美しすぎるステンドグラスは必見!ロンドン「カンタベリー大聖堂」の歴史

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日はイギリス「カンタベリー大聖堂」をご紹介します。

カンタベリー大聖堂ってこんなところ

カンタベリー大聖堂ってこんなところ

Canterbury Cathedralの住所・アクセスや営業時間など

名称 Canterbury Cathedral
住所 11 The Precincts, Canterbury, CT1 2EH United Kingdom
営業時間・開場時間 現地時間9:00-17:30(夏)、9:00-17:00(冬)、12:30-14:30(日曜)
利用料金や入場料 大人:10.50ポンド、子供(18歳未満):7.00ポンド
参考サイト http://www.canterbury-cathedral.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Canterbury Cathedralのスポットページ

カンタベリーと大聖堂の歴史

カンタベリーと大聖堂の歴史
ロンドンの南東80㎞、列車で1時間半ほどの都市カンタベリーにあるカンタベリー大聖堂は、聖オーガスティン修道院、聖マーティン教会と共に世界遺産に登録されています。

5世紀半ばよりアングロ・サクソン人の王国がここに造られ、597年、ローマ教皇の命により修道士アウグスティヌスがキリスト教布教にやってきました。

11世紀になると大聖堂の建設が着工し、1130年にカンタベリー大聖堂として完成します。
大司教トーマス・ベケットの殉教後は聖地として多くの巡礼者を集めました。

以後、再建や増築を重ねた後、16世紀にヘンリー8世の離婚問題の際にローマ教会を離脱し、英国国教会の総本山となりました。







英国国教会総本山の威厳を保つ大聖堂

英国国教会総本山の威厳を保つ大聖堂
天使がキリストを囲むクライストチャーチ門から中に入ると、外部の喧騒とは切り離された厳粛な佇まいの大聖堂が姿を現します。

現在の建物は仏人ギヨーム・ド・サンスが再建したものですが、随所に重厚なロマネスク様式と繊細なゴシック様式が混在しています。

見どころは本堂奥の礼拝堂です。
1本の蝋燭の下に、ベケットが埋葬されています。
ステンドグラスにはベケットの生涯が描かれており、まさに彼のための礼拝堂と言っても良いでしょう。

また、内陣の華麗なステンドグラスは中世に造られたもので、「聖書の窓」と呼ばれています。
ここに描かれた聖書の物語を目にすることで、字の読めない人も聖書を理解することができました。

カンタベリー大司教トーマス・ベケットの殉教

カンタベリー大司教トーマス・ベケットの殉教
国王ヘンリ2世と司教トーマス・ベケットは元々は良好な関係を築いていました。

しかし王がベケットを大司教に任命すると、教会の自由を求めるベケットと王は対立を深めていき、ついにはベケットは国外追放されてしまいます。

その後帰国したベケットが親国王派の司教を解任すると、王は激怒します。
その意を察した王の騎士4人は、大聖堂に赴くとベケットを暗殺してしまいました。

次のページでは『ベケット殉教の後~王の悲劇』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

イギリスの記事を見る

ビッグ・ベンって何だっけ?知っておきたいイギリスの歴史的建造物6選
ロンドン観光で絶対行きたい!歴史的観光スポット13選
大英帝国になるまでのイギリスの歴史を知ろう!中世イングランドをひも解くスポット6選
【イギリスの世界遺産一覧】王室伝統のスポットから手つかずの自然まで。イギリスに残る世界遺産紹介!
鉄道の歴史を変えた「蒸気機関車の父」ジョージ・スチーブンソンとはどのような人物?
恋も愛も捨てた処女王・エリザベス1世の波乱の生涯
【香港の歴史】4億年前から21世紀まで~できる限り調べてみました!
元住民が解説!スコットランドの観光の観光完璧ガイド
イギリス・フランス・ロシア間の友好協力体制が出来上がった結果起こったのは、第一次世界大戦だった
イギリス観光なら次はここ!「エジンバラ」で見たい絶景10選
【スコットランドに興味あるなら】世界遺産「エディンバラ」の観光前に知って起きたい昔と今
元住民が解説!イギリスの観光完璧ガイド。モデルコースからおすすめスポットまで