島流しの歴史紐解く、オーストラリアの囚人遺跡群

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日は「オーストラリアの囚人遺跡群」をご紹介します。

オーストラリアの囚人遺跡群ってこんなところ

オーストラリアの囚人遺跡群の住所・アクセスや営業時間など

名称 オーストラリアの囚人遺跡群
住所 Hobart TAS 7000 Austraria
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.australia.com/ja-jp/articles/world-heritage-sites-australia.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

オーストラリアの囚人遺跡群のスポットページ

オーストラリア国内に点在する囚人遺跡群

オーストラリアの囚人遺跡群は、ニュー・サウス・ウェールズ州、西オーストラリア州、ノーフォーク島などに点在しています。
収容所跡自体は数千に及びますが、世界遺産には11ヶ所が登録されました。
18~19世紀、イギリスはオーストラリアで植民地を拡大していました。
そのため、先住民アボリジニは彼らにとっては邪魔な存在だったのです。

そこでイギリスは囚人をオーストラリアへ流刑とし、アボリジニを強制収容し、植民地開拓の労働力として投入していきました。
1787~1868年の間に、女性や子供含めて約16万6000人が収容されています。

当時の流刑の歴史を伝える建造物として、囚人遺跡群は貴重な存在なのです。







脱出不可能の監獄:ポート・アーサー史跡

オーストラリア南東部のタスマン半島にあるポート・アーサー史跡は、かつて国内最大の流刑植民地でした。

1803年に入植が始まり、ヨーロッパ人とアボリジニは衝突しました。
これによりアボリジニは追い払われ、1833年に収容所が完成してからはそこに収容される人も大勢いたのです。

ポート・アーサーの監獄は厳しいセキュリティで知られていました。
タスマン半島の地形を生かした脱走監視システムが発達し、脱出不可能と言われていたそうです。
それでも脱走した人はわずかにいたようですが…。

1877年に収容所が廃止されると、一転、観光地となりました。
タスマン半島の景観の美しさもあり、多くの観光客が訪れています。

囚人が設計した建物:ハイドパーク・バラックス

シドニーの中心街にある赤レンガ造りの建物がハイドパーク・バラックスで、1819年に完成した、オーストラリア政府による初の収容所です。

当初は収容所だったものの、後に女性の保護施設として使われるようになり、政府の施設としても使用された時期がありました。

現在は博物館となっており、当時の囚人の生活や管理システム、遺品などを見ることができます。

次のページでは『ユニークな収容所:フリーマントル刑務所』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

オーストラリアの記事を見る

世界自然遺産の中でも桁違いの規模!世界最大の珊瑚礁群のグレート・バリア・リーフの歴史
オーストラリア短期留学に持っていくと便利なものリスト
【語学留学】オーストラリアに短期留学したい!期間別の費用まとめ
知りたい!オーストラリア留学をするときに持っていくべきもの
オーストラリアで看護留学をするための費用と方法
知っておくと便利!オーストラリア留学に必要なビザを解説
【留学経験者が伝授】オーストラリア留学、1年間の留学でいくらぐらいかかる?
【留学経験者が教える】オーストラリア留学でおすすめの都市6選
たくさんある!無料で利用できるオーストラリアの無料留学エージェント
オーストラリア留学、半年行く場合の留学費用ってどれくらいかかるの?
海外生活には必要不可欠!気になるオーストラリアの携帯事情
オーストラリアで留学した私が教える!オーストラリアで英語を学ぶべき理由とおすすめ留学先