旅行であなたが行くべき絶景スポット16選
観光の前に知りたい!こんなにふかい台湾の歴史