ハワイの観光地化ってめっちゃ最近だったんだ…ハワイが日本に人気のリゾート地になるまでの歴史

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日は歴史的背景から紐解くハワイをご紹介しま
す。

改めて、ハワイってこんなところ

誰もが楽しめる人気ビーチリゾートハワイって?

リピーター率の高い人気のリゾート地、ハワイ。
8つの島からなるハワイ諸島は火山活動により海底から隆起して誕生しました。
古い島で500万年前、ハワイ島は比較的新しく約50万年前に形成されています。
実は世界で最も高い山脈の頂上に位置し、海底から3万2千フィート(約9800m)もの高さです。
また、大陸と一度もつながったことのない島で、先住民のいない無人島でした。
ハワイに住んでいたポリネシア人は文字を持たなかったので、どこからやってきたのか?未だに謎に包まれています。
口頭伝承が数多く残っており、歴史家の研究で少しずつ解明されつつあります。
カメハメハ大王、キャプテン・クック、サトウキビ畑、ウクレレ、フラダンスなど独特の風土や文化を持つハワイの歴史を少しだけひも解いてみたいと思います。






収穫の神ロノと間違えられ殺されたクック船長

太平洋に浮かぶ無人の楽園ハワイに人が住み始めたのは起源3~4年。
マルキーズとタヒチからやってきたポリネシアンといわれています。
イギリスヨークシャーで生まれた海洋探検家のジェームス・キャプテン・クック(クック船長)が、1778年1月18日にポリネシア人の後にハワイを発見した最初の人です。
見たこともない大きな船の到来に驚いたハワイの人たちは大騒ぎでした。
クック船長は島を周回して海上からやってくると信じられていた収穫の神ロノが戻ったと間違われ大歓迎を受けました。
ハワイ人からは、豚、サトウキビ、ココナッツなどが贈られ、船長は船にいた鍛治工に短剣を作らせお返しに渡しました。
船の修理でハワイ島に戻ったクック船長=ロノ神に疑念を持ったハワイの人と、いさかいが起ったのです。
1779年2月14日に神ではないことでクック船長は4名の水平と共に殺害されてしまいました。
2隻の船で出ていたもう一人の船長チャールズ・クラークも帰路の途中結核で亡くなっています。
イギリスに帰還でき、海軍本部と英国王立協会にクックの死と北方海路探索の失敗とハワイ諸島発見を報告し、クック船長の持帰られた骨はイギリスで手厚く葬られました。
次のページでは『カメハメハ大王とハワイ王国の誕生』を掲載!
次のページを読む >>