紀元前発祥なのに石の加工技術とか凄すぎる…「ティワナク文化の宗教的・政治的中心地」

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日はボリビアの「ティワナク文化の宗教的・政治的中心地」をご紹介します。

ボリビアの「ティワナク文化の宗教的・政治的中心地」ってこんなところ

ボリビアの「ティワナク文化の宗教的・政治的中心地」ってこんなところ

image by iStockphoto

Tiwanakuの住所・アクセスや営業時間など

名称 Tiwanaku
住所 Tiwanaku, La Paz, Bolivia
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 80B
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%AF%E3%83%8A%E3%82%AF
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Tiwanakuのスポットページ

謎に包まれた遺跡・ティワナクとは?

ウユニ塩湖があることで知られる南米ボリビアの首都ラパスから車で1時間半ほどの所に、謎に包まれた遺跡ティワナクがあります。

ティワナクはインカ帝国以前の遺跡で、紀元前3世紀頃起こりました。
全盛期は日本で言えば奈良・平安時代にあたる6~10世紀で、1~5万人が住んでいたと言われています。
この頃はボリビア全土だけでなく、ペルー南部やチリ、アルゼンチン北部まで支配しました。

しかしインカと同じく文字を持たない文明であるため、詳細が不明です。
遺跡もスペイン人の侵略の際にかなり破壊されており、現在復元が進められています。
現在見られる神殿や門、食料倉庫には、当時の高度な石材加工の技術がうかがえます。






とにかく石の加工技術がすごい!

ティワナクに残された遺跡を見ると、石が精巧に切り出されていたり、繊細な彫刻がなされていたりすることがわかります。

また、ピラミッドもありました。
アカパナという丘のような形のピラミッドは、排水機能まで備えていたのです。
頂上の石には磁気があり、今でも近づくと磁石が狂ってしまうほどです。

地上部分が失われている半地下神殿と呼ばれる遺跡は、壁から突き出す約180もの顔の彫像が異様です。
しかしその顔はバラエティに富んでおり、アジア系の顔まで見られると言います。
興味深いですね。

奇妙なものはまだあります。
道端にある穴の開いた石は、実は拡声器の役割を果たしました。
儀式の時にはこれを使用したそうですよ。

モノリートと太陽の門

ティワナクにはさらなる石の傑作が残されています。

一枚岩でできた「太陽の門」は、元々は金で覆われていましたがスペイン人によってはぎ取られてしまったそうです。
こうした大きな石を切り出す技術があるのに、鉄器は存在しなかったというのですから驚きです。
いったいどうやって切り出したのでしょう?

次のページでは『さらなる謎を呼ぶ遺跡・プマプンク』を掲載!
次のページを読む >>