エジプトにある世界の聖地、聖カトリーナ修道院地域

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日はエジプトの「聖カトリーナ修道院地域」をご紹介します。

エジプトの「聖カトリーナ修道院地域」ってこんなところ

聖カタリナ修道院の住所・アクセスや営業時間など

名称 聖カタリナ修道院
住所 South Sinai Governorate
営業時間・開場時間 月曜から木曜9:00-11:45 金曜10:00-11:00 土曜9:00-11:45
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%96%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%83%8A%E4%BF%AE%E9%81%93%E9%99%A2
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

聖カタリナ修道院のスポットページ

3つの宗教の聖地

聖カトリーナ修道院地域は、エジプト共和国のシナイ半島南部に位置するシナイ山のふもとの峡谷の出口に開かれた、周囲を防壁で囲った修道院の建築物の総称です。
エジプトの首都カイロからは直線で約320kmの距離にあります。

聖カトリーナ修道院はキリスト教の一派である正教会の修道院としては最古のもので、現在も修道院としての機能を果たしています。
バシリカ式の主聖堂が中心に置かれ、設立当時から残る貴重な絵画やキリスト教の出来事にちなんだ聖像であるイコンが所蔵されています。

また、この地は預言者モーゼとイスラム教の開祖ムハンマドにゆかりがあることからキリスト教、ユダヤ教、イスラム教それぞれの重要な聖地とされていて、世界中から各宗教の巡礼者や観光客が訪れます。






燃える柴があった場所

この地になぜキリスト教の修道院が開かれたのか、簡単にみていきましょう。

「旧約聖書」出エジプト記第3章によると、預言者モーゼは羊を連れてシナイ山に登っていたところ、燃えているのになくならない柴木を見つけました。
不思議に思って近寄って行ったところ、その中から神が現れユダヤの民を導くよう預言を受けたということです。

このシナイ山のふもとの「燃える柴」があったとされる場所に、ローマ帝国皇帝コンスタンティヌス大帝の母ヘレナにより4世紀前半に燃える柴教会が建てられます。

その後、6世紀半ばまでに東ローマ帝国皇帝ユスティニアヌス1世により燃える柴教会を囲むように設立されたのが聖カトリーナ修道院の起源です。
外壁の古い花崗岩の色が悠久の歴史を感じさせます。

「聖カトリーナ」の謎

聖カトリーナ修道院は正式名称を「救世主の顕栄修道院」といいますが、修道院の名前になぜ聖カトリーナがつけられているのでしょう。
聖カトリーナはエジプトのアレクサンドリア出身のキリスト教の聖人で、正教会では特に重要視される聖人の一人です。
次のページでは『イスラム勢力に保護され修道活動が続く』を掲載!
次のページを読む >>