ローマ時代の段階でこんな大規模な治水事業が出来てたなんて…世界遺産ポン・デュ・ガール(ローマの水道橋)に感動

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日はフランス「ポン・デュ・ガール(ローマの水道橋)」をご紹介します。

ポン・デュ・ガール(ローマの水道橋)ってこんなところ

ポン・デュ・ガールの住所・アクセスや営業時間など

名称 ポン・デュ・ガール
住所 400 Route du Pont du Gard, 30210 Vers-Pont-du-Gard, フランス
営業時間・開場時間 6月、9月:9:00-19:00,7月、8月:9:00-20:00,3-5月、10月:9:00-18:00,11-2月:9:00~17:00
利用料金や入場料 徒歩、自転車:1人10ユーロ、車の場合は5人まで:1台18ユーロ
参考サイト http://www.pontdugard.fr/fr
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ポン・デュ・ガールのスポットページ

ポン・デュ・ガールとは?

美しい自然と温暖な気候、美味しいワインの産地で知られる南フランス・プロヴァンス地方のガール県、ガルドン川にかかる水道橋が、ポン・デュ・ガールです。
「ガール川に架かる橋」という意味ですが、これはガルドン川がかつてガール川と呼ばれていたためです。

三層アーチのこの橋は、高さが約48.77m、長さ275mと、下から見上げると想像以上の大きさに驚きます。
しかしこれは水路のほんの一部に過ぎず、本来はもっと長大な水道橋がこの地にかけられていたのでした。

そんなことをいったい誰がやってのけたのかというと…当時、ヨーロッパと地中海沿岸を支配した一大勢力・古代ローマの人々だったのです。







ポン・デュ・ガールの成り立ち

ローマ人は植民地にローマ都市を建設していきましたが、この地にはネマウスス(後のニーム)が造られました。

しかし人口増加に伴い水不足が起こり、これを解消するために50㎞離れたユゼスの水源から水を引いてくることにしたのです。

ローマ皇帝アウグストゥスの腹心・アグリッパは当時ネマウススを含むこのガリアの地を統治していました。
ポン・デュ・ガールの建設は彼の命によって行われたのですが、それが紀元前19年頃、なんと今から約2000年も前のことだったのですから驚きです。

工事は5年とも14年ともいう短期間で終わり、水不足は解消されました。
そして完成から600年以上、現役の水道橋として機能したのです。

古代ローマと水

ローマ人は帝国内の大都市には必ず水道を造りました。
都のローマには11もの水道が整備されています。

ローマ人にとって水は富の象徴であり、浴場や噴水をたくさん作りました。
そして、水を管理することのできる水道建築は最も偉大な仕事だったのです。

次のページでは『ポン・デュ・ガールの構造』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

フランスの記事を見る

そうだったんだ、フランス!ちょっと意外なフランスの歴史エピソードをめぐるスポット
フランス観光で行きたい!マニアックな歴史的観光地区10選
【フランス世界遺産一覧】絶景も歴史もすべてここに!フランスの世界遺産を全部解説
パリ観光で行きたい!歴史的観光名所をぐるりと一巡り
フランス旅行でいきたい!フランスで絶対見ておくべき歴史的スポットは?
18時間以上続く「世界一長いピアノ音楽」を生んだエリック・サティとは?
【イタリア観光】古代も中世もルネサンスも見れるイタリアへ
神様のパワーにあやかりたい!歴史と神秘に包まれた世界の聖地10選
【フランスの世界遺産】42個の世界遺産を全部一挙ご紹介!(2017年時点)
【映画「レ・ミゼラブル」の時代背景】ジャンバルジャンはなぜパンを盗んだ?実はフランス革命の後の出来事って本当?
【元住民が解説】エッフェル塔の観光完璧ガイド
【時代背景】ディズニー/劇団四季「ノートルダムの鐘」を観る前に知っておきたいパリの歴史