絵に描いたような美しい都市!エストニアの首都タリンの旧市街地

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日はエストニアの「タリン歴史地区」をご紹介します。

エストニアの「タリン歴史地区」ってこんなところ

タリン歴史地区の住所・アクセスや営業時間など

名称 タリン歴史地区
住所 Old Town, Tallinn
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.visitestonia.com/en/why-estonia/listed-by-unesco
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

タリン歴史地区のスポットページ

中世の街並みが残るエストニアの首都

タリン歴史地区は北ヨーロッパのバルト海に面するバルト三国の一つ、エストニアの首都タリンの旧市街地です。
フィンランド湾を隔てた北約80kmにはフィンランドの首都ヘルシンキがあり、両都市は活発な行き来で知られています。

トームペア城を中心とした丘の上の山の手とその下に広がる下町からなり、周囲は城壁で囲まれています。
ラコエヤ広場に建つ旧市庁舎は北欧で唯一中世から残る建造物で、タリンの長い歴史を感じさせます。
また、トームペア城の向かい側にはロシア風のアレクサンドル・ネフスキー聖堂が建ち、この都市の歴史の複雑さも感じさせます。

タリンの歴史は中世11世紀にはじまります。
当時リヴォニアと呼ばれていたバルト海沿岸北部にはキリスト教が正式に普及していなかったため、周辺のキリスト教国の十字軍の標的となります。
エストニア人たちは現在のトームペアの丘に木造の砦を築き対抗していきます。
1050年のことです。







最北のハンザ同盟都市

150年以上にわたり抵抗を続けていたエストニア人でしたが、1219年にデンマーク王バルデマー2世に征服されました。
砦は壊され新たな城が築かれ、現在のタリンの基礎が出来上がりますが、この頃はまだタリンという名ではなくこの地域の古い呼び名で「レヴァル」と呼ばれていました。
征服後すぐにキリスト教の聖母マリア大聖堂が建てられています。

13世紀を通じて急速に都市として発展し、1285年にはハンザ同盟に加盟します。
ハンザ同盟とは、リューベックやハンブルクなど北ドイツの諸都市を中心とした経済的な同盟のことで、タリンはハンザ同盟都市の中で最も北に位置していました。
タリンはハンザ同盟都市時代に最初の繁栄を迎えます。
現在の歴史地区の街並みもこの時代がもとになっています。

1346年、デンマーク王国はレヴァルを含む一帯をカトリックのドイツ騎士団に13000マルクで売却します。
テッラ・マリアナと呼ばれたバルト海沿岸北部のドイツ騎士団領は、この後650年にわたって次々と支配者が変わっていきます。

次々に代わる支配者

1561年に起きたリヴォニア戦争でドイツ騎士団は敗北し、テッラ・マリアナは解体します。
エストニア地域は17世紀前半までにスウェーデン領エストラント公国として再編され、レヴァルはその中心都市となります。
スウェーデン時代は本国からの干渉もあまりなく、「古き良き時代」と呼ばれています。

18世紀にタリンの歴史は大きく動きます。
1700年に起きたスウェーデンと対スウェーデン連合による大北方戦争の結果、スウェーデンは敗れてしまいます。
エストニアはロシア帝国の領土となり、レヴァルは一地方の県の中心都市となります。

18世紀後半の女帝エカテリーナ2世の時代になると、トームペア城は知事公館として改築され現在みるような姿になっています。

次のページでは『首都「タリン」の誕生』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

エストニアの記事を見る

ヨーロッパ旅行に行きたい!女子旅におすすめの美しい都市30選
これで完璧!バルト三国観光で絶対行くべき世界遺産と絶景
人間ってすごい!エストニアで見れる歴史的な建築物10選
地球という星を実感…エストニアで見れる大自然の絶景5選
大自然の神秘…エストニアで見れる海、滝、湖、川、渓谷、沼…水にまつわる絶景
まるでRPGゲームの世界!エストニア「タリン」で見ておきたい観光スポット5選!