ポルトガル発祥の地ここにあり。ギマランイス歴史地区

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日はポルトガル「ギマランイス歴史地区」をご紹介します。

ギマランイス歴史地区ってこんなところ

ギマランイス歴史地区の住所・アクセスや営業時間など

名称 ギマランイス歴史地区
住所 Guimaraes,Portugal
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.guimaraesturismo.com
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ギマランイス歴史地区のスポットページ

ポルトガル発祥の地

ポルトガル北西部にあるギマランイスは、大都市ポルトから列車で1時間弱の所にあります。
ギマランイスという名は、この地にポルカトゥーレ伯領を築いたヴィマラ・ペレス伯の名前ヴィマラニスに由来します。

また、ポルトガル初代国王アフォンソ1世が生まれた地として知られ、旧市街の広場の壁に「ポルトガルここに誕生す」と書かれています。

ギマランイスはアフォンソ1世の生誕後、多くの大規模な建造物が建てられ、やがて重要な都市となっていきました。
その一方で、中世の街並みが残された旧市街は世界遺産に登録されたのです。
城や教会はもちろん、市民の住宅までもが残っている様子は、とても風情ある光景です。







ポルトガル王国初代国王・アフォンソ1世

1109年、アフォンソ1世はギマランイス城で生まれました。
有能な王だった彼は、1128年には宗主国から独立を果たし、イスラム勢力を打ち負かしてポルトガル王を称するようになります。

そしてそれが承認されて正式に独立を果たし、ポルトガル王国ブルゴーニュ王朝を打ち立てました。

その後も彼の快進撃は続きます。
リスボンを支配していたイスラム勢力との戦いに勝利し、ポルトガル王国の版図をどんどん広げていきました。
宗主国カスティーリャ=レオン王国は後のスペイン王国の中核となったほどの勢力でしたが、そこから独立を果たしたことは大いなる偉業だったのです。
そして、このブルゴーニュ王朝は14世紀末まで続きました。

ギマランイスの旧市街

旧市街には多くの歴史的建造物がありますが、一際目を引くギマランイス城は、アフォンソ1世が生まれた城です。
959年、ヴァイキングから街を守るために造られた重厚なロマネスク様式の城は、城壁と高さ28mの中央の塔をはじめ7つの塔が残されています。
城の麓に建つサン・ミゲル教会は、アフォンソ1世が洗礼を受けた場所でした。
次のページでは『オリーブの木が出迎える教会』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

ポルトガルの記事を見る

どんな国?意外と知らないポルトガルの”絵になる”歴史的スポット10選
【ブラジルの世界遺産】一度は行きたいブラジルの歴史を感じる!世界遺産を全部解説
ポルトガルのお土産ならこれ!ぴったりのお土産が絶対見つかる20選
リスボン観光なら絶対行きたい絶景・観光スポット12選
アズレージョを知らなければポルトガルの芸術は語れない!アズレージョの歴史を少しだけ見てみませんか?
日本はがっかりされた国だった!?初めて日本に来たヨーロッパ、ポルトガルと日本の歴史に迫る
ポルトガルを代表する祈りの街「ブラガ」で見ておきたいスポット10選
ポルトガル・リスボンの観光なら絶対行きたい見どころ・スポットまとめ
【旅行体験記】中国とポルトガルの2つの文化が交錯する興味深い街、マカオ
ポルトガル「城郭都市オビドス」に見とれてしまう絶景6選
ノスタルジックな風景がいっぱい!ベトナム・ホイアンの魅力5選
大自然の神秘…ポルトガルで見れる海、滝、湖、川、渓谷、沼…水にまつわる絶景