東南アジアの熱気と歴史感じる「古都アユタヤ」の絶景&歴史まとめ

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日はタイの古都アユタヤの歴史をご紹介します。

古都アユタヤってこんなところ

古都アユタヤの住所・アクセスや営業時間など

名称 古都アユタヤ
住所 Amphoe Phra Nakhon Si Ayutthaya
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A6%E3%82%BF%E3%83%A4%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E5%85%AC%E5%9C%92
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

古都アユタヤのスポットページ

「平和な都」を意味する古都

古都アユタヤは、東南アジアの国タイ王国中部、首都バンコクから北に約60kmに位置するアユタヤ王朝の首都だった古代都市の遺跡群です。
チャオプラヤ川、パーサック川、ロッブリー川が合流する中州アユタヤ島を中心として、王宮やワット・プラシーサンペットをはじめとする数々の仏教寺院が点在しています。
また周辺には、顔面以外の体全体を木の根に取り込まれている仏像があることで有名なワット・マハータートや、17世紀に山田長政らが活躍したアユタヤ日本人町跡地などがあります。
「平和な都」を意味するアユタヤは、アユタヤ王朝初代国王ラーマティボデイ1世が王朝を建てた1351年には成立していたと考えられています。
アユタヤは3つの川の合流点に位置し、海にも比較的近いことから特産品の米を中心とした貿易が盛んとなり、急速に発展していきます。







周辺王朝を征服し全盛期となる

14世紀後半になるとアユタヤは周辺地域では最も大きな都市の一つになります。
ラーマティボデイ1世はその統治の晩年に、アンコールワットで有名なカンボジアのアンコール王朝を征服し、版図に加えます。
15世紀には北に広がっていたスコタイ王朝を徐々に侵略し、ついには婚姻関係を結びスコタイの領土までも併合します。
16世紀中ごろにミャンマー軍の侵略を受けて一時ビルマの属国となりますが、ナレースワン王により1600年までに独立を回復します。
ナレースワン王はアユタヤ王朝の制度を改革し国力を高めていきます。

その後、インドシナ半島の中央部を制圧した王朝の都として、アユタヤは17世紀に全盛期を迎えます。
貿易も活発で中国の明や日本などのアジア諸国だけでなく、ポルトガルやオランダといったヨーロッパ諸国とも盛んに取引をしていました。
街を歩けば様々な民族があちこちで見られた国際色豊かな都市だったのでしょうね。

日本人たちの活躍

アユタヤを語るうえで必ずと言っていいほど登場するのが山田長政をはじめとした日本人たちの活躍です。
アユタヤの日本人町は14世紀ごろからあったといわれていますが、江戸時代になって日本に戦争が無くなったため、傭兵として活躍の場を求めた人たちがアユタヤに流れ込んできました。

江戸幕府のキリシタン禁止令で国外に逃れた人たちも含めて、17世紀に迎えた最盛期には1500人を超える日本人がアユタヤ日本人町に住んでいたということです。

次のページでは『ミャンマーによる徹底的な破壊で衰退』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

タイ王国の記事を見る

【タイ】パタヤ観光ならここ!グルメ・ショッピング、地元で人気のレストランも一挙に紹介
【プーケット観光で行きたい!】タイの楽園リゾートで見られる歴史的スポット10選
アユタヤの観光完璧ガイド【タイをよく知る筆者が解説】
タイをよく知る筆者が教える、プーケットの観光完璧ガイド
バンコク観光の予算は?モデルコースや観光スポットは?タイに詳しい筆者が教える観光ガイド
ベトナムでのんびりと過ごすならここ!「ファンティエット」で見た絶景10選
絶景!台湾の自然が生み出した聖地「阿里山」の観光情報ガイド
地元民が伝授!松島観光のモデルコースと春夏秋冬の見どころ
イギリスの港町「サウサンプトン」観光で見ておきたい絶景7選
微笑の国タイであなたが出逢うべき12つの絶景
世界を魅了し続けるラグジュアリーホテル『アマンリゾート』全27ホテル
タイ・プーケットで味わう至福の高級リゾートホテル7選