日本三景と呼ばれて約370年。広島・厳島神社(いくつしまじんじゃ)の歴史

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日は広島・厳島神社(いくつしまじんじゃ)の歴史をご紹介します。

厳島神社ってこんなところ

厳島神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 厳島神社
住所 広島県廿日市市宮島町1-1
営業時間・開場時間 施設・月日による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.sp.itsukushimajinja.jp/index.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

厳島神社のスポットページ

日本を代表する神社建築

厳島神社は中国地方の広島県西部の廿日市市、瀬戸内海に浮かぶ厳島にある神社です。
「安芸の宮島」と呼ばれ、日本三景の一つとしてあまりにも有名です。
また、海に浮かぶ神社の特異さから世界的にも名が知れ渡っています。

本殿祭神は市杵嶋姫命(いちきしまひめのみこと)、田心姫命(たごりひめのみこと)、湍津姫命(たぎつひめのみこと)の三女神で、このうちの市杵嶋姫命がなまって厳島になったともいわれています。
神社の背後にそびえる標高535mの弥山をはじめとする島そのものがご神体と考えられています。

厳島神社の起源は古く、社伝によると593年に安芸国の豪族佐伯鞍職(さえきのくらもと)が市杵嶋姫命の神託により厳島に神社を創建したと伝えられています。
佐伯氏はその後も神主家として厳島神社を守り、一時期藤原氏に神主職を奪われたものの代々現在まで続いています。







平清盛の支援を受けて発展

厳島神社は、平安時代末期に飛躍的に発展を遂げます。
当時の神主佐伯景弘が、さびれていた神社を再興するために安芸守であった平家の嫡男平清盛に近づいたことにはじまります。

清盛は、朝廷内での争いである保元の乱、平治の乱で活躍し大きな権力を手に入れます。
中国の宋との海上貿易を進めるため、瀬戸内海の鎮守として厳島神社を選び支援をしました。
当時貴族の屋敷の主流だった寝殿造を神社建築に取り入れ、平家の最盛期だった1168年頃には現在見られる形と同規模の社殿を造営したと考えられています。

その後、源平の争いの中で平家は滅亡しますが、佐伯景弘は敵だった源頼朝にも接近し厳島神社の保護を求めています。
時の権力者にすり寄ってでも神社を守っていきたいという神主の強い気持が見えるエピソードですね。

武家からの篤い崇敬

厳島神社は源頼朝以後も鎌倉幕府の保護を受けますが、13世紀初めに2回の火災にあい平家時代の社殿は消失してしまいます。
現在残る社殿の最も古い部材は火災後の1240年前後のものです。
しばらくは安定して神社の運営がなされていましたが、時代が下り戦国時代になると政情が不安定になり、厳島神社も再びさびれていきます。
次のページでは『海水との闘い』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

国内の記事を見る

初めての松本観光。地元民がすすめる観光スポットからアートにグルメにショッピング・話題のニュースポットまで。
新宿デートにぴったりの個室レストランはここ!予約推奨&記念日対応OKな個室レストランランキングTOP29
神戸・三宮デートでディナーするならここ!記念日ディナーもバッチリ&予約推奨レストランランキングTOP30
丸の内ランチならここ!皆に聞いた美味しかった飲食店ランキングTOP9
名古屋ディナーならここ!皆に聞いた美味しかった飲食店ランキングTOP5
神戸・三宮デートでランチするならここ!記念日ランチもバッチリな予約推奨レストランランキングTOP30
銀座デートにぴったりの個室レストランはここ!予約推奨&記念日対応OKな個室レストランランキングTOP30
東京のうまい店はどこ?皆に聞いた美味しかった飲食店ランキングTOP30
渋谷の夜ご飯ならここ!皆に聞いた美味しかった飲食店ランキングTOP16
渋谷デートで和食ならここ!予約推奨&記念日対応OKな和食レストランランキングTOP5
仙台のランチならここ!皆に聞いた美味しかった飲食店ランキングTOP12
横浜中華街デートでいきたい中華料理はここ!予約推奨&記念日対応OKなレストランランキングTOP5